Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

SHE'S

2018年11月号掲載

SHE'S

メンバー:井上 竜馬(Key/Gt/Vo) 服部 栞汰(Gt) 広瀬 臣吾(Ba) 木村 雅人(Dr)

インタビュアー:沖 さやこ

-百田留衣さんとのタッグも『歓びの陽』から二度目ですが、制作はいかがでしたか?

井上:最初はもっとメロコア感があるサウンドやったんです。でも"変わらないもの"という歌詞のメッセージ性からも、SHE'Sらしい音像にする必要があるなということで、ストリングスやピアノで広がりのあるサウンドを作っていきました。百田さんはいろんなアイディアを持っているし、楽曲もフレーズも俯瞰的に見てくれる。メロディを精査する際も一緒にアカペラで歌いながら、"こういうのどう?"、"それいいですね!"みたいに言いながら進めていきました。

服部:僕ら楽器隊は"自由にやってくれていいよ"と言ってもらいましたね。

広瀬:百田さんの作ってくださったデモのベースがすごく良かったので、それをもとにしながら、"もう少しここをこうしたらエモくなるんちゃうか"って自分なりの工夫をしてみたりして。

服部:そのうえでストリングスとのバランスを取るための工夫について、アドバイスをいろいろ貰って。"この部分の3弦の音だけミュートして"と言われて――それは自分では絶対に気づかないことなので、すごく刺激になりましたね。

木村:ドラムも"鳴らしたあとの倍音が他の音とぶつかってる"と言われて。

広瀬:あれはほんま驚愕やったなぁ。"倍音が!?"って。

服部:それくらいほんまに耳がいい人なんですよ。

井上:百田さんとの制作で"周りの音をしっかり聴く"ということは身に染みたよな。その姿勢が自分たちも自然とリハスタやレコーディングに反映されてるなと思います。


ただ音楽が好きでバンドを始めて、音楽を好きなままバンドを続けていきたい


-カップリングの「Come Back」はELLEGARDENのことを歌っているんですか?

井上:そうです。今日この取材が3本目なんですけど、インタビュアーさんに全当てされてます(笑)。

-あははは(笑)。でも隠すつもりなさそうですね。

井上:隠すつもりならこの歌詞書かないですよね(笑)。"おかえり"という気持ちを込めて歌いました。僕にとってのELLEGARDENはもはや命の恩人クラスなので。ELLEGARDENに出会ってなかったらバンドをやっていないと思う。いい意味で人生を変えられました。細美(武士/Gt/Vo)さんの考え方や生き方もかっこいいと思うし、自分たちも人生が変わるような価値観を持ったり、生き方が変わるきっかけのような人間になったりしたい。生き方の背中を見せられたらいいなと思っています。

-中学生の井上竜馬にとってのELLEGARDENと、SHE'Sとして7年活動してきた井上竜馬にとってのELLEGARDENに差異はありますか?

井上:んー......どうなんやろ。昔は憧れがゆえにELLEGARDENになりたかったけど、今は憧れがゆえにELLEGARDENにはなりたくないかな。SHE'SはSHE'Sの道を作っていかなあかんなと思うから、ELLEGARDENになろうとしたらあかんなと。

-ちなみにですが、ELLEGARDENと張り合いたいみたいな気持ちはありますか?

井上:ない! まったくないです(笑)。そんなおこがましいことでけへんわ(笑)。自分にとってそういう存在じゃないんやろなぁ......。"対バンしたい"とかでもないんですよ。いつまで経っても自分にとってお父さんお母さんみたいな存在かな。

広瀬:それこそ"The Everglow"な存在やな(笑)。

井上:......な(笑)!

服部:臣吾の"うまいこと言うたった"みたいなしたり顔がすごいねんけど(笑)。

-ははは(笑)。SHE'Sは憧れのミュージシャンとの距離感が絶妙ですよね。寄せすぎずリスペクトしつつ。

広瀬:憧れているからこそ"真似したってしゃあない、真似しても超えられへん"と思うしな。それなら別の方向性で並びたいですよね。

井上:そやなぁ。俺らは誰かや偉大な存在になりたくて音楽を始めたわけでも、音楽をやっているわけでもないから。ただ音楽が好きでバンドを始めて、音楽を好きなままバンドを続けていきたいんですよね。SHE'Sは誰かと張り合うために活動しているわけではないし、4人が作り上げたいSHE'Sという目標に向かって全員が全力を出しているし、そのために頑張らなあかんなと思います。

-ステップアップは励みになると同時にプレッシャーもあるでしょうけど。

井上:いろいろ悩んでみて、やっぱりすべて気の持ちようやなと思ったんですよね。時に支えられて、時に重圧になるというのは、自分の感じ方次第。聴いてくれる人は支えようと思っているわけでもなく、重圧を掛けようとしているわけでもないじゃないですか。

-そうですね。みんなSHE'Sの音楽が好きだ、新曲が楽しみだ、というシンプルな気持ちを持っていると思います。

井上:だから僕らの側にいてくれる。それを支えられていると感じるのも、プレッシャーやなと思うのも、勝手に自分が思うことでもあるし。だったらマイナスに捉えるのはやめておこうと考えていますね。