Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

LIVE REPORT

Japanese

SPARK!!SOUND!!SHOW!!

Skream! マガジン 2021年06月号掲載

SPARK!!SOUND!!SHOW!!

Official Site

2021.04.24 @渋谷TSUTAYA O-EAST

Reported by 秦 理絵 Photo by KEIJU

異様な熱狂に満ちたライヴだった。東京に3度目の緊急事態宣言が発出される前夜。SPARK!!SOUND!!SHOW!!が、2月から全国26ヶ所で開催してきた初のワンマン・ツアー"HAPPY BIRTH DIE"のファイナル公演だ。新型コロナ感染拡大防止のガイドラインにもとづき、フロアに座席が用意された渋谷TSUTAYA O-EAST。スサシ(SPARK!!SOUND!!SHOW!!)のようなラウド系バンドには不利な状況かと思われたが、この日のスサシはそんな制約をものともしない、完全に我が道をゆくライヴを繰り広げた。デジタル・ハードコアから青春パンク、アーバンなポップ・ナンバーまで、ジャンルごった煮の激しい振り幅で構成するセットリスト。バンドのマスコット・キャラクター的存在であるイチロー(Dr/Cho/169)はおバカな余興で笑わせ、チヨ(Ba/Cho)が勢い良くバク転したかと思えば、タナカユーキ(Vo/Gt)のギターが宙を舞った。気づけば、タクマ(Syn/Gt/Cho)は上裸だ。型破りでやりたい放題のショー・タイム。だが、そのステージは、爆音で鳴らすダンス・ミュージックこそ、この閉塞感を塗り替える可能性があることを証明するような、強い信念も感じるものだった。

"無事開催できて、おめでとうございます! 思いっきりチョケまくりましょう"。真っ赤に染めた坊主頭が目を引くユーキの第一声を皮切りに、「DEATHTRUCTION」からライヴは始まった。凶暴なまでに重くて速い。攻撃的なバンド・サウンドの上を毒々しいラップが転がる。チヨのシャウト気味なヴォーカルが加勢した「あいどんのう」では、おもむろにアンプの上に乗ったタクマが大ジャンプを決めた。スクリーンにタイトルが映し出された瞬間、会場からひと際大きなリアクションが起きた「感電!」ではユーキ、タクマ、チヨのフロント3人が楽器を持たず、さながらヒップホップ・グループのようなマイク・パフォーマンスで暴れ回った。"性病には2、3回かかったんですけど、コロナにはかかりませんでした"と、真面目な顔で冗談を言うユーキのMCも絶好調。チヨは"こんなご時世なのに来てくれて、感謝感激雨あられ"と、集まったお客さんへの感謝を伝える。KICK THE CAN CREW の「マルシェ」をサンプリングした「ダンザーラ」に続き、「BRUSH UP」では、お客さんの息の合った手拍子を巻き込んでいく。スサシが作り上げる音楽は、ダークでおどろおどろしく、何かいけない世界を覗き見てしまったようなアンダーグラウンドな匂いが色濃いが、同時に極めてキャッチーでもある。しかも、とても踊りやすい曲ばかりだ。この日は歓声こそ禁止されてはいたが、決められた座席の範囲で、お客さんは思い思いに踊っていた。

前半10曲を終えたところで、イチローのソロ・ステージに突入。"キル・ビル"のザ・ブライトのような黄色い衣装に身を包んだイチローが、"みんな大好き、イチロック!"の掛け声で暴れ、会場にウェーヴを起こしたりと、IQ低めのパフォーマンスで盛り上げる。約10分の換気タイムを挟んだ後半戦は、ユーキとタクマだけがステージに登場した。2本のエレキ・ギターと歌だけで届けた「still dreamin'」は、原曲よりもテンポを落としたアーバンな雰囲気の中で、"このステップは/加速して夜の向こうへ"とロマンチックな言葉が紡がれた。元X JAPAN HIDE(Gt)へのリスペクトを感じる衣装に着替えたチヨが、アコースティック・ベースで加わった「ミッドナイトサイダー」、イチローがコーラスで参加した「Urban kill」から、タクマによるピアノの伴奏で聴かせたソウル・バラード「good sleep」へ。激しく盛り上げるだけではなく、スサシの優しく、大人っぽい一面を見ることができるのはワンマンならではだ。

ライヴの後半には、アコースティック・コーナーでユーキとタクマがふたりで披露した「good sleep」が、改めてバンド編成で披露された。"今の4人で初めて作った曲です。今回のツアーではまだ4人でやってなかったから。ファイナルなんで、特別に"。そう伝えたあと、ステージの天井から美しい光が降り注ぎ、4人で演奏した「good sleep」では、タクマとチヨが互いの背中を預け合うように演奏していた。"今回のツアーでは喧嘩もしたけど、楽しかった"と、終盤のMCで約1年ぶりのツアーを振り返ったユーキ。"(ツアーを通じて)チームが友達になれた"、"そんな自分たちに向けて"と言葉を添えて届けたのは「アワーミュージック」だった。スサシのほぼ全曲のソングライティングを手がけるユーキは、スサシの歌詞のほとんどが"意味ゼロ"だと言うが、中には自身の想いを熱く吐露する曲もある。それが「アワーミュージック」であり、次に演奏された「優気」だった。人は誰もが孤独であるという前提に立ち、それでも自分たちの音楽を求める人は決してひとりぼっちにしないと、決意を込めた歌。そんなクサいことを、彼らは直接的に言うタイプのバンドではないけれど、その根底には音楽への熱い信頼があり、リスナーへの想いがあることを、音楽を通じて伝えた瞬間だった。

鋭いギターのハウリングが会場の空気を切り裂いた「good die」から、いよいよライヴはクライマックスに向かった。パラリラ音が炸裂する容赦ない暴走ソング「†黒天使†」で、明らかに4人のギアが1段上がる。続く「GODSPEED」では、超高速のビートに呼応して激しく明滅する光が言いようのないトランス感を生んだ。そして、"怒りを歌ったあとには、愛を歌うことにしてるんだ"と、ユーキ。フロウを刻むように語り掛けたのは、希望を踏みつけられた時代に革命を起こせるのはダンス・ミュージックであるという信念、明日から(緊急事態宣言のために)光が消える街の光になるという宣言、この時代に必要なのはカウンターカルチャーであるという意志だった。そんなバンドの野心と反骨精神を丸ごとぶつける「MARS」のあと、「スサシのマーチ」では、ユーキがPAに"全員殺してください"と、さらに音を大きくするように要求。チヨはベースを弾きながら激しく回転し、タクマは上着を脱ぎ捨てる。神も仏も恐れない不謹慎上等のノリで本能のままに暴れた「南無」のあと、圧倒的なラスボス降臨の様相を呈したラスト・ソングは、インスト曲「MAD AGE」からの「MAD HYMN」だった。最後にユーキは"俺が死ぬときは、こんな感じの葬式を開いてください"と言った。最近はあらゆる分野で優等生的な表現しか許されない風潮にある。だが、そんな窮屈な時代に反旗を翻すように、自ら"悪役"を引き受けるのがSPARK!!SOUND!!SHOW!!だ。音楽の無法地帯のような彼らのダンス・ミュージックには、抑圧から解放するパワーがあった。

  • 1