Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

MAGIC OF LiFE

2016年09月号掲載

MAGIC OF LiFE

MAGIC OF LiFE(ex-DIRTY OLD MEN)

Official Site

メンバー:高津戸 信幸(Vo/Gt) 山下 拓実(Gt) 渡辺 雄司(Ba) 岡田 翔太朗(Dr)

インタビュアー:沖 さやこ

-高津戸さんの歌声もいつもとは違った印象があります。

高津戸:あ、狙いどおりでよかった(笑)。僕は曲と歌詞に合わせて歌いたいタイプなんですけど、曲を書いているときの感覚で歌いたいので、2曲とも童心でいたずらっ子な感じが出せたかなと。自分がいつでもわくわくドキドキしていたい。そういう感覚で幅広くいろんな曲を書いていきたいですね。

-前にお話をうかがったときも"いつでもわくわくドキドキしていたい"とおっしゃっていましたよね。

高津戸:そうか、それは常に思ってることなんだろうな。前回インタビューしてもらってからの1年半、わくわくドキドキすることばっかりやってきたし(笑)。それが僕らのテーマなのかもしれないですね。GIFT MENもなかなかお互い時間が取れなくてