Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

FEATURE

Japanese

ASIAN KUNG-FU GENERATION presents NANO-MUGEN FES.

2011年06月号掲載

ASIAN KUNG-FU GENERATION presents NANO-MUGEN FES.

ASIAN KUNG-FU GENERATION

Official Site

■<ASIAN KUNG-FU GENERATION presents NANO-MUGEN FES.>Archive & Now!

後藤正文インタビューに続き、ここでは、いまや日本の音楽シーンの中でも屈指のフェスというイメージが定着した<NANO-MUGEN FES.>をあらめてひもといてみたい。日本勢・海外勢ともに豪華なラインナップが彩ってきたステージの歴史を振り返るとともに、今年開催される<NANO-MUGEN FES.2011>の見どころも紹介!


■< NANO-MUGEN FES. > 2003-2010 Archive

今年で通算9回目、ツアー形式として開催された<NANO-MUGEN CIRCUIT 2010>を加えると通算10回目! ASIAN KUNG-FU GENERATIONがオーガナイザーを務めるこの<NANO-MUGEN FES.>は、いちアーティストが主催するライヴ・イベントとしては異例と言って良い規模まで成長し、いちロック・フェスとしての存在感はすっかり定着した感すらある大イベントだ。

その幕開けは、2003年8月11日新宿LOFT。イベント主催者のアジカンと、彼らと親交の深いアーティスト4組によるステージには、その後の <NANO- MUGEN>では皆勤賞的に出演しているストレイテナーの日向秀和がART-SCHOOLのメンバーとして出演していたのが懐かしい。
同年開催の第2回目、12月17日横浜CLUB24にも、それから7年後に行われた <NANO-MUGEN CIRCUIT 2010>のラインナップでもあるテルスターが出演。そんな、アジカンを中心とした音楽の輪は、2004年にそのスケールを一気に飛躍させる。

初のアリーナ級会場での開催となった第3回目の日本武道館にはACIDMAN、そしてGOING UNDER GROUNDとストレイテナーという、アジカンとともにその後の日本のロック・シーンに欠かせないバンドへ成長した面々の熱いステージが思い出深い。

2004年、初の大阪会場開催となった第4回目には、ZEBRAHEADとTHE CRIBSが海外勢としては初参戦した。それをきっかけに、ASH、THE RENTALS、STEREOPHONICS、THIRD EYE BLIND、BEN FOLDS、HARD-FI、etc……。


海外のフェスではヘッド・ライナー級の面々を数多く招聘してくれたのも素晴らしい。先にも書いたが、いちアーティスト主導でこれほどのイベントを開催すること、そこへかかる労力はきっと並大抵のものではないだろう。心から感服!


2005年には横浜アリーナに初進出、今年もthe HIATUSで出演する細美武士が当時はELLEGARDENとして出演し、その翌年の第6回目からは横浜アリーナ2デイズへと規模がさらにスケールアップ。
2009年のスピッツなど邦楽勢のビッグ・ネームも印象深いが、2006年のチャットモンチー、2008年の9mm parabellum bullet、2009年の清竜人、サカナクションなど、新たな音楽シーンを支える後進たちをフック・アップする役割を果たしていたことも<NANO-MUGEN>の功績として見逃せない。

個人的には、2006年のBEAT CRUSADERSが横浜アリーナに彼ら恒例の“オ○○○!”コールを大合唱させたシーンがめちゃくちゃ痛快だったり……(ヒダカトオルが“ゴッチごめん!”と謝っていたのも記憶に焼きついてる・笑)。近年はジャンルの壁も取り払い、世代も越えて、この<NANO-MUGEN FES.>は音楽の様々な楽しさを提供する場として輝きを放っている。(道明 利友)


2003年から始まった<NANO-MUGEN FES.>も今年で9回目。昨年は<NANO-MUGEN CIRCUIT>として全国を駆け巡ったが、フェス形式としてまた今年戻って来てくれたのは本当に嬉しい限り。毎回度肝を抜く大物出演者の発表で僕らを驚かせてくれる<NANO-MUGEN FES.>だが、今回もホントに素晴らしいアーティスト/バンドが揃った。そして、今までの<NANO-MUGEN FES.>にゆかりのあるアーティストが揃っていることも興味深いし、それはこのフェスに“また出たい!”と思わせる魅力が詰まっているからだろう。

