Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

SHE'S

2017年01月号掲載

SHE'S

メンバー:井上 竜馬(Key/Gt/Vo) 服部 栞汰(Gt) 広瀬 臣吾(Ba) 木村 雅人(Dr)

インタビュアー:沖 さやこ

-Track.7「パレードが終わる頃」など、抽象性の高い歌詞も多いです。井上さんはリアリティのある歌詞を書かれる印象があったので新鮮でした。

井上:抽象性というよりは、何かを情景に例えて書いているものが多いかな? 「プルースト」もそうですね。でもこういう歌詞を書いたのは初めてだと思います。自分がどう見られるか、どう受け取られるかは"気にしたらあかん"と思っていても気にしてしまう。でもそういう自分が苦手やったし、それをいままでは振り切れずに書いてたかな......。だから神経をすり減らして言葉を綴っていって。いままで雑に作詞をしていたわけではないんですけど。

-それはもちろん。

井上:でもいままでの生き方を変えてしまいたかったし、ケリをつけたかった。「パレードが終わる頃」は"自分自身の問題だ"と割り切って書き始めたから、どう解釈されるかを気にせずに作れた曲やったんです。パレードの華やかさを描くというよりは、終わり際に想いを寄せているので、見ている視点はいままでの僕と変わらない。井上竜馬とかけ離れてない歌詞にまとまったかなと思っています。

-バンドでの制作方法としては、変化はありましたか?

服部:作り方としてはほとんど変わらないですね。"これは実話や"とか"こういうものをイメージしてる"というものを教えてもらって、それに寄り添って音を作っていく。

井上:アルバムのコンセプトやテーマを細かくメンバーに話したりはしてないですね。1曲1曲に対してどういうものにしていきたいかという伝達は必要ですけど、アルバム全体のテーマを言う必要はないかなと。"アルバム全体で俺の過去を遡っていくから"と言われても、メンバーとしても"おぉ、そうか"としかならないやろうし(笑)。

広瀬:(笑)いつもどおり1曲ごとにニュアンスを教えてもらって作るという作業でした。フル・アルバムだからといって作り方を変えるわけではなく、インディーズ時代のミニ・アルバムの曲が増えた版、みたいな。曲それぞれのキャラクターを立たせていくようにして。

木村:デモの段階で基盤のリズムとかは結構できあがっているので、そこにプラスして曲のイメージを膨らませたり、渡された参考の音源をもとに自分なりに表現していったりするという感じです。

-SHE'Sはいつも、とてもきれいに音の均衡が取れていると思います。

服部:これだけミニ・アルバムもシングルも出してきたので、暗黙の了解で"ここに入るのはピアノかな。それならここはギターかな"みたいな。言わずしてわかる部分が増えてきました。慣れてきたからできることですね。

井上:とりあえずアレンジ決めの段階で、4人全員がお互いを探ってる感じなんですよね。それに対して"あ、ここにギターがきたか。じゃあピアノはこっちを弾こう"みたいな。特に栞汰と俺はウワモノ同士やから、音を入れたい場所が被ったりはするんです。でも音域を変えて被せてみたり、自分がコード弾きに徹してみたり。言葉で言う必要があるときだけ"ちょっとこうしてみない?"と提案してますね。栞汰から言ってくることももちろんあるし。

広瀬:空気の読み合いやな(笑)。


見落としたくないし、休んでいたくない
甘えていたくないし、油断していたくない


-Track.9「Running Out」はイントロにシンセが入っているので、エレクトロやダンサブルなアプローチかと思いきや、それだけではなくハード・ロックのテイストも入るなど、SHE'Sの音楽性の幅広さを感じさせました。

井上:激しめでダークなものを入れたいなと思っていて。あまりメカニックすぎず、エレクトロになりすぎないものにできました。SHE'Sっぽいですよね(笑)。僕ら4人もそれぞれ全然違う音楽を聴いてきているし、僕自身も普段からいろんな音楽を聴いてきているので、だからこそ生まれた曲なのかなって。

服部:ギター・リフを最初から竜馬が持ってきたので、それをベースにして。あのリフのイメージからほかのフレーズを作っていきました。僕らのお得意の曲なので、すんなりできましたね。

-歌詞に"Five years"とありますが、これは?

井上:"バンドを組んで5年"ですね。そんなに時間はないぞ、と自分自身に対して歌っているんです。めっちゃ大きいスケールの話をするといつ死ぬかわからんし、いつバンドがふっと止まるかもしれへんし、人気が落ちるかもしれへん。そう考えたときに時間の猶予のなさを感じたし、そこに対して燃え尽きるまで本気でやっていきたいなという想いで書きました。"これが現実やぞ"というところと向き合ったというか。だからこそ5年間が重くのしかかる。

-まだ5年という気もしますが......。

井上:ん~、僕は"もう5年"、"もう24"ですね(笑)。見落としたくないし、休んでいたくない。甘えていたくないし、油断していたくないなと思います。続けていくためには一瞬一瞬に本気でないと、得られるものも得られない。離れていくことばっかりやなと思います。