Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

Mrs. GREEN APPLE

2016年01月号掲載

Mrs. GREEN APPLE

メンバー:大森 元貴(Vo/Gt) 若井 滉斗(Gt) 山中 綾華(Dr) 藤澤 涼架(Key) 髙野 清宗(Ba)

インタビュアー:石角 友香

-大げさに言うと憲法みたいな曲ですよね。

一同:(笑)

大森:それ......ははは! 面白いな。僕らがこれから話すことよりもすごい言葉すぎて、それが太字になってもおかしくない(笑)。

-いや、"~ですよね"って言い方は卑怯でしたけど、私は「パブリック」を初めてライヴで聴いたとき、そういう印象を持ったんです。

大森:ははは。嬉しいですね。そうかもしれないですね。そのぐらい僕らの強い言霊が宿ったものを曲として、今回の盤に入れ込んだので、ものすごい濃度になってると思います。マスタリングを終えた瞬間に、いい意味で自分たちの曲じゃなくなったというか。"盤になった"、一般的に言うCDになった瞬間が、ものすごく尊くて、気持ちが"うわー"ってなったんです。だから自分たちでも気づけていない部分がたくさんある作品だと思ってて。

-うん、なんかゼロ地点というか。

大森:自分で言うと語弊がありますけど、"すごい盤ができちゃったな"って思います。

-そもそも「パブリック」ってどういう発端でいつごろできた曲なんですか?

大森:2013年ぐらいからちょっとずつライヴハウスにもしっかり出れるようになって、バンドの活動が本格的になり始めたころなんですけど、高校生だったのでいろんなことを思ったんでしょうね。自分は"音楽で生きていく"っていう考えで、高校は通信制を選んだ身なので、すべての核となる覚悟みたいなものが環境的にも定まったというか。そういうときに"人というものは"という概念みたいなものを――もともと自分が持ってる思いと、誰かが持ってる思いのような、人間のいろんな部分を自分のアンテナがキャッチするようになって、自分のこととしても感じられる時期に作った曲です。意識して書いたことではないんですけど、気持ちが高まったときに勢いよく作って、歌詞を改めて見たら、もうこの歌詞だったっていうのが感覚として1番近いと思います。今回「パブリック」を入れることになったのは、やっと自分たちの中で噛み砕けるようになったからで......これまでは噛み砕けてなかったよね? 演奏も、歌詞も。

-みなさん噛み砕けました? 盤にしたことで。

藤澤:そうですね......上辺だけの演奏になっちゃ絶対いけないなと思ってましたし。この『TWELVE』を作ることになって、曲ができ上がったときにそれぞれがすごく歌詞を読み込んだり、"これってどういうことだろうね?"みたいなことは話し合ってしっかり受け止めて。もちろん受け止め方っていうのはそれぞれ違うだろうし、お客さんもこの曲たちを聴いてどう受け取るかはその人の生活感だったり、その人の歩んできた人生でもちろん違うと思うんですけど、しっかりと伝えたいものがあるっていうことを全員が共有したうえでアルバムには臨めたのかなとは思っています。

-アレンジやプレイに関してはどんなことを考えました?

藤澤:例えばTrack.6「私」っていう曲があるんですけど、これはミセスが今までライヴでも音源でもなかなかやってこなかった雰囲気を持っている楽曲で。どう表現したらいいか、どう演奏したらこの曲ができるんだろう?っていうのがずっとやっていてもわからなくて。こういう雰囲気の曲はちゃんと生のピアノで表現した方がいいよねって自分でもいろいろ考えたうえで決めました。アコースティック・ピアノって今までレコーディングで使ったことがなかったんですけど、昔からピアノをやっていたので、これを機にしっかりもう1度練習して、この曲を表現できるようにやろうっていうのはすごく考えましたね。

-なるほど。Track.4「藍(あお)」の混沌とした感じもすごいですね。

大森:(笑)「藍」とTrack.12「HeLLo」は、自主盤1枚目の『Introduction』(2014年リリースのライヴ会場限定ミニ・アルバム)に入ってたんです。「藍」はすごくアレンジ変えたよね?

若井:他の曲みたいになっちゃうぐらいアレンジはしましたね。僕が「藍」の全編にタッピングを入れてみたり、涼ちゃん(藤澤)がずっと16でスケールを弾いてみたりっていうのは、めちゃめちゃやりました(笑)。

-あれ、タッピングなんですね。なんか同期かと思いました。

大森:同期も使ってるんですけど、極力使わないようにしました。「藍」に関してはもう、ギターのタッピングは始まった瞬間から終わりまで全編なんで。そういう曲ってあんま聴いたことないなと。聴いたことなかったらか、きっとできたら面白いよなって思うのと、学生さんたちに"コピーして欲しい"っていう欲がすごくあって。それってバンドとしても夢じゃないですか(笑)?