Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

SHE'S

2017年06月号掲載

SHE'S

メンバー:井上 竜馬(Key/Gt/Vo) 服部 栞汰(Gt) 広瀬 臣吾(Ba) 木村 雅人(Dr)

インタビュアー:沖 さやこ

-この曲も「Beautiful Day」(Track.6)もちょっとゆったりとしたテンポの曲で、先ほどおっしゃっていたように新しいアレンジの手法が見えます。最近はアレンジ欲も高まっているのでは。

井上:お、そう言ってもらえるのは嬉しいですね。最近は以前よりも積極的にいろんなジャンルの音楽を聴くようになっていて。EDMはまったく聴いていなかったけど、最近になってちょくちょく聴くようになったし。海外のDJ系の人の曲も聴いたりして。SHE'Sの中で多面的な音楽性を確立したいなと思ってからは、自分の知っている好きな曲を聴くより、知らない曲をいろいろ聴いている頻度の方が高い。そういう音楽の"新鮮やな"と思ったところをSHE'Sの中でなんとかでけへんかなと。

服部:そういう新しいエッセンスがあると、いままで出てこなかったものが出てきたりして"あ、こんな感じもできんねや"と思うので、それが合わさって面白いかたちになっているんじゃないかなと思いますね。

木村:曲を作るときに(井上が)自分たちにとって新しいジャンルの曲を教えてくれたりするので、自分の聴く曲の幅も広がって、刺激になってますね。

広瀬:ふたりが言うてくれたことももちろんやけど、最近は昔聴いていたような自分の好きな音楽の要素と被るところを見つけてSHE'Sの曲に当てはめてみたりもしています。ど真ん中のところを持ってくるんじゃなくて、ちょっと違うところから持ってきたり、デモからフレーズをちょっと変えたりという楽しみを織り交ぜて。今回は一番アプローチの幅が広いかなと思います。

-そうですね、ドラマチックなベース・ラインが多いと思います。SHE'Sはバンド・シーンの流れやメディアのピックアップとはまったく違うところで着実に大きくなって、認める人がどんどん増えてきているバンドだなと思っていて。それは自分たちの音楽を突き詰めてきた結果だろうなと。

井上:そういうシーンに入っていく気はあまりないですね(笑)。別に敵視しているわけでもないし、入って一緒にわいわいしたいわけでもなく。どこにいても戦える音楽でありたいし、シンプルに"音楽"というものが好きで曲を作り始めたし、バンドをやっているから。どのシーンでどう売れるためにどう戦っていくか......ということを始めたら、このバンドのかたちも存在する意味も変わってしまうと思う。いまのところそれをやるつもりもないし、考えてないですね。

広瀬:そもそも、そういうことができない(笑)。

井上:いや、やろうと思えばできるよ。それっぽい曲を書こうと思えば書けるけど、クオリティは低いやろな。たぶんメンバー全員"つまらん"と言うと思う(笑)。それよりは自分たちの好きな音楽をどんどんブラッシュ・アップしていくことを考えていますね。

-これだけの作品をこのスケジュールで作ることができたというのは自信にもなったでしょう。

井上:そうですね。今回の制作を乗り越えたのはいい経験やったなと思います。

広瀬:でもこれで"こいつら5ヶ月でもいけんねや"と思われて"次は3ヶ月"とかになったら困るわ(笑)。

-ははは。カルテットを招いた東名阪ワンマン・ツアーで、また新しい刺激が生まれるでしょうね。弦楽隊と一緒にステージに立って音を鳴らすわけですから。

服部:ストリングスが入っていない曲にも入れたいなと思っていて。それがどんな化学反応を起こすのかも楽しみやし。

木村:人数が増えるぶん余計に、リズム隊が大事な基盤やなと思うんです。ここふたり(木村と広瀬)がしっかりしてないと、上がばらばらになってしまう......。

広瀬:それは土台であるドラムのキム(木村)がしっかりしてくれたら大丈夫やから(笑)。

木村:いや、俺らはセットやん(笑)! 初めての経験なので挑戦という気持ちが大きいです。

井上:これが始まり、第1回という気持ちですね。ゆくゆくは大きなホールでオーケストラとやれるところまで進んでいきたいと思っています。