Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

COLUMN

空想委員会の「三浦、佐々木、岡田という人間」【第13回】

2017年08月号掲載

空想委員会の「三浦、佐々木、岡田という人間」【第13回】

三 浦 の 格 言

「暗転って素晴らしい」

「デフォルメの青写真」というアルバムをリリースし、それのリリースツアーをやってます。元々ただ楽しいだけの曲よりも、曲の世界観に引きずり込まれて抜け出せなくなるような曲の方が好きな私。アルバムに収録されている「罪と罰」という曲をライブでやるにあたって、私のやりたい事がより明確になりました。
で、ライブでとても大事なのが完全なる暗転。真っ暗になる瞬間がとても好きです。ずーっと明るかったのが急に暗くなると五感の一つが奪われます。そうするとより一層他の感覚が研ぎすまされるような気がするのです。一瞬視覚を奪う暗転。本当に素晴らしい。是非ライブで体感してみて欲しいです。

佐 々 木 の 一 品


どうもギターのナオヤです! 絶賛ツアー中の空想委員会、今回は香川で食べたのを紹介!はい!こちら!


うどん!!! ドドド定番ですが、本当に美味しかった...... こちらは『黒田屋』さんの肉うどんです。安いのはもちろん、他に味噌ダレで食べるおでんが1本100円で安いし美味しい。灼熱最高だったよ!

岡 田 語 録

『ニンテンドータッチ初めてやった!!楽しい!!』

<解説>
それニンテンドースイッチの事ですかね。タッチだとDSですよ。

<岡田語録とは>
物事を、なんとなく雰囲気で覚えてしまう岡田が繰り出す独特の日本語の事である。