Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

シンガロンパレード

2016年05月号掲載

シンガロンパレード

シンガロンパレード

Official Site

メンバー:みっちー(Vo/Gt)

インタビュアー:岡本 貴之

京都で結成し、関西を中心に活動する3ピース・バンド、シンガロンパレードが4thミニ・アルバム『ベッドタイムガールズミュージック』をリリースする。メンバー全員が敬愛するバンド、鶴が立ち上げた自主レーベル"Soul Mate Record"から初めてのリリースということもあり、バンドの特徴であるコーラス・ワークの多用、ユニークな歌詞、洒落たメロディがどの曲からもストレートに伝わってくる作品となっている。バンドを代表して、みっちー(Vo/Gt)にインタビューを行った。

-4thミニ・アルバム『ベッドタイムガールズミュージック』は4月1日(金)よりライヴ会場で先行リリースされているとのことですが、アルバムを聴いた方からの反響はいかがですか?

"相変わらず面白い"という声はいただいてますね(笑)。ふざけた感じの曲も何曲か入っているので。今まで聴いてくれていた人たちはそういう感想です。でも、バラードを1番聴いてもらいやすいように作っているので、"バラード良かったよ"という感想をもらえることもあります。

-今作は鶴の自主レーベル"Soul Mate Record"からの初リリースということになりますが、これはどんな縁で実現したのでしょうか?

もともとバンドを結成したころから、メンバー3人とも鶴が大好きだったんですよ。最初はワンマン・ライヴを観に行ってるただのファンだったんですけど、なんとかアプローチをして、去年、合計100公演も開催していた鶴の"94都道府県TOUR「Live&Soul」~もう、寂しい想いはさせたくない~"の1公演(2015年11月14日滋賀B-FLAT)に対バンとして出演させてもらいました。それをきっかけに今回のリリースの話が動き出したんです。ライヴをしに東京に行ったとき、鶴がレコーディング・スタジオにいるって聞いて、電車に乗って挨拶に行ったりもしていましたね。

-鶴のみなさんからは、シンガロンパレードについてどんな反応をもらっていますか?

ライヴを観てもらったり音源を聴いてもらったりして、"いいね"っていう感想はもらっていたんですけど、最初は"ライヴの方がいいよね"ということも言われていたんですよ。なので、なんとか今回の音源はライヴのクオリティや熱量に近づけられるように頑張りました。

-今回、鶴のレーベルから新作をリリースできるというのは夢が叶ったということですよね。

そうですね。正直、結成から4年でここまで来れたのはすごく嬉しいですね。

-Track.1「アンフォーカス」、Track.4「人事異動」を始めとしたコーラスがとても印象的ですね。

うちは他のバンドよりもコーラスの量が多いですね。鶴からもかなり影響を受けていますし、僕が80年代のディスコ系コーラスに魅了されちゃったというか、オールディーズもかなり好きなので、そこからの影響も受けていますね。このバンドを始めた当初からコーラスには力を入れていて。4~5人編成のバンドと対等にやっていくには、どうしても楽器3つ+声3つという合計6つの楽器でやるしかないと思っていたので。そういうこともあってコーラスはいっぱいやるようにしていますね。

-三声のコーラスって難しいと思うのですが、どういう役割を決めてるのでしょうか。

基本、僕の主線メロディに合わせてふたりに上と下で重ねてもらうことが多いんですけど、それぞれのキーが違うので、たまに僕がコーラスの方に移動して、ふたりが主線を歌うこともあったり、それぞれのキーに合わせた作り方をしています。常にメロディが3つあって、逆にどこを抜くかという考え方ですね。

-シンガロンパレードはどのような成り立ちでできたバンドなんでしょう?

結成したときは3人とも大学生だったんですけど――僕が留年しちゃって、ずっとひとりで弾き語りをしていたんですけど、それがつまらなくなってきちゃって。バンドをやったらもっと面白いことができるのかなあって思って、当時大学の軽音部の後輩だったふたり(晨、ジョン=エブリバディ)を誘ったのがきっかけですね。

-そのときは、ふたりにどんなバンドをやろうと話したんですか?

今、僕らの衣装ってすごく派手なんですけど、"とにかく派手に、ファンキーなことがしたい"という感じの話をした覚えはあります。

-3人とも、そういうファンキーな音楽が好きだった?

それが、3人とも音楽のルーツが全然違うんですよ。僕は父親の影響で小さいころからオールディーズやファンキーな洋楽を聴かされていたんですけど、ベースの晨(あした)はずっとJ-POPしか聴いてなくて、1番好きなアーティストはaikoなんですよ。ドラムのジョン(=エブリバディ)はもともと和太鼓をやっていて、そこからドラムに転向したんですけど、彼も1番好きなアーティストはゆずなんですよ。なのでルーツが全然違うんです。だから最初はファンキーなことをやるのになかなか苦労したというか、ふたりとも、もともとファンキー畑にいなかったので。