Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

SHE'S

2020年06月号掲載

SHE'S

メンバー:井上 竜馬(Key/Gt/Vo) 服部 栞汰(Gt) 広瀬 臣吾(Ba) 木村 雅人(Dr)

インタビュアー:沖 さやこ

「Unforgive」ではめちゃくちゃなことをしたかったんです(笑)


-「Unforgive」のアレンジ、斬新ですよね。まさに2020年代のミクスチャー・スタイル。

井上:アレンジはデモの段階からこんな感じで。プロデューサーのトオミヨウさんにはシンセの音を変えてもらうとか、音色のアドバイスをしてもらいました。めちゃくちゃなことをしたかったんです(笑)。オルタナなことしたろ~って。

木村:たまにある"ドラム手ぇ足らへんパターン"の曲です(笑)。

井上:足らへんやろな~と思いながらそのままにしてます(笑)。

木村:できる限りで再現してます(笑)。

井上:雑食やから"このジャンルが好き"って特になくて。ジャンルのうちのどれかだけをリファレンスにしちゃうと、オリジナリティがなくなって、SHE'Sとして成り立たへんくなるような気がしたんです。4人のプレイやルーツ感覚は大前提として、めちゃめちゃいろんなものをうまい具合に吸収して、ちゃんと整理整頓したらオリジナリティになるんじゃないか? って。AVICIIのコード感は自分のルーツでもあるので、そのエッセンスを入れてみたり、the HIATUSやYEARS & YEARSも参考にしたりして、自分の中にある面白いものを精査していった感じではありますね。"次どんな展開になったら面白いかな?"みたいにパズル感覚で作るので楽しいですね。

-この曲がドラマの主題歌に起用されるって、とても痛快で。あとからタイアップが決まったんですか?

井上:そうです。たまたまドラマの世界観とマッチして。タイアップ曲を書き下ろすにあたってこれだけ英語を使う勇気はないです(笑)。だからあとから話が決まってびっくりしたし、こういう曲をドラマに使ってもらえたのはまじで嬉しかったですね。バンドにとっても、こういう一面があると知ってもらえる機会を貰えて、すごく良かったです。

-SHE'Sが持ってるユーモアが、より濃く音や歌詞に出てきてますよね。「Ugly」もそういう曲だと思うんですけど。

井上:SHE'Sの爽やかな曲が好きな女子には絶対受けへんやろな~と思うんですけど(笑)、推し曲ですね。日本のポピュラー・ミュージックにおいて、サビって一番重要じゃないですか。でも洋楽によくあるイントロを聴かせてサビがない曲が好きで......それをやりたかったんですよね。ほぼ英語で意味わからんし、でも怒ってるし(笑)。Aメロで面白い言い回しをしないと、ほんまよくわからん曲になっちゃうから。ちょうどそのときチェスにハマってたんで、チェスをモチーフにしてみました。

服部:パーソナルが前面に出てるなぁ(笑)。

井上:「Masquerade」に"Shotgun"が出てくるのも、めちゃくちゃ銃のゲームしてたときに書いたから(笑)。洋楽にショットガンが出てくる曲も多くて憧れてたし、なおさらショットガンを使いたくて(笑)。日常が如実に出てます。

-「Blowing in the Wind」もトラックメーカー的なサウンド・アプローチが新鮮で。

井上:完全にトラックメーカーの気持ちになって作ってましたね(笑)。この曲は生ドラムと生ベースがないんです。臣吾がシンベ(シンセ・ベース)を買ったので、そういう曲を作ってみようと。

広瀬:『Now & Then』からこういうタイプの曲が増えてきてるじゃないですか。やっぱり竜馬から"そろそろシンベ買ってほしいんやろな"と察してくるわけですよね(笑)。

井上:あははは! 無言の圧力やったなぁ(笑)。

広瀬:もともとピアノをやってたりもしたので、鍵盤に抵抗はないんです。周りのベーシストもシンベを買ったりしてたので、これは俺も持ってたほうがいいなと。竜馬のやりたいことがより明確になっていってるので、言葉にしなくても向かいたい方向が自ずと全員わかってきてるというか。全員自然と目指してるものが同じやった、みたいなことは多かったですね。

井上:「Ugly」のイントロをシンベにして、Aメロを生でするとかね。あえて言葉にしなくても共通認識として持ってたところはあったなぁ。今回の制作は、"しばらくSHE'Sはこの感じやろな"という指針にもなったよな。

広瀬:うん。そうやな。

井上:すっごいアップテンポで押せ押せの曲があるわけでもないし。今まではライヴのことを考えて、1曲はそういう曲を書きたいなと考えながら書いたりしてたけど、今回はほんとに一切そういうのを考えてないんで。マイブームの影響は出たりしてるけど、SHE'Sの向かう方向性が今作で打ち出せたかなと思いますね。

-そうですね。今の自分の正しいと思うものを冷静に見極めて音楽にしてきたからこそ、こういうアルバムが作れるんだろうなと思います。最後に4人の音だけで録音している、フラットなスタンスの「Tragicomedy」があることで、家に帰っていくような着地点があって。これまでのアルバムもそうですけど、とても壮大な冒険に連れて行ってもらえた気がします。

井上:わ、嬉しい。ありがとうございます。ピュアな制作環境で曲が書けて楽しかったし、メンバーもその曲たちを制作するのを楽しいと言ってくれて。来年で結成10周年なんですけど、このタイミングでこの感覚を取り戻せるのはめちゃくちゃ大事やと思うから。今この作り方ができてほんま良かったなと思いますね。

服部:10周年に向けての再起動ができた感覚がありますね。このアルバムでそのしっかりとした一歩を踏み出せたと思います。

木村:このアルバムでSHE'Sの音楽はこうあるべきやみたいな、ひとつのかたちを感じられたところはありますね。今までは"お客さんはどんなものを望んでんねやろ?"と悩むこともあったし、"SHE'Sの音楽ってなんなんやろ?"という答えが出てなかったんですけど、その答えをひとつ掴んだような気持ちになりました。曲調はバラバラやけど一貫したメッセージがあって、人の内側にあるものを音楽にしていくことが大事なんやろなと感じましたね。

-......木村さんはやっぱり歌詞について話してくださるんですね(笑)。

井上:おまけに今後の歌詞の方向性まで決められた(笑)。一切ファンタジーが書けんくなりましたね(笑)。

木村:いや、そういうもののほうが届くんかな、と思っただけやから(笑)! ファンタジーはファンタジーでいいと思う!

-(笑)SHE'Sはタイアップにも恵まれて、とうとうJ-POPシーンやお茶の間に見つかってきてるなと感じるんですけど、みなさんとしてはいかがでしょう?

井上:ほんまにありがたいですね。「Nintendo Switch Lite × あつまれ どうぶつの森」2020春CMソング(※「Letter」)は、製作サイドの方々から声を掛けてもらったんですよ。見つけてもらった感がすごくあって。

広瀬:嬉しいよな。ずっと前からいつも見つかってほしいと思ってたから(笑)。

井上:そうやなぁ(笑)。やっぱり"いいね!"と言ってもらえるのは、シンプルにすごく嬉しい。J-POPシーンど真ん中なバンドでもないけど、熱いロックをしているわけでもないし......なんかちょっと洋楽の匂いもするし(笑)。そういう独特の位置にいるバンドでいたいな。聴いてくれた人が考えて、自分の答えを選択してもらうことがめちゃくちゃ大事やとも思うので、SHE'Sの音楽が聴く人にとってそういうきっかけになれたらいいなと思ってますね。