Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

DISC REVIEW

Japanese

素敵な不摂生

"SUMMER SONIC 2016"への出演も話題となったシンガロンパレードの"Soul Mate Record"から2作目のリリースとなる今作は、ノリの良い演奏とキャッチーなメロディが際立った7曲を収録。1曲目の「Babyカステラ」はバンドの特徴であるコーラスを存分に発揮、間奏の展開も最高に気持ちいいポップスで、この曲を聴くだけでも3人の個性が掴めるはず。「ステキな不摂生」では気合いの入ったギター・リフとラップ調のAメロ、ディスコ調のサビが耳を惹く。「親のセンス子知らず」のムード歌謡的なギャグ路線で思いっきり笑わせておいてからグッとくる「退屈を殺したら」を聴かせるところが心憎い。曲ごとに歌いたいテーマをしっかり持っているところが、バンドの個性を印象づけている理由のひとつではないだろうか。(岡本 貴之)