Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

ハルカトミユキ

2015年05月号掲載

ハルカトミユキ

ハルカトミユキ

Official Site

メンバー:ハルカ (Vo/Gt) ミユキ (Key/Cho)

-それこそ、ふたりとも髪形も変えて、ヴィジュアル・イメージも大きく変わったじゃないですか。それはやっぱり、今までのハルカトミユキ像を逸脱していこうとしている証でもあると思うし。

ハルカ:これ戦略じゃないんですよ(笑)。イメチェン的なことじゃないんですよね、全然。これも私自身が驚きたくて。自分で楽しんでるんですよ。そういう意味では、ヴィジュアル・チームも新たに探してたんですけど、最終的にナカムラさんの紹介で"GUTSON"というチームと組んだんですよ。チーフ・デザイナーの谷さんはDJでもあって、ナカムラさんとDJチームを組んでたりする人。だから、ハルカトミユキをまっさらの違う視点で、ゼロからアイディアを話し合うことができましたね。

-わかりました。この『世界』という作品で、ハルカトミユキはこの先に繋がる土台を作ったと思うんです。この先も、年内は月1で配信リリースは続いていくし、フル・アルバムも控えているわけですけど、新しい景色は見せられそうですか?

ハルカ:どんどんシンプルになっていっている感じがするんです。ライヴと音源と気持ちと、それらがひとつにまとまった感じがあるので......肉体的に考えて、あ、矛盾してるか(笑)。毎月新曲を出すだけじゃなくて、私の中では毎月新曲を"書き下ろす"っていうルールになってるんで、毎月新たにそのときの気持ちで生まれた曲を届けて行くつもりなんですよ! 1年間の私のドキュメントとして。今の私の、その先に、もっともっと新しいものが出てくるんじゃないかなっていう予感があって。自分としても楽しみですね。

ミユキ:私は、今は自分の好きな音楽の土台が見つかったので、そのうえで何ができるのかっていうのを探っていきたいなって思っています。今は新しいプロデューサーさんと一緒にやることが刺激になっていて。それに、今まで以上に素直になった分、欲も素直に出てきていて、もっと上を目指したいっていう気持ちも素直に出始めているんです。それこそ、どっからどう切り取ってもハルカトミユキでありながら、どうやったらポップスとして受け入れられるかっていうことは挑戦するつもりです。

-ポップスとして勝ちたいっていう意識は、やはり強くありますか?

ハルカ:勝ち負けっていう言葉ではないかな......。答えになってないかもしれないけど......私最近、子供のころにスターになりたいと思ってたのを思い出しちゃって。あれ、自分にそんな感覚があったんだなって驚いたんですけど(笑)。そのスター感っていうのはなんなのか、うまく説明できないんですけど。ひとつ思ってるのは、どんなに真っ暗な音楽でも、ワクワクする感じってあるものじゃないですか。NEW ORDERが大スターになっちゃうわけですもんね。だから、「Blue Monday」で手打ちのキック使ったら、あれ、これいいじゃん!って思ったと思うんですよね。そういう、ワクワクする瞬間を自分にもどんどん起こして行きたくて。その結果として、勝つっていうことが起こるならば、それはすごく嬉しいことかもしれないです。

-"スターになりたい"なんて、2年前は言ってないですよね。

ミユキ:ねぇ。

ハルカ:それこそ、小さいころの気持ちを封印してましたね、無意識です。すごく私っぽいですよね(笑)。

-ハルカさんの中のスター像って、具体的にどんなものなんですか?

ハルカ:スターは......山口百恵さんと、郷ひろみさん。

ミユキ:昭和だね(笑)。

ハルカ:ステージの上で光り輝いている人。ステージの上で生きているっていう意味で言ったら、それはもうスターになりたいです! きっと、郷ひろみさんくらいまでいっちゃうと、ステージを降りてもカッコいいんだと思うんですけど......え? なんで笑うの?

ミユキ:ふふふ(笑)。

-嬉しい驚きです(笑)。素晴らしい締めなので、今日はこのくらいで。この先も楽しみにしています。

ハルカ&ミユキ:はい、ありがとうございました。