Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

EMPiRE

2019年12月号掲載

EMPiRE

メンバー:MAYU EMPiRE MAHO EMPiRE

インタビュアー:宮﨑 大樹

EMPiREが完成させた2ndフル・アルバム『the GREAT JOURNEY ALBUM』は、トリプル・リード・トラックを収録、MVも3作品を制作と、さらに上を目指すためにここで勝負をかけてきたという印象だ。彼女たちの姿勢を表すかのように、本作に収められた新曲たちからは新たなチャレンジを随所に感じることができる。今回、2ndフル・アルバムに迫るべく、グループの歌唱面を支えるMAYU EMPiREとMAHO EMPiREのふたりにインタビューを実施。"ライヴで強い曲が集まったアルバム"と語る本作について、新曲を中心にたっぷりと語ってもらった。

-『the GREAT JOURNEY ALBUM』は、トリプル・リード・トラックで、MVも3作品制作してと、かなり気合の入った作品になりましたね。

MAYU:EMPiREのひとつの道が見えたアルバムになったなと思います。1stアルバム(2018年4月リリースの『THE EMPiRE STRiKES START!!』)ではアーバンな感じや横ノリのグルーヴ、フューチャーポップ的な音楽に挑戦して、「FOR EXAMPLE??」とか「Donʼt tell me why」、「TOKYO MOONLiGHT」みたいなEMPiRE独自の曲が生まれました。1stアルバムの「FOR EXAMPLE??」はEDM的な曲になっているんですけど、今回のアルバムでは「WE ARE THE WORLD」がそういったところでEMPiREらしい曲になっていますね。「Donʼt tell me why」や「TOKYO MOONLiGHT」は横ノリの曲だったんですけど、"よりライヴ感の強い、ライヴで生きる曲"をということで、シングルの「SUCCESS STORY」(2019年7月リリースの2ndシングル表題曲)とか、「RiGHT NOW」(2019年10月リリースの3rdシングル表題曲)のような曲を出していったんです。そういう意味では、今回はライヴで強い曲が集まったアルバムになったとも思います。

MAHO:かなりライヴ感を重視したアルバムになっていますね。より盛り上がる、ダイレクトに伝わる曲が集まったなと思います。

MAYU:あと、新曲が7曲の全10曲(初回生産限定盤はボーナス・トラックを加えて全11曲)で、もしかしたら"アルバムにしては曲数が少ない"って感じる人もいると思うんですけど、本当に自信のある楽曲をギュッと集めて、"もう1回聴きたいな"って思ってもらえるように意識してますね。

-本作は、"EMPiREとして新しい音楽に出会っていって、さらに上を目指していく"みたいな印象があったので、タイトル通り"旅"を意識したアルバムなのかなと思いましたが、ライヴへの意識が強いアルバムなのですね。そうなると"the GREAT JOURNEY ALBUM"というタイトルになった背景が気になります。

MAYU:先に曲が上がってきて、今回もみんなで歌詞を書いたんですけど、"共闘"とか"一緒に行く"、"ここから先へ行く"みたいなメッセージが多くあったので、こういうタイトルが付けられたんじゃないかなと思います。

-なるほど、見事に予想が外れました(笑)。音楽的に、ここ最近のEMPiREは、エレクトロ、ダンス・ミュージック、ロックの融合というひとつの形を見いだしてシングルを出してきましたよね。今回はあえてその延長線には限定せず、という印象です。

MAHO:「Have it my way」とか、新しいEMPiREを見せることができる曲になっていると思っています。ライヴでも披露させていただいているんですけど、ありがたいことに反応もめちゃくちゃ良くて、お客さんの自由に踊っている感じが新しいというか、"新しいEMPiREのライヴの盛り上がり方"が見えたなと感じました。

MAYU:渋谷WOMBで無料のパーティーをやったんですけど(10月20日に開催した"EMPiRE'S GREAT PARTY Vol.0")、そのときがすごく楽しくて。「Have it my way」をそこで初披露したんです。みんなが自由に踊っているのがクラブみたいな感じで、"EMPiREとしてこういうライヴをやっていきたいな"と思いました。そういうところでも「Have it my way」は強い武器になりましたね。