Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

LIVE REPORT

Japanese

EMPiRE

Skream! マガジン 2020年02月号掲載

2020.01.05 @Zepp DiverCity(TOKYO)

Reported by 宮﨑 大樹 Photo by sotobayashi kenta

"今の6人は無敵だ"、そう感じさせた夜だった。2020年1月5日に"EMPiRE'S GREAT REVENGE LiVE"と題されたワンマン・ライヴがZepp DiverCity(TOKYO)で開催された。本公演は、昨年2019年12月19日に、同じくZepp DiverCityにて開催された"EMPiRE'S GREAT ESCAPE TOUR"のファイナル公演で、MAYU EMPiREのインフルエンザ発症により5人でのパフォーマンスとなったライヴの、リベンジ公演として行われたもの。このツアー・ファイナルは、MAYUを欠いたことにより歌割やフォーメーションを急遽変更し、5人でのパフォーマンスをギリギリまで練り上げていったことが窺え、今できる最高のライヴを見せようという気迫のこもった内容であった。そしてこの公演は、その日しか観ることができない特別なワンマン・ライヴになっていたことは疑うべくもない。それでも、EMPiREがずっと目標としていたZeppの舞台に6人で立つことができなかった悔しさは、メンバーはもちろんエージェント(※ファンの総称)にもあった様子。オープニング・ムービーが流れ始めると、あの日の悔しさを今日の楽しみに変化させるかのように、割れんばかりの歓声と拍手が沸き起こった。ライヴ本編は、この日を並々ならぬ想いで迎えたであろうMAYUの歌唱で始まる「WE ARE THE WORLD」で開幕。その表情は、遠目で見てもわかるくらいの満面の笑顔で、それはほかのメンバーも同様だった。幻想的なEDMサウンドに乗せ、歌とダンスで喜びの感情を届けていくと、初期からのキラーチューン「Buttocks beat! beat!」では、ド派手なレーザーの演出の中でMiDORiKOが"五月雨かませっ!!"のシャウトでエージェントを熱狂させる。続く「RiGHT NOW」では光と映像と音、そしてダンスと歌が融合した爆発的なエネルギーをフロアへ投下。その光景は"これぞEMPiREのライヴの真髄だ!"と評したくなるほどのものだった。

"2019年12月19日Zepp DiverCityワンマン、EMPiREとエージェントのみんなで最高の日にするはずだった1日を6人で迎えることができなくて本当にごめんなさい。渡辺(淳之介/プロデューサー)さん、スタッフのみなさん、EMPiREのメンバー、そしてエージェントのみんなのおかげで今日こうやってリベンジの機会をいただくことができました。本当にありがとうございます。こんな幸せなリベンジの機会をいただいたからには、全員で全身全霊のパフォーマンスで、今日2020年1月5日を最高の1日にすることがみんなへの恩返しだと思っています。なので、私たちのリベンジ、楽しんでいってください"とMAYUがリベンジへの想いを口にし、そんなMAYUが作詞を手掛けた「ERASER HEAD」でEMPiREのダークな一面を魅せていく。その後も、時に踊らせ、時にじっくりと聴かせてライヴは進行。フロアの熱量は増していくばかりだ。ライヴの構成や魅せ方に幅と深みが生まれてきたのは、ライヴで強い曲が集まった最新アルバム『the GREAT JOURNEY ALBUM』の功績も大きいのだろう。それでいて、ここで満足しない貪欲な姿勢は、本編ラストで披露した「A journey」の"さらなる高みを目指して/追う旅 行くさ!"と歌う彼女たちに表れていた。

本公演は、リベンジという意味ではMAYUにスポットが当たる面があるが、Zeppという大舞台で各メンバーの個性もキラリと光っていたことをもちろん忘れてはならない。持ち前のまっすぐな歌声を届け、雨女のリベンジも果たしたYU-Kiに、中毒性抜群の声質で歌い、感情を迸らせるダンスで惹きつけたMiDORiKO。そして、高い表現力と力強い歌唱で安定してショーを支えたMAHOに、アンニュイな表情と歌声に磨きをかけたMiKiNA。ダンスでグループを引っ張っていく存在になったNOWは歌唱面でも大きな成長を遂げていた。メンバーひとりひとりが個性を伸ばし、全員がスター・プレイヤーへと成長を遂げつつあるEMPiRE。『SUCCESS STORY』のインタビュー(※2019年7月号掲載)の際に、MAYUが目指したいと言っていた"アベンジャーズ"的なグループになる日も、そう遠くないのかもしれない。冒頭に記した"今の6人は無敵だ"という印象は、まさにそういう個々の力と、それらが合わさったEMPiREのひとつの完成形を見たような気がしたからなのだ。

本編終了後「アカルイミライ」で幕を開けたアンコールでは、メンバーのことやEMPiREとエージェントの関係性をテーマにメンバー全員で作詞を行った「I have a chance!!」を披露。最後は、"ラストは自由に踊ってください"(MAHO)の声で始まった「Have it my way」がフィナーレを飾った。この日最大のハイライトとも言える、クラウンに扮したダンサーを従えて、エージェントと共に踊り狂う6人の姿については、やはり"無敵"と表現せずにはいられないのである。


[Setlist]
1. WE ARE THE WORLD
2. Buttocks beat! beat!
3. RiGHT NOW
4. デッドバディ
5. ERASER HEAD
6. NEVER ENDiNG
7. FOR EXAMPLE??
8. SUCCESS STORY
9. NEW WORLD
10. きっと君と
11. Black to the dreamlight
12. ピアス
13. EMPiRE originals
14. EMPiRE is COMiNG
15. SO i YA
16. SELFiSH PEOPLE
17. S.O.S
18. MAD LOVE
19. A journey
En1. アカルイミライ
En2. I have a chance!!
En3. Have it my way

  • 1