Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

KANA-BOON

2018年12月号掲載

KANA-BOON

メンバー:谷口 鮪(Vo/Gt) 古賀 隼斗(Gt/Cho) 飯田 祐馬(Ba/Cho) 小泉 貴裕(Dr)

インタビュアー:石角 友香

ちゃんと外に踏み出していく感じが最近は強くあるなと思います


-そして非常にキモになりそうなベース・ラインですが。

飯田:そうですね。最初にある程度、鮪から"絶対こう当ててほしい"みたいなやつが入ってて、でも歌メロとの兼ね合いで"もうちょっと寄り添うことができるんじゃないかな?"っていうのでフレーズをちょっと変えたり、ウォーキング・ベースを入れたりとか。あと、どこを引いてどこを足すかみたいなことをメインで考えていって。そういう作業はすごい好きなんで面白かったです。この曲はその部分が結構多くて、曲の難易度も高かったんで、すごくやりがいもありました。ドラムとのハマり加減とかなかなか難しかったんですけど、録るときのノリ的なものはキュッと集中したというよりはドラムに合わせてって感じで、すごい楽しく録れましたね。

-そもそも谷口さんの中からこういうテーマが出てきたことの背景って?

谷口:スキルアップのためっていうのもありますね。普段からそういうつもりで自分が打ち込みで作るときは、メンバーに技術的なところでの課題というか、そういうのをちゃんと入れておくようにはしたいなと思ってて。制作に関して結構大変な状況というか、忙しいし、ワンマン・ツアーも控えてるような状態だったので、時間もない過酷な状況だからこそ、ちょっと短期間集中っていうのをみんなにやってもらおうかなと。

-コーチングみたいな発想(笑)。

谷口:はははは(笑)。やっぱ自分たちの中にないものを僕から渡していかなきゃなっていうので。

-今までやってないこととか若干の背伸びの仕方が『Origin』(2016年リリースの3rdアルバム)のときとは全然違う方向性というか。

谷口:そうですね。ちゃんと外に踏み出していく感じが最近は強くあるなと思います。

-「ネリネ」の歌詞に"歌いながら 踊りながら"ってフレーズがあるぐらいだし。

谷口:(笑)ずいぶん楽しそうですよね。歌詞のテーマ的には"ネリネ"(※花の名前)の語源の"ネーレーイス"っていうギリシャ神話に登場する海の女神がいるんですけど、ものすごい美人の女神で、すごい過保護に育てられてるから"箱入り娘"って花言葉もあって、そこからきてます。その女神たちは海の底での暮らしが不自由やったわけではないのかもしれないですけど、なかなか外の世界には行けなくて、そこで歌って踊りながら過ごしてたっていう話があるんですね。それと組み合わせたりして。海の底から抜け出して外の世界に飛び出していく"ネーレーイス"を思い浮かべながら、そこにこれからツアーとかを控えた状態、どんどん外に飛び出していく自分たちを重ねて、こういう歌詞にしました。

-音楽的なリファレンス云々より、やったことのないことをやれる気持ちになるかどうかが大きい気がしますね。

谷口:わりと臆病なタイプなんで、保守的というか(笑)。ようやくやってみようって気持ちにちゃんとなったし、そこを楽しめる体制も整った気がするので、"やってみよう"と。

-というわけで全部が違う感じの曲で、「アフターワード」は「ネリネ」から一転して小泉さんが得意中の得意な感じですか?

小泉:そうですね。この中の曲で言うと今までのビートも結構ありつつ、フィルは変えつつなんで、僕はこの曲のレコーディングは楽しかったですね。音作りの段階からテックさんとリハから作り込んで満足いく音で録れたんで、いいレコーディングができたなと思います。

-すごいドコスカ叩いてませんか(笑)?

谷口:忙しい(笑)。いつものパターンを押さえつつも、手数で勝負しようと思って。

小泉:この曲だけテックさんが違う人で、マシータさんなんですよ。そのマシータさんと一緒に聴いてたときに"すっごい手数の多い曲だね。これ丸ごと叩くの?"って言われて、"あ、叩きます"って言ったら"頑張ろう、サポートするわ"と。速いフレーズの叩き方とか手の持っていき方とかそこで教えてもらって、僕の中でまた違ういろんな叩き方がこの曲の中でできたんで、そういう意味でいい経験にもなったし、このビートの楽しさも感じることができたんで、それがちゃんと出せた曲だなと思います。