Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

ぜんぶ君のせいだ。

2017年05月号掲載

ぜんぶ君のせいだ。

ぜんぶ君のせいだ。

Official Site

メンバー:如月愛海 ましろ 一十三四 咎憐无 未来千代めね

インタビュアー:吉羽 さおり

-人生が変わっていくことがある。

如月愛海:飛び込んでくるなら、"ここにおいで"って言うし。

ましろ:2曲目にループしてきてるんだ(笑)。面白い3曲が揃ったし。まだ見ぬ人たちが聴いても、ライヴに来ても、絶対に面白いって言える4thシングルになったなって思います。

-はい。覚醒感というくらいに、ここで突き抜けた感があります。

如月愛海:これからのぜん君。を期待して、作詞家さんや作曲家さんが書いてくれるのもあると思うんですけど。新しいふたり(咎憐无、未来千代めね)が入ったことで、もっと伝えられることがあるんじゃないかって思うんです。

一十三四:ふたりが来たことで、幅も広がったしね。

咎憐无:この3人がどんどん新しくなっていくから、自分たちふたりは入ったばかりだけど、この曲に合わせてのびしろを作っていかないといけないなと感じるシングルで──

如月愛海:これ、大きく書いておいてくださいね(笑)。

ましろ:前作でのツアーで、めねと憐无がいっぱい成長してくれたのも、今回で挑戦ができる理由だなと思うんです。だいぶ、表現力もつきましたし。それができたからこその曲だなと思うんです。

-途中加入だからこそ、より早いスピードでステップアップしていくことを求められますからね。

咎憐无:いきなりワンマン・ツアーが始まったので、どうなるのかなと思ったんですけど。この3人があってこそ、ぜん君。になれたという感じです。

如月愛海:これもぜひ太文字で(笑)。

未来千代めね:(笑)本当に最初は、ライヴでの反省点とかを挙げようとしても忘れちゃうくらい、わけがわからずで、緊張して全部飛んじゃったりとか必死だったんです。でもだんだんと、わかることも増えてきて。できることも増やしていきたいので、こういう新しい曲に挑戦するのも、すごくワクワクするんです。3曲どれも違って、どれもすごくいいので、みんなにも気に入ってもらえるんじゃないかなと思って、一生懸命頑張ります(笑)。

咎憐无:前作で、このふたりはどういう感じの子なんだろうって、みんな考えたと思うんです。今回でそろそろわかってきたんじゃないかなって思います(笑)。

-そのくらい、自分でも力を出せましたか。

咎憐无:そう思います。歌詞もぜん君。のことを想像して作ってくださってるので、それぞれの味が出ているんじゃないかなと思います。

如月愛海:そこは憐无だよね、そこはめねだよねっていう歌詞割りになってますしね。ぜん君。の歌詞って自分たちのことを書かれているぶん、自分たちでも想像しやすいし、こうやって生きてきたから、こうなってほしいんだなっていうのもわかるので。この3曲も、3曲同士が物語で繋がっているというか、ドラマがあって。だからこそ歌いやすいし、きっと自分たちを愛してくれる患いさんとか音楽が好きな人にも、聴きやすいものなのかなと思います。


きっと自分たちが悩んでいることって、みんなも同じだと思うんです
ぜん君。の歌詞、つまりみんなの歌詞だなって


-これまでも含めて、すべての曲がぜん君。のストーリーですよね。

ましろ:自分たちで歌詞を書いているわけではないのに、作詞のGESSHI類さんがこんなに自分たちが言っているかのように書いてくれるのは、ぜん君。のすごいところだと思うし。自分たちのことをちゃんと届けられているから、改めて嬉しいなと思いますね。

如月愛海:きっと自分たちが悩んでいるようなことって、みんなも同じように悩んでいることが多いと思うんです。それこそ周りのことを気にしたりとか。今、自分たちはぜん君。にいるから周りというよりは、自分たちで切り拓こうという気持ちになっているけど、そういう気持ちが多い人もたくさんいると思うんです。ぜん君。の歌詞、つまりみんなの歌詞だとも思うんです。だから、すんなり入るのかなって。

ましろ:同じような悩みを抱えている子に、今回のシングルでまたいっぱい出会えたらいいなって思いますね。

-前作から新体制になって、より前に進んでいくそのステップが、とても大きくなっているように思います。

如月愛海:それだけ目指すところも、変わってきているのかな。ずっと目標にある武道館は変わらないけど。1年間続けてきて、このままじゃいけないのもわかったし。それはわたしたちよりも、周りの大人もわかっていて。そういう意味で、挑戦を与え続けてくれているというか、それに応えるのに必死でもあって。

ましろ:自分たちでも、進めば進むほど、もっと進んでいかないといけない気持ちはどんどん増えていくからね。また次がね、大変になっちゃうけど(笑)。