Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

KANA-BOON

2014年05月号掲載

KANA-BOON

メンバー:谷口 鮪 (Vo/Gt) 古賀 隼斗 (Gt) 飯田 祐馬 (Ba) 小泉 貴裕 (Dr)

インタビュアー:石角 友香

-へー。具体的に影響のあった先輩って?

小泉:伊地知(潔)さんはずっと好きで。でもあまり喋る機会なかったんですよ。でも年末のRADIO CRAZYで挨拶して喋って。

谷口:あ、そうなん?

小泉:そう。ひとりで行って喋って。あと、ドラム飲み会でBase Ball Bearの堀之内(大介)さんと話して、"そんなに深く考えずに楽しんでやれば、ドラムはうまくなるから。いろんな意味で考えすぎてるからシンプルにいった方がいい"って言われて、ちょっとドラムについて考えなおして、今、こういう状況にあります。

谷口・古賀・飯田:ははは!

-古賀さんは?

古賀:4月でちょうどデビュー1年になったんですけど、デビューした頃は人の目がすごい気になって、普通のフレーズを弾いてもうたら負けや!とか思ってしまったり。僕の中で"悪い古賀"がおって、一般的にいいギター、先輩から見ても悪くないギターだとかを目指してるんですけど、今回の「フルドライブ」とか、今言うと開き直ってちょっと自己中な古賀が顔を出してる......。

飯田:昔からの"悪い古賀"が、今"自己中な古賀"に出会った気がする(笑)、今の話やと。

古賀:キャッチーで真似したくなるようなフレーズは根本にあるんですけど、その自己中によって、そういう根本にある感情が表れたのかなって思います。

-今の4人を見てるとデビューの頃から1周して、またすごく楽しそうで。

古賀:確かに。

-「フルドライブ」の無敵感もそこなのかなって。

谷口:テーマみたいなのを考えたのは、レコーディング直前ぐらいに、歌詞を書いてる時で。ホントにタイトル通り、全力で走っていくっていうだけの歌ではあるんですけど、でもまっすぐ突っ走るわけでもなくて。曲の中では主人公と敵がいて、敵にどうフェイクをかましていくか?っていうか。僕ら自身、やいのやいの言われて、どう立ち向かっていくか?というか。でもこれは僕個人の人間性が出てる曲やと思います。正面切って立ち向かえるタイプではなくて、うまいことかいくぐったり、出し抜いたりとか。

-確かに谷口鮪のしたたかさが出てる気はする(笑)。

谷口:ははは。

-でも、この曲は歌詞に共感するというより、この音像も含めた状態に興奮するというか。

谷口:嬉しいですね、そういうふうにとってもらうと。ミュージック・ビデオもそうなんですけど、アクション活劇みたいなノリで歌詞も書いていって。レースっていうか、競い合ってる感じ。

-「盛者必衰の理、お断り」もそうだけど、早口ヴォーカルというか、KANA-BOONにとってヒップホップは身近なんですか?

古賀:語感をはめるっていう意味では近いんちゃうん?

谷口:曲の中でラップもやりたい願望強くて。でもなかなかやるタイミングがなくて。この「フルドライブ」でも歌詞書くの、すごい大変でした。なかなか合う言葉がなくて。出だしは"夕晩々"って入れたんですけど、それ以降が"バンバン?"って自分でも思って。歌うのも超大変でしたね。"何これ?"って(笑)。

-これまで共感度の高い楽曲が多かったから、明らかに次のステージに行ったなと思います。それは今回の3曲すべてそうだと思うんですよね。

谷口:うん。たぶん1コ成長した証というか。

-カップリングがまた好きで。「レピドシレン」って、肺魚のことですよね。どういう発想なんですか?

谷口:曲を作ったのは「フルドライブ」と同じタイミングで、これも「フルドライブ」と同じようにサビだけそのフレーズがあったりして。で、そこからもう"熱を帯びて→熱帯魚→魚→レピドシレン"でした(笑)。