横浜アリーナ2デイズ公演として開催される今回、ASIAN KUNG-FU GENERATIONと共に2日間の出演が決定しているのは、今回で2度目の出演となるTHE RENTALS。WEEZERの初期を支えたパワー・ポップ職人Matt Sharp率いる青春ポップ・バンドだ。泣きのメロディが詰まった1st&2ndは、共に名盤! 今回はアコースティック・ステージでたっぷりと、彼らのそのグッド・メロディを堪能出来そう。元バンド・メイトであるWEEZERや仲の良いASHとのまさかのサプライズもあるんじゃないかと、勝手に期待を膨らませてしまいます。そして、このフェスのもう一つの顔と言ってもいいんじゃないかと思うTHE YOUNG PUNX!がPHONATと共に2日間の出演が決定。横浜アリーナという大ホールをダンス・フロアに変えてくれることだろう。
16日はUS、UKともにビッグ・バンドが登場。WEEZER、そしてASHだ。この2バンドが一緒に観られるなんてなんて幸せなことだろう。ASIAN KUNG-FU GENERATIONというバンドに絶大な影響を与えているであろう、この2バンドの見逃しは厳禁だ。日本からも、6月に2nd EPをリリースするthe HIATUSと日本のパンク・シーンを引率して来た磯部正文 BANDが登場。そしてガールズ・バンドとして今注目度抜群のねごと、ウリチパン群のメンバーでもあり、ソロでもポップでオリジナルなパフォーマンスが海外からも高い評価を受けるオオルタイチがどんなパフォーマンスを見せるかもとっても気になるところだ。

17日は、パワー・ポップな初日と異なりバラエティに富んだラインナップ! まずはMANIC STREET PREACHERS、彼らを待っていたという方も多いんじゃないでしょうか。世界のフェスでもヘッド・ライナーを務めるビッグ・アクトの、エネルギッシュかつ感動的なライヴはぜひ体験してもらいたい。この日は、<NANO-MUGEN FES.>では毎年鉄板の盛り上がりを見せるストレイテナーに加え、日本が世界に誇るダンス・アクトBOOM BOOM SATELLITESも登場。そして、モーモールルギャバンの強烈なパフォーマンスも必見だ。今までで一番ともいえる今回の豪華ラインナップ。ぜひ隅から隅まで楽しんで欲しい。(遠藤 孝行)


■2011年7月16日(土)神奈川県 横浜アリーナ OPEN 10:00 / START 11:30
<出演者>(2011年5月末現在)ASIAN KUNG-FU GENERATION / WEEZER / ASH / THE RENTALS(アコースティック・ステージ)/
THE YOUNG PUNX!&PHONAT / the HIATUS / 磯部正文BAND / ねごと / オオルタイチ(DJステージ) / and more

■2011年7月17日(日)神奈川県 横浜アリーナ OPEN 10:00 / START 11:30
<出演者>(2011年5月末現在)ASIAN KUNG-FU GENERATION / MANIC STREET PREACHERS / THE RENTALS(アコースティック・
ステージ)/ THE YOUNG PUNX!&PHONAT / BOOM BOOM SATELLITES / ストレイテナー / モーモールルギャバン / and more

■NANO-MUGEN FES.2011 公式サイト http://www.nano-mugen.com/

WEEZERの単独公演が決定!! - WEEZER Japan Live 2011 "Memories & Best of" -
★2011年7月13日(水)Best of Blue Album
★2011年7月14日(木)Best of Pinkerton Album
Zepp Tokyo OPEN 18:00 / START 19:00
Tickets ¥8,500(スタンディング/2F指定席/当日ドリンク代別途)


【NANO‐MUGEN FES.2009 特集】
http://skream.jp/special/2009/08/nano-mugen_fes.php

  • 1