Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

COLUMN

Halo at 四畳半 渡井翔汰の"健康で文化的な最低限度のサ活"【最終回】

2021年04月号掲載

Halo at 四畳半 渡井翔汰の"健康で文化的な最低限度のサ活"【最終回】

Halo at 四畳半

Official Site

やあ、諸君。第二回から貫いてきたこの挨拶も今回で最後だと思うとなんだか寂しいですね。これを皆さんが読む頃には4月、別れを経て新たな出逢いの季節ですね、いかがお過ごしでしょうか。

私はといえば、このコラム執筆時まさにその日に実家を出ました。お引越しというやつです。知り合いに助けてもらいながらなんとか荷物を片付け終えて、初日は銭湯で整わせていただこうかと思ったら見事に時短営業で営業終了しておりました。

今回最終回を迎えるにあたって、コロナの影響もあり、やり残したことは正直山ほどありました。サウナの聖地静岡は「しきじ」に行くだとか、この間ご紹介させていただいたチームラボとTikTokが共同開発した「アートとサウナ 六本木」に行ってみるだとか、気になるサウナは山ほどあるのです。

ただ、そもそもただサウナに入って「最高でした!」でこのコラムを終えていいのだろうか?そんな疑問が私の中にロウリュによってじわじわと上がるサ室の温度のように浮かび上がってきました。今の例えは正直なくて良かったですね。

結果私は資格を取る事にしました。そう、資格。「サウナ・スパ健康アドバイザー」と呼ばれる資格を取ることに決めました。

それからは来る日も来る日も修行の日々、毎日8時間はサウナに入りサウナとはなんぞや、この人生の意味とはなんぞやという哲学を繰り返しました。その中でサウナの師との出会いを果たし、精神はより深くサウナの世界へと足を踏み入れていきました。

そんな日々が6年ほど続いたある日、私の元に一通の手紙が届いたのです。そう、「サウナ・スパ健康アドバイザー」の合格通知でした。私は喜びのあまり震える手と溢れる涙を必死に堪え、亡きサウナの師の墓前へと向かいました。

すいません、すべて嘘です。いえ、正確には「サウナ・スパ健康アドバイザー」の資格を取ったこと以外は嘘でした。比較的簡単に取得できるとは聞いていました。しかしまさか教材(小一時間で読了)と試験問題が同時に届き、試験官もタイムキーパーも不在のまま回答して返送するというものだとは思いませんでした。

しかしながられっきとした資格なのです。資格者の証であるバッヂやカードもいただき、提携している温浴施設でお得に入浴できるようになりました。これを読んでくれているサウナビギナーの方でも敷居の高さを全く感じずに楽しくサウナを学び受験できる試験だと思います。

まだまだ元通りとは言えない生活が続きますが、いつでも心にサ室を構えて、ととのった心で健やかに生きていけますように。1年と少しの連載、お付き合いいただきありがとうございました。この清々しい気持ちを表す言葉はただひとつ!皆様ご唱和ください!

「ととのったー!!!!!!!!!!!」

Halo at 四畳半

Halo at 四畳半 2012年結成、千葉県佐倉市出身の4人組。全国各地のイベント、フェスなどライヴ活動を重ね、2018年にメジャー・デビュー。2020年1月に2ndフル・アルバム『ANATOMIES』をリリース。2021年4月3日、4日には地元のSound Stream sakuraにて主催イベントを、4月24日に同会場にて単独公演の実施を控えており、5月9日に渋谷TSUTAYA O-EASTにて開催のワンマン・ライヴをもって、バンド活動を休止することを発表している。