Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

"KNOCKOUT FES 2018 autumn" 座談会

2018年10月号掲載

"KNOCKOUT FES 2018 autumn" 座談会

マッシュとアネモネ

Official Site

長靴をはいた猫

Official Site

下北沢のライヴハウス MOSAiCが定期的に主催していたブッキング・イベント"KNOCKOUT"を拡張したサーキット・フェス"KNOCKOUT FES 2018 autumn"が今年も11月3日に開催される。昨年から春と秋の年2回開催となった"KNOCKOUT FES"は、今回からCLUB Que、ろくでもない夜、LOFTの3会場が追加になり、合計10会場で行う。"ダイヤモンドの原石と出会える場所"をモットーに年々進化をし続ける"KNOCKOUT FES"は今回で7回目。その出演者の中から、今若手シーンで注目を集める、Absolute area、マッシュとアネモネ、長靴をはいた猫の3バンドのメンバーに集まってもらい、MOSAiCの森本真一郎店長を交えて、その魅力や楽しみ方を語り合ってもらった。

Absolute area:山口 諒也(Vo/Gt)
マッシュとアネモネ:もちこ(Gt/Vo)
長靴をはいた猫:イノウエケンイチ(Dr)
下北沢MOSAiC店長:森本 真一郎
インタビュアー:秦 理絵 Photo by 上溝恭香

-春に続き、"KNOCKOUT FES"恒例の開催直前の座談会企画になります。森本さん、数多くのアーティストが出演する中で、この3バンドに集まってもらったのは?

森本:特に今年多くの人が注目しているバンドに集まってもらいました。

-マッシュとアネモネ、長靴をはいた猫は、今年の"RO JACK"の優勝バンド、Absolute areaは去年の"未確認フェスティバル"のファイナリストで、Eggsの年間ランキング上位をキープして話題になってますね。

森本:話題性は十分だと思います(笑)。

-メンバーはお互いに面識はありますか?

山口:マッシュとアネモネは高校のときにイベントで観たのが最初なんですよ。結構付き合いとしては古いですね。

もちこ:私が高1のときに(山口は)高3だったので、先輩なんです。

イノウエ:Absolute areaとは初対面ですね。マッシュとアネモネは"RO JACK"の優勝発表イベント(2018年7月7日に渋谷duo MUSIC EXCHANGEで開催された"RO JACK SUMMER FINAL 2018")のときに会いました。

-イノウエさん、優勝が発表されて号泣してましたね。

イノウエ:呼ばれたのが最後だったから、ずっと緊張してたんです(笑)。

-まず、対談を始めるにあたって、森本さんから"KNOCKOUT FES"について簡単にコンセプトを説明していただければと。

森本:"KNOCKOUT"というのは、10代とか20代前半の若いバンドを集めて、"ダイヤモンドの原石を見つけてください"というようなコンセプトで始めた、マンスリーのブッキング・イベントだったんですけど、盛り上がってきたので、若手が一同に集まるフェス形式になったんですね。その当時はミセス(Mrs. GREEN APPLE)とか、シャウト(Shout it Out)とか、the equal lightsとかが出てくれて。2015年に初めてサーキットになって、去年から年2回になったので......今回で7回目ですね。

-今回集まってもらった3バンドについて、森本さんの視点でどんなバンドかを紹介してもらえればと思うのですが。まずは、長靴をはいた猫から。

森本:長靴をはいた猫は、とにかくヴォーカルに魅力があるんですよね。

-わかります。紅一点ヴォーカルの鶴さん、強さの中に独特の色気もあって。

森本:でも、最初にライヴを観たときはMCでは全然喋ってなかったよね?

イノウエ:そうなんですよ。でも、森本さんに"もうちょっと喋った方がいいんじゃないか"って言われて、MCで話すようにしたら、すごくウケたんですよ。さすがだなと思いました。僕は、ヴォーカルの声質とか表現に魅力を感じてて、歌詞も任せてるので、その世界観を生かすことが自分の仕事かなと考えてますね。

-文学の匂いのする、日本語を大事にした歌詞の世界観が印象的なのかなと思いますけど、目指しているアーティスト像はありますか?

イノウエ:いや、特にないんですけど......。言ってもらったとおり、日本語の語感が好きで、大事にしてるっていうぐらいですね。それよりもヴォーカルを生かす方法をずっと考えてるんです。女性ヴォーカルにもアイドル・ポップだったり、いろいろありますけど、僕たちはロック・バンドなので。

-もちこさんと山口さんは、長靴をはいた猫についてはどう思いますか?

もちこ:名前とアートワークと曲調が全部統一されてるのがすごいですね。

山口:僕も同じです。バンドをやるうえで世界観を統一して出すことは大事だと思うんです。そこが曖昧だとお客さんに届かないというか。"自分たちはこういうバンドなんだぞ"っていう芯がしっかりしてるからこそ伝わる。長靴をはいた猫は、結成して1年ぐらいなのにちゃんとコンセプトを考えて具現化してるのがすごいです。