Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

SHE'S

2017年01月号掲載

SHE'S

メンバー:井上 竜馬(Key/Gt/Vo) 服部 栞汰(Gt) 広瀬 臣吾(Ba) 木村 雅人(Dr)

インタビュアー:沖 さやこ

-お得意と言えばTrack.8「Freedom」も必殺技だなと。ドラムとピアノが同じリズムを刻むイントロも迫力があります。

井上:ピアノは打楽器やと思います。歌詞もまっすぐですしね(笑)。"これからどういう人生を歩んでいこう?"という18、19のころの自分を歌いました。そのころによくひとりで(海外などに)旅行に行ったりしていて、そこで見ていた景色のイメージもありますね。

木村:今回は全体的にアップ・テンポで細かいフレーズが多くて。いままではそういう曲があんまりなかったんですよ。

-この曲に限らず、様々なドラム・パターンに挑戦していらっしゃいますよね。それはデモの段階からですか?

井上:ドラムを考えるのが好きなんですよね。おまけに(デモを作る)機械やったら、叩かれへんくてもなんでもできるんですよ(笑)。どこまでも気持ちいいフレーズが作れるんですよねー......。

服部:それ、自分が叩けへんからやろ(笑)。

井上:そうそう(笑)。楽曲自体のリズムが似すぎないようにしていて。それぞれの曲のキャラクターが立っているものにしたかったんです。"これドラム叩かれへん人が作るフレーズやわ"とキム(木村)から言われることもあります。

木村:でもそれが自分にとって新しい発見になっていて。自分だけで考えるよりも幅が広がるなと思っています。

井上:キムの持っている感性を出してほしいなと思いつつデモを渡してますね。ベースとギターはほとんどおまかせで、ベースに関してはルートしか入れてないです(笑)。

広瀬:うん。死ぬほどシンプルな状態できますね(笑)。僕自身もめちゃくちゃいろいろ弾くタイプではないので、味付けと音色を考えて、しっかり支えることに徹しています。

服部:竜馬にイメージがあるときは結構はっきり言ってくるんで、それを弾いてます。例えば「パレードが終わる頃」のギターは"QUEENのBrian Mayみたいな感じで"と言われたんですけど、自分も好きなギタリストなのでオマージュ的な感じでフレーズを入れたり。そういうのも全部楽しんで、SHE'Sらしさを出せてると思いますね。

-そしてTrack.10「Ghost」は名曲ですね。SHE'Sはスケールのあるミディアム・ロック・ナンバーで最もエモーショナルな演奏をするバンドだとも思います。アウトロはいつまでも聴いていたい。

井上:ありがとうございます。やっぱりミディアム・テンポの曲がいいバンドではいたいなと思ってるんですよね。僕もこの曲は特に気に入っています。ああいうフェードアウトはやってみたいと思っていたので、栞汰に"ずっとギター・ソロ弾いて"と無茶振りをしました(笑)。人間は失ったものを追い求めるもので、その中でも僕はそういうものばっかりに目がいっているなー......幽霊よりも自分の方がふらふら彷徨った存在やなと思って、自分を亡霊に揶揄した曲なんです。空気をすごく含んだ楽曲やと思うし、それまでの流れを消すような楽曲でもあると思う。バラードは基本、ライヴでは武器だと思っていますね。

-アルバムは「プルースト」で締めくくり。クール・ダウンするような軽やかさもあり、未来へと向かう趣もあり。フルート、アコーディオン、ヴァイオリン・ソロもいいインパクトです。

井上:最後に「プルースト」がどん! と待ち構えている感がありますよね。ヴァイオリンは"入れてくれなきゃ録らない! 絶対入れてください!"と言いました(笑)。フルートもアコーディオンもヴァイオリンもデモの状態でほとんど完成していたので、それを弾いてもらいました。今回初めて、吹奏楽系の音も僕がデモで考えたフレーズを使ってもらえたんです。それは予想外でびっくりでしたね。

-井上さんのフレージング・センスが向上しているということかもしれませんね。バンド5年目にして初のフル・アルバムを完成させ、過去を巡る旅に出て未来へと向かっていく作品にもなりました。SHE'Sの歩む道にも期待が高まります。

木村:2016年はメジャー・デビューもしましたし、この1年で僕らのことを知ってくれた人がかなりと増えたと思うんですけど、アルバムなら手に取ってくれる人もたくさんいると思うし、さらにSHE'Sを知ってくれる人が増えると思っています。3月からはワンマン・ツアーもありますが、そこで2017年の自分たちが決まってくるんじゃないかなと思うので、ツアーを成功させたいです。飛躍する1年にしたいですね。

服部:これからはどんどん先を見ていかないとだめだなと思うので、期待を裏切らないようにしたいと思いますね。2016年は初めてフェスに出られたので、2017年はそこでひとつ大きなステージへ行きたいし。その次の年にはもうひとつ上のステージが待っていると思うので、どんどん先を見て頑張っていけたらと思います。

広瀬:2016年はフェスにも初めて出たりして自己紹介の年やったので、2017年は行ったるで! みたいな感じですね。2017年の次回作がいまから楽しみです。

井上:......それ俺に言ってる(笑)?

広瀬:いやいや......。そんなんいいのできるに決まってるやん(笑)!

井上:(笑)いい曲を作ります。もっといろんな挑戦をしたいですね。SHE'Sのいいところも押さえたいし、"これがSHE'Sですと言えないのがSHE'Sです"というのを強固にしたい。もっと自由に好きな音楽をやっていきたいです。