Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

ハルカトミユキ

2014年06月号掲載

ハルカトミユキ

ハルカトミユキ

Official Site

メンバー:ハルカ(Vo/Gt) ミユキ(Key/Cho)

インタビュアー:天野 史彬

-じゃあ「その日がきたら」ができるまでの模索期間っていうのは、2人とも悩む部分が多かったんですね。

ハルカ:(ミユキに向かって)悩んでた(笑)?

ミユキ:ハルカはかなり悩んでましたね。顔でちょっとヤバいっていうのがわかるぐらい苦しんでて。でも、歌詞では何も助けられないので、私は別の楽曲の表現方法を考えたりしてて......悩んでたのはハルカじゃないかな。

ハルカ:ふふふ(笑)。

-ハルカさんにとって、「その日がきたら」ができるまでの苦悩は、何が1番自分を悩ませるものだったのか、具体的に言葉にすることはできますか?

ハルカ:あー......「その日がきたら」は歌詞からできたんですけど、まず、言いたいことの軸があったんですね。それは"究極のラヴ・ソング"っていうことだったんですけど、曲をつけていく段階で、"もっとわかりやすくしたほうがいい"って言われたりして、歌詞を変えていかなきゃいけないっていうことになって。その中で、内容も二転三転していってしまって。そうすると、元々あった気持ちと変わってしまうところがあるから、それだったらこの曲じゃなくていいんじゃないかって思うところもあって......。それで途中でわかんなくなったんですけど、軸を変えてしまったらこの曲を作っていく意味がないとも思ったので、歌いたいことと表現の仕方の葛藤が1番大変でしたね。で、今の形になるまでに何度も歌詞を書き換えたんですけど、最終的に、最初に私が書こうと思ったものから軸は少しも変わってなくて。だから、それだけを守るために悩んだっていう感じでしたね。

-どうしても守りたかった"究極のラヴ・ソング"っていう軸が生まれたのはどうしてだったんですか?

ハルカ:"究極のラヴ・ソング"を書こうと思って書いたわけじゃないんですけど、先に歌詞......というか、詩を書いてたんです。そこで出てきた中に、この「その日がきたら」の元になってる"世界が終わっても君だけを守る"っていうキーワードが出てきて。その時点で、これは私にとっての究極のラヴ・ソングになるぞって思って書き始めました。

-じゃあ逆に言うと、「その日がきたら」を完成させるまでの苦悩っていうのは、"世界が終わっても君だけを守る"っていう、そのひと言を言うための道筋を作るための苦悩だったとも言える?

ハルカ:うーん............私の中ではそれが1番言いたいこととしてあったんですけど......そこに行くまでのストーリーっていうことですかね?

-ストーリーというか、"世界が終わっても君だけを守る"っていう、そのひと言を言うには、もっとその背後や横にある様々な気持ちも表現しなきゃいけないじゃないかっていう。

ハルカ:ああ、なるほど。でも、どっちかと言うと削ぎ落とす方向で悩んでましたね。最初は他にもいろんな要素が入ってきてて。それで結局言いたいことが薄れていくっていうことが起きて。でも、そこをどんどん削ぎ落としてシンプルにしていくことで、言いたいことを1番強く言うっていう。その作業が大変でしたね。

-この「その日がきたら」に関して資料には、"破壊、喪失、そして覚悟や自覚、再生、誕生をテーマに歌った新曲"って書かれてますけど、こうした破壊から再生への道筋を辿ったストーリーを描くっていう構成をとったのは、どうしてだったんですか?

ハルカ:この曲を私は大切な人に向けたラヴ・ソングとして書き始めたんですけど、書き終わって完成してみると、最終的には私の"歌"っていうものに対してのラヴ・ソングにもなってて。自分の歌とプライドを、世界が終わっても守るっていう、そういう意味でのラヴ・ソング。で、そこに辿り着くために今あるものを壊さなきゃいけないっていうのは、実際にこの曲を作ってる最中に自分の身にも起こっていたことなんです。それまであった自分の既成概念とか固執したイメージとか、そういうものを壊しながら、自分自身を剥ぎ取りながら書かなきゃいけなかった。その経験自体が歌詞になったんだと思います。それが、自分たちを壊してもう1回生まれ直すことで、本当にど真ん中にあるものだけが残って、それを守りたいっていう気持ちに繋がっていったんだと思います。