Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

SHE'S

2017年12月号掲載

SHE'S

メンバー:井上 竜馬(Key/Gt/Vo) 服部 栞汰(Gt) 広瀬 臣吾(Ba) 木村 雅人(Dr)

インタビュアー:沖 さやこ

-井上さんの書く歌詞は真意が混じりけなく伝わるものがもともと多いですが、今作はいままで以上に伝わりやすいものが多い気がしました。

井上:同じことを言うとしても、言葉をちょっと変えるだけで伝わり方が変わるし、前後の言葉でも受ける印象は変わってくるから、そういう部分は自分でも意識して書いて。それを片寄さんに見てもらって"ここはこういう言葉を使ってもいいかもね"とアドバイスを貰ってまた書き直してみたりして、精査できたと思います。意識しながらも意識しすぎず、肩の力を抜いて素直に書けたかな。そのぶん伝わりやすくなっているのかもしれないです。「White」みたいにストレートに愛を歌うことは、いままでやってみたことがなかったし。

-そうですね。「White」はサウンド的にもSHE'Sの新境地ですし、結婚式という明確なシチュエーションのうえで書かれたストレートさには驚きました。

井上:僕もびっくりしました(笑)。でもそれこそ洋楽のラヴ・ソングなんて恥ずかしいくらいにめちゃくちゃストレートやし。海外の感覚はそういう面でも取り入れたいなと思っていたし、恥ずかしがってるのは自分だけやろというのにも気づけたので、気張らずに書けました。"White"ということもあってサウンドも白い光が教会にいる新郎新婦に降り注がれているというやわらかい表現にしたかったから、エレピを使っています。

広瀬:「White」はゆっくりな曲やけどちょっと跳ねる部分もあるし、楽器それぞれの絡み方が重要な曲でしたね。そこがいい感じにできたんちゃうかなと。

服部:作った人間が持っているイメージは大事にしたいので、(井上が)持ってきたものに寄り添って、それを良くすることが自分の役目やなとも思います。この曲もやわらかさを大事にしましたね。

-井上さんはバンドにデモを持っていくとき、楽曲の全体のイメージは考えているタイプですよね。

井上:ギターとベースはスキルがないので、デモにも簡単なものしか入れてなくて。"なんとなく入れてあるけど、ふたりの好きにしてちょうだい"という感じなんですけど、ポイントポイントで"ここはこういうふうに弾いてほしい"とお願いすることもあります。そういうとき、臣吾はあまりやってくれないですけど(笑)。

広瀬:自分の考えているものの方がいいと思うときはやらないですね(笑)。例えば「White」はデモもシンプルなベースしか入ってへんかったから"あ、どういうのを入れたらいいのかわからへんねやろな"と思ったので(笑)、シュガー・ベイブの「DOWN TOWN」のテイストを入れてみました。意外とハマっていて、いいと思いますね。

井上:昔は結構デモでフレーズや音色を決めきっちゃってたけど、最近はそういうのはやめてますね。4人全員ルーツが違って、癖もちゃんとあるから、その方がプレイヤーとしてもバンドをやるとしても正しいなと思います。......キム(木村)は結構従順なんですけどね(笑)。

-(笑)井上さんはドラムを考えるのが好きでデモでもしっかり作ると以前もおっしゃっていましたものね。

井上:そうなんです、好きなんですよ~。ドラムだけいちびって(※関西弁で"調子に乗る"の意味)作ってる(笑)。

木村:たぶん竜馬の中で、歌っていて気持ちいいリズムが細かいところまで構築されているんやと思います。スネアが一発抜けると"あれ? 抜けてない?"ってすぐ気づく(笑)。

井上:あははは(笑)! でも全然自由にしていいよとは言うてるんですよ(笑)。

木村:それだけ細かいイメージがあるならできるだけ沿いたいなと思うので、イメージに合わせて"これはハイハットではなくシンバルで鳴らしたらどうかな?"と提案したりしています。

広瀬:今回は片寄さんがいたことで、そういう収集がうまくいったんですよね。

-なるほど。今作はそれぞれの個性が出ているのもあって、楽器を弾いているみなさんの姿が自然と頭に浮かんできます。それは音がいいのも理由のひとつかもしれません。ドラムもいい音鳴りですよね。「Getting Mad」のイントロなんて特に。

木村:ドラム・テックで白根さん(GREAT3の白根賢一/Vo/Dr)がついてくださって、音作りやアレンジ面も一緒に考えてくださったんです。それもあって今回ドラムはかなり良くなったと思います。「Getting Mad」の入りのキメは、個人的に一番たまらないですね(笑)。

井上:キムは聴きながら"自分じゃないみたい"て言うてたもんな(笑)。

-ははは(笑)。「Flare」はエレクトロと生楽器のバランスが整った曲だと思いました。聴き心地がいいから気づきにくいけれど、かなり緻密に練られているなと。

井上:あ、良かった。この曲が一番構想から完成までに時間がかかったんですよ。バック・トラックはだいたいできていたから『Awakening』のときにも入れようとしてたんですけど、メロディがなかなか決まらんくて。あとはエレピの入れ具合とか、シンセをどうするかも悩んだし。トータルで半年くらいかけたんちゃうかな。作った曲がボツになるのは全然いいんですけど、"こういう曲を作りたい"と思って作っている途中に自分の実力不足で完成に至らない場合は意地でも完成させたいと思うんですよね。シンプルに探求心というか。