Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

鶴 × シンガロンパレード

2016年08月号掲載

鶴 × シンガロンパレード

シンガロンパレード

Official Site

"94都道府県ツアー"の開催、アルバム『ソウルのゆくえ』のリリースを経て、休む間もなく新たな挑戦、新曲のみで構成する東名阪ワンマン・ツアー"TOUR 2016「ニューカマー」~94都道府県、その後~"を行った鶴。さらに、そこで生まれた曲たちを改めてスタジオ・レコーディングしたアルバム『ニューカマー』が8月10日にリリースされる。その完成を記念して、今回は"Soul Mate Record"のレーベルメイトであり後輩バンド、シンガロンパレードとの対談を実施。シンガロンパレードが聴いた『ニューカマー』、憧れの先輩バンド 鶴の魅力について。まずは両バンドの出会いから6人でワイワイ、思う存分語ってもらった。

鶴:秋野 温(うたギター) 神田 雄一朗(ウキウキベース) 笠井 快樹(テンパリドラム)
シンガロンパレード:みっちー(Vo/Gt) 晨(あした)(Ba/Cho) ジョン=エブリバディ(Dr/Cho)
インタビュアー:岡本 貴之 Photo by 川村 隼也

-シンガロンパレードの3人はもともと鶴が大好きで、自らアプローチして対バンをするようになったのが"Soul Mate Record"からのリリースに繋がったそうですね。

みっちー:ざっくり言うと、"つきまとった"という言い方が正しいですね。

笠井:そんなに!? そんなにつきまとってたんだ(笑)。

みっちー:結成した2012年くらいに、ジョンが"バンドをやるうえで参考になりそうなバンドがいて、京都でワンマンやるんで観に行きませんか"って。そこで初めて鶴を観たんです。

笠井:ジョン君発信だったんだ?

秋野:へぇ~!

ジョン:僕はアフロのときからライヴに通っていたので、僕が一番つきまとってたんやと思います(笑)。

みっちー:それで京都MUSEにワンマンを3人で観に行ったのが最初ですね(※2012年7月8日開催の"TOUR 2012 「我がまま ~我は行く、さらばアフロよ~」")。だから初めて3人で鶴を観たときはすでに"脱アフロ"でした。

秋野:そのときのツアーは俺たちもどうしていいかわかんなくて、"我がまま"というよりも"戸惑い"のツアーだった(笑)。

みっちー:それ以来、バンドとして鶴を目指していこうと。それから2年後に、晨がダメ元というか元ダメ、もともとダメくらいの感じで(笑)森田さん(鶴のマネージャー)に"僕らの企画をするので、まだ2年そこそこのバンドですけどすいませんけど鶴に出てもらえませんか?"ってメールして。それは実現しなかったんですけど、森田さんから"今後ともよろしくお願いします"みたいな返事をいただいたので、なんか女子に告白してフラれたけどこれからも友達でいようね、っていうのを真に受けた感じで"あ、いいのね? 友達で?"って思ったんですよ。そこから"とにかくアピールしようぜ"ってなって、京都磔磔とかに鶴が来たときにズカズカ楽屋まで挨拶に行ったりして。僕らが東京に行ったときとかも、鶴のレコーディング・スタジオに用もないのに僕がひとりで行って、"東京に来てます"という報告だけして帰ったり。

一同:ははははは!

ジョン:そのあと、神田さんがライヴを観に来てくれたんですよね。

神田:行った! 渋谷に。終わったあとにメンバーとマネージャーに、"めっちゃ良いバンドだったよ"って話して。

みっちー:そこからでしたね、ちゃんとお話できるようになったのは。

秋野:最初に対バンしたのって京都だっけ?

晨:そうです。そのあと僕らがオープニング・アクトとして京都MOJO(※2014年8月28日開催の"エレキサーカス47~スペシャルスリーマン~")でご一緒させてもらって。

秋野:あぁ、黒猫チェルシーとTAMTAMも出たイベントだ。

ジョン:めちゃめちゃ緊張したよね(笑)。

みっちー:もう、ふわっふわ。地に足がついてなかった。

笠井:それから京都に行くたびに一緒に飲んでるよね?

一同:(笑)

-シンガロンパレードは鶴の音楽からどんな影響を受けているのでしょう?

みっちー:鶴を教えてもらう前から、好きなバンドに3ピースが多かったんですよ。Analogfishとかキャプテンストライダムとか。それで鶴のライヴを観に行ったときに、"ここまでできるの!?"って、3ピース・バンドの可能性を見せられた気がして。そこから一気に好きになって過去作を聴きあさりました。でも、最初に観たときが脱アフロしたあとだったので、昔の作品を借りてきたときに別のバンドと間違えたのかと思ったんですよ。

笠井:そうなるよね(笑)。意味わかんないもんね。

みっちー:今でも覚えているのが、オフィシャル・サイトに"アフロ辞めます"みたいな感じで載ってたじゃないですか? そのときに祝辞でサクラメリーメンの(小西)透太さんからコメントが来ていて。僕はそのころから透太さんと一緒に劇団をやってたんですよ。そこで繋がったんで、"これは絡みにいけるな"と(笑)。