Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

SHE'S

2017年12月号掲載

SHE'S

メンバー:井上 竜馬(Key/Gt/Vo) 服部 栞汰(Gt) 広瀬 臣吾(Ba) 木村 雅人(Dr)

インタビュアー:沖 さやこ

唯一無二やけどルーツを継承しているプレイヤーが魅力的やと思う


-2017年のSHE'Sは"光"や"白"のイメージが強いので、"夜"という言葉にほっとする懐かしさもありました。

井上:そうですよね。この曲はインディーズ時代の「Night Owl」(2015年リリースの2ndミニ・アルバム『WHERE IS SHE?』収録曲)という曲を超えたくて作ったものなんですよ。それを超えられないことが曲が進まなかった理由のひとつでもあって。でも作っていくうちにまったく別方向の趣で作れたから、「Night Owl」を超えた/超えないではなく、気に入った曲が作れたので収録しようと思いました。

-意地でも完成させたかった理由が音楽への探求心以外にもあったということですね。そういうメンタリティはSHE'Sの男臭いところというか、ロック・バンドな部分というか。

井上:ははは(笑)。意外と(笑)。

-意外でもないですけどね(笑)。いつの時代のSHE'Sにも、みなさんのルーツであるハード・ロックやパンク、スタジアム・ロックのテイストはありますし。ただグッド・メロディや洗練されたアートワークなどが影響して、スタイリッシュなイメージが強いところはあるかもしれないけれど。

井上:自分たちはロック・バンドだというところを見せたいという想いはあって。それが「Flare」から「Getting Mad」という、いかつい並びを生みましたね(笑)。

広瀬:ルーツが見えるアーティストってすごくいいなと思うから、自分たちもそういう音楽作りたいしな。

服部:うん。好きなプレイヤーのルーツは調べるからな。それを聴いて"あ、あのプレイヤーはこういうところに影響受けてんねや"と発見できて、なおかつそのプレイヤーの音作りやフレージングのオリジナリティも再認識できる。唯一無二やけどルーツを継承しているプレイヤーが魅力的やなと思う。だから自分もそう思われたいなと思うんですよね。

木村:僕は今回の制作にあたって新しいことを勉強することが多くて。それを自分なりに消化して、アルバムに出せたんじゃないかと思います。

広瀬:最近キムからよく"バンド教えてくれ"と言われるんですよ(笑)。

服部:うん、そうやな。

-木村さんは引き続きインプット期間なんですね。

井上:キム、なんで俺には"バンド教えて"って聞かへんの?

木村:いまはまずふたりから教えてもらって、昔のハード・ロックとかそっち系を聴いてるから。順番があるから。(※かなり真剣な表情)

井上:あー......まぁ、そうやな。

服部:竜馬もそのうちうんざりするくらい"教えてくれ"って言われるで(笑)。

井上:あははは(笑)! でも最近、この3人が古い音楽を共有して、スタジオで俺を置いてけぼりにして楽しそ~うにセッションしていて......俺その間なにしたらええんやろーって(笑)。

広瀬:なにしたらええかわからんからって踊るのやめてくれへん? 困るから!

井上:歌メロもわからへんから踊るしかないねん!

広瀬:Ozzy Osbourneの「Crazy Train」を3人で合わせてたときは、竜馬が変なフレーズで途中参加してきて(笑)。あれはちょっとおもろかったな。

-ははは(笑)。井上さんがソングライターですしライヴで主にMCをなさるので、バンドのイニシアチブを取っているのかな、なんて思ってましたけど、そうでもないんですね。

井上:んー、僕が曲を作っているから"こんなふうにして"と言うことに対して主導権を持っていると言えるのかもしれないですけど......SHE'Sは誰もそういうものを持ってへん感じですね。カースト制度で言えば俺は全然下から2番目ですもん。

広瀬:一番下は?

井上:誰に聞いても同じ答え返ってくるから聞かんでもわかるやろ(笑)。なんで聞いたん!?

広瀬:俺はキムがいっちゃん(※関西弁で"一番"の意味)上やと思ってるからな(笑)!