Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

ASIAN KUNG-FU GENERATION

2009年07月号掲載

ASIAN KUNG-FU GENERATION

ASIAN KUNG-FU GENERATION

Official Site

メンバー:後藤 正文(Vo/Gt) 山田 貴洋(B/Vo) 伊地知 潔(Dr) 喜多 建介(Gt/Vo)

インタビュアー:佐々木 健治


-確かに、最近、DEATH CAB FOR CUTIEも含めて、よく名前見ますよね。

後藤:いいバンド探して、さまよってたら、DEATH CAB FOR CUTIE界隈にたどり着くってことが多い。

-7月に、NADA SURFの最新作『Lucky』の日本盤が出るんですよね?

後藤:『Lucky』も、メチャクチャよくて、ホントに何回も聴いているんですけど。今回、ライナーノーツも書かせてもらっているので、是非、読んでもらいたいです。めちゃくちゃいいので、是非、聴いてください。

-後藤さんが押して、今回の出演も決まった感じですか?

後藤:そうですね。NADA SURFは、ずっとプッシュしていて、去年もオファーしたんですけど、スケジュールが合わなくて、出演してもらえなかったんですけどね。

-では、伊地知さんのおすすめを。

伊地知潔(以下、伊地知):僕は、HARD-FIですね。大好きなんです。ダンスロックなんだけど、ただ楽しいって感じじゃないじゃないですか。

-そうですね。

伊地知:切ないダンスロックというか。初めて聴いた時に、「Heart To Beat」という曲が凄く良くて。アルバムも、2作目もよかったし、ライヴをまだ観に行けていなくて、やっと観ることができるので、凄く楽しみにしています。

-僕も、HARD-FIは凄く好きで、観られるの、楽しみにしています。歌詞も、どうしようもない日常を歌っていて、凄くいいですよね。

伊地知:実際、どんな人達なんでしょうね。

-あと、僕が聴いたことがないのが、清竜人さん。19歳なんですよね。どんな方なんですか?

後藤:凄くいいですよ、声が。

-シンガー・ソングライターで、基本、弾語りなんでしょうか?

後藤:レコーディングでは、バンドでやっていますけど。声がとにかくよくて、洋楽が好きな人でも、いいと思う人は多いと思います。

-19歳とは思えない?

後藤:思えないですよ。曲とかも凄くいいし、まあ、声だけでも、もう第一声だけでもね、スケールがでかい。そのうち、有名になるんじゃないですか。

山田:そんな気がするよね。

後藤:巨大な才能だと思います。

-例えば、どんな感じなんでしょう?

後藤:うーん。説明はしづらいですけど、聴いてもらえれば、分かります。一聴して、才能がある。アルバムも出たばかりだし、聴いてみてもらいたいです。

-何がどうだからいいって言うよりも、あ、凄い才能だわ、と分かってしまうというか。

後藤:そう、ああ、この人、凄いんだって。

-今度、聴いてみます。

後藤:是非。曲調は優しい感じなんですけど、多分、アレンジャーも凄い人がついてるんだろうね。サウンド的にも、クオリティが高いですよ。

-コンピレーションには、出演者それぞれ一曲ずつ収録されるという感じですか?

後藤:毎年、一曲出してもらってるからね。それぞれの出演者に、選んでもらったものを入れる。

-どういうものが入るかはまだ未定?未発表とか、新曲とかは。

後藤:いやあ、全部、未発表曲でいけたらね。こっちとしても、いろんな意味で、ありがたいんですけどね(笑)。たいがい、直近シングルとか、アルバムからとかだよね。タイミングとかもありますし。