Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

FEATURE

Japanese

東京スカパラダイスオーケストラ×ASIAN KUNG-FU GENERATION

2014年07月号掲載

東京スカパラダイスオーケストラ×ASIAN KUNG-FU GENERATION

ASIAN KUNG-FU GENERATION

Official Site

東京スカパラダイスオーケストラ

Official Site

ライター:石角 友香

使命を帯びたバンドというのがどんな時代にもいる。2014年をデビュー25周年と位置づける東京スカパラダイスオーケストラというバンドは、日本で数少ない使命を帯びた存在だ。デビュー当時は、音楽シーンに"トーキョー・スカ"の芽を育み、仲間との別れという大きな悲しみにも見舞われた。そして世界各地で過酷なツアーを行い、日本最強のライヴ・バンドの実力を蓄えつつ、おなじみのいわゆる歌モノ3部作――田島貴男、チバユウスケ、奥田民生を迎えて、日本のロック・シーンにハード・ボイルドな男の美学とジャンルを越境するコラボレーションの何たるかを明示してみせた。その後も甲本ヒロト、ハナレグミ、斉藤和義、伊藤ふみお、細美武士といった唯一無二のヴォーカリストとのコラボレーションを果たしてきたスカパラが、今、この時代の日本に提示したのが、バンドとのコラボレーションだった。

当然のことだが、ヴォーカルのプロダクションのみならず、バンドとバンドのトータルなアンサンブルをどちらのファンにも納得と驚きとともに提示するなんて、スカパラ以外に誰ができるだろう?とこの企画当初から妙に腑に落ちたものだ。第1弾の10-FEETとの「閃光」も第2弾のMONGOL800との「流れゆく世界の中で」も圧倒的な人間力で、いずれも初めての共演とは思えないクオリティで、今の時代のアンセムとして両バンドのファン以外にも話題になったことは記憶に新しい。

そして1番意外なバンドがこのコラボレーション第3弾に発表されたときの驚き。10-FEETのときもMONGOL800のときも、楽曲のリズムはスカだった。そしてそれはこれまでのヴォーカリストを迎えたコラボレーションでもテンポやムードの違いこそあれ、一貫したテーマというか自然と存在する軸だったと思う。しかしだ。今回はASIAN KUNG-FU GENERATION。全く想像できなかったというのが正直なところだ。が!イントロで聴こえる2本のギターは紛うことなきアジカン節。しかも若いというか青い。そこにさりげなく滑りこんでくるホーン隊とスカのビート。のっけから13人いる!のである。作曲はスカパラの加藤隆志。さすがに音楽的にスカパラのロックな側面を担う彼が担当しているのは腑に落ちるが、このコラボレーションでは、ポピュラー・ソングとしての親しみやすさに驚く。そしてユニークなのはサビのメロディ・ライン。後藤正文らしいヨナ抜き音階的な部分から、スカパラのオリジナルにも潜在的にある昭和の名曲的なメロディへと変化していく流れはコラボレーションのひとつの結実ではないだろうか。そして結実と言えば、作詞は谷中敦と後藤の共作である。今回のバンド・コラボで谷中は平易な言葉を用いつつ、ありがちではない表現をしてきたが、後藤とはどんな対話を通じてこの曲の歌詞を紡いだのだろう?不特定多数の人間がいる中でもスマホの画面から目を上げずコミュニケーション不全に陥っているようなよくある光景。もしくは物理的には繋がっているけれど、どこか空虚なふたりの関係。「Wake Up!」という一見、威勢のいいタイトル通りに聴くだけで威勢よくなれるナンバーではない。しかし、この現実が悪い夢のように感じ、生ぬるい惰眠から抜け出したい気持ちがあれば、この曲はあなたの日常の少し前を走って、背中を見せてくれるだろう。

聴いた人の心情や行動に異なる手法で影響を与えてきた2バンドはおのおのの使命をこのコラボレーションで力むことなく発揮している。2014年の夏にいい風が吹いてきた。ちなみにインスト・ヴァージョンを聴くと、アナログ・テープ一発録りのライヴ感や、このコラボ・シリーズのプロデューサーである亀田誠治のバランス感覚の絶妙さがさらに実感できると思う。

俄然、音楽ファン目線な話になるが、"NANO-MUGEN FES.2014"でのスカパラのステージも、この2バンドの繋がりを感じながら観れば、楽しみもグルーヴも増すんじゃないだろうか。そして日本のバンド・シーンの厚みを体現している東京スカパラダイスオーケストラの底力を知る今年でもある。


▼リリース情報

東京スカパラダイスオーケストラ
『Wake Up! feat. ASIAN KUNG-FU GENERATION』
[cutting edge]
2014.7.2 ON SALE

【初回生産限定盤】[CD+DVD]
CTCR-40361/B ¥1,500+税
[amazon] [TOWER RECORDS] [HMV]

【通常盤】[CD]
CTCR-40362 ¥1,200+税
[amazon] [TOWER RECORDS] [HMV]

[CD] 
01. Wake Up! feat. ASIAN KUNG-FU GENERATION
(作詞:谷中敦、後藤正文 / 作曲:加藤隆志)
02. Work Song
(作曲:Nat Adderley、Oscar Brown Jr)
03. I Want To Be A Star Which Twinkles Only For You
(作曲:沖祐市)
04. Wake Up! feat. ASIAN KUNG-FU GENERATION -Instrumental-

[DVD] 
01. Wake Up! feat. ASIAN KUNG-FU GENERATION -Music Video-
02. Making of "Wake Up!"

  • 1