Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

NEWS

Japanese

アジカン伊地知 潔率いるインストゥルメンタル・ジャム・バンド PHONO TONES、ビクター移籍第1弾シングル「The sky's the limit」配信&MV公開

2021.07.07 10:00

アジカン伊地知 潔率いるインストゥルメンタル・ジャム・バンド PHONO TONES、ビクター移籍第1弾シングル「The sky's the limit」配信&MV公開

ASIAN KUNG-FU GENERATION

Official Site

ペダル・スティール奏者 宮下広輔、Dr.DOWNERのフロントマンでベーシストの猪股ヨウスケ、UNDER LIFEのフロントマンでキーボーディストの飯塚 純、そしてASIAN KUNG-FU GENERATIONのドラマー 伊地知 潔率いるインストゥルメンタル・ジャム・バンド PHONO TONES(フォノ・トーンズ)。今年バンド結成10周年を迎え、ニュー・アルバムの発表を控える中、ビクター移籍第1弾先行配信シングルとして「The sky's the limit」を本日7月7日に配信開始、同時にミュージック・ビデオも公開した。
 

「The sky's the limit 」 Official Music Video
 
鳴り響くペダル・スティールのメロディと晴れ渡る軽快なビートで、インストゥルメンタル界に新しい風を吹き込んできたPHONO TONES。数多いるインスト・バンドの中でも、唯一無二となるペダル・スティール・ギター奏者を擁し、その深く増幅される弦の音色で、よりオーガニックで開放的なミュージック・スタイルを導入し、屋外フェスから都市型のイベントまで幅広く支持されている。
 
そんな彼らが今年から来年にかけてバンド結成10周年を迎えるなか、7月7日に新曲「The sky's the limit」を発表。まるで70年代のソウル~ファンク~ディスコのバンド・サウンドのような高揚感、伊地知のタイトなドラミングに猪股の深く太めなベース・ライン、飯塚の軽快な鍵盤捌きと、美しく湧き上がる宮下のペダル・スティールの音色が絡み合う、アニバーサリー・イヤーを彩るハッピー・サッドなダンス・チューンに仕上がっている。
 
なお、メンバーのコメントも到着している。
 
今年で10年目。色々なさそうでも色々あった。きっとこれからも色々ある。潔さん、純さん、猪股とこれからも色んな景色を見に行く。皆様よろしくお願いします。
―― 宮下広輔(Pedal Steel)
 

のんびりと10年間活動してきたPHONO TONESのエンジンがやっと温まってきました!この調子でギアを上げていきたいと思います。僕らを見ていて下さい!
―― 伊地知 潔(Dr/ASIAN KUNG-FU GENERATION)
 

心機一転、頑張りますのでよろしくお願いします!
―― 猪股ヨウスケ(Ba/Dr.DOWNER)
 

楽しみを改めて実感しているバンドの温度を楽しんでいただけら幸いです。久しぶりの新曲。何卒!
―― 飯塚 純(Key/UNDER LIFE)

 

▼リリース情報
PHONO TONES
配信シングル
「The sky's the limit」
PHONOTONES_The_skys_the_limit.jpg
NOW ON SALE
 
配信はこちら

 

▼ライヴ情報
"PHONO TONES ワンマンライブ2021 「ワッショイ!GANZ toi,toi,toi ~また逢うその日まで~」"
7月16日(金)GANZ toi,toi,toi
OPEN 18:30 / START 19:00
[チケット]
前売 ¥3,500 / 当日 ¥4,000(1D¥600別)

関連アーティスト

ASIAN KUNG-FU GENERATION, PHONO TONES