Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

シンガロンパレード × 鶴

2016年09月号掲載

シンガロンパレード × 鶴

シンガロンパレード

Official Site

シンガロンパレード:みっちー(Vo/Gt) 晨(あした)(Ba/Cho) ジョン=エブリバディ(Dr/Cho)
鶴:秋野 温(うたギター) 神田 雄一朗(ベース) 笠井 快樹(ドラム)
インタビュアー:岡本 貴之 Photo by 川村 隼也

-今回レコーディングでうまくいったのはどんなところですか?

晨:今回は相談しながらひとつひとつフレーズによって音も変えたり、細かいところまで音作りにこだわれました。

みっちー:これまでは自分らで判断するしかなかったんですけど、それを違う耳で聴いて判断してくれる人(エンジニアやレーベル・マネージャー)が何人かいたのは大きかったですね。

ジョン:音が良かったからこそ、今まで入れていたドラム以外の打楽器を一切入れなかったんですよ。単純にベース、ギターの音がちゃんと聴こえるから、余計なものを足さんでいいよねって。自分でも納得のスッキリ具合だったので、勉強になりましたね。

晨:"シンガロンってライヴと音源が違うよね、ライヴの方がいいよね"とか言われることが前作まで多くて。今回はそれを避けようと思って打楽器を入れなかったり、ギターも不要なところは重ねないで頑張ってみたりとか、ライヴ感のある音をテーマに録れたのは良かったですね。

ジョン:"ライヴはライヴ"、"音源は音源"って分かれていたところがこれまではあったので。

神田:俺らも昔そういうところはあったよね?

秋野:うん、むしろ"ライヴの方がいいよね"って言われるのが嬉しかった。それも音源がちゃんとできたうえで、だと思うんだよね。音源がしょっぱかったからライヴの方がいいよね、というのではなくて。

神田:その温度差は俺らも埋めようとしてきたよ。ライヴのカッコよさが音源で出せるかどうかって、音質とかだけじゃないと思うんだよね。音質をちゃんと作りすぎると、"まぁいいんじゃないですか"みたいなCDになっちゃうもんね。そこの差はあるよね。

みっちー:その熱は今回うまく出して作れたと思います。『ベッドタイムガールズミュージック』(2016年4月リリースの4thミニ・アルバム)のときも言ってたと思うんですけど、テーマとしてちょっと憤りを持っているくらいの方が、曲に熱が入るんですよ。そういう意味では今回、歌とギターに関してはかなり熱は込められましたね。


アルバムを聴いて、すげぇ器用だなって思いました。どんな道を通って今の音楽に辿り着いているんだろう?って(鶴)


-鶴のみなさんは今回のアルバムを聴いてみてどんな印象を受けましたか?

秋野:すげぇ器用だなって思いました。何を聴いてきたんだろう? って。曲を作ってるのは全部みっちーなんだっけ?

みっちー:全体的な曲調とかフレーズは僕ですね。そこにふたりが色をつけてくれる感じです。

秋野:コーラスとか、難易度高いなって。俺がメンバーだったら全然やれる気がしない(笑)という内容なので、アイディアというか、どんな道を通ってきて今の音楽に辿り着いているんだろうっていうことにすごく興味がある。

みっちー:鶴は間違いなく通ってきてるんですけど(笑)。それ以外で言うと僕はオタクなところがあるので、アニソンとか戦隊モノのオープニングとか、極端に言えばCMソングとかも気に入った曲を、家でひとりで弾き語ってたりするんですよ。テレビっ子というのが一番大きいかもしれませんね。

秋野:なるほどね。じゃあ、職人がうまく作り上げたもの、隅々まで細かく作り上げられたものを聴いてきて、それを3ピースでやってるみたいな感じなんだ? それは最近の俺らにはない感じがあるよね。

神田:"ジャーン"で良くない? みたいな感じだもんね(笑)。

シンガロンパレード一同:ははははは(笑)!

笠井:しかも、日増しにそうなってるからね。今回のツアーのために昔の曲をやってみたんだけど、すげぇアレンジが難しくて(笑)。サビの入り口で止まってみたり、裏から入ってみたり。

秋野:昔は俺らも変なところで止まったり入ったり、変なところで拍を抜いたりしていて。

みっちー:たしかに、昔の方がそういう印象が強いですね。

秋野:最近の俺たちは、リズムを大きく取っちゃう曲の方が多いので。(『素敵な不摂生』は)すごく細かいところまで気を遣ってやっている印象があって。それが器用だなって。

みっちー:コーラスはすごく苦労しましたね。

笠井:これはメンバーで全部歌っているんだよね? すごいよね。もう謎のハーモニーだもん、俺には(笑)。

みっちー:たしかに、コーラスに関してはかなり難しいことをメンバーにやらせているという自覚はありますね。

秋野:みっちーはコーラスをつけるのが好きなの? ハモるのが好きなの?

みっちー:僕はハモるのが好きですね。

神田:自分がメイン・ヴォーカルじゃなくて、ただコーラスに徹するのが好きなタイプ?

みっちー:そうです。だって僕、鶴のツアーにコーラスで参加しろって言われたら喜んで行きますもん。

神田:あぁ~じゃあ完全に秋野と同じタイプだ。

秋野:うん、俺も鶴でコーラスやりたいもん。

一同:(爆笑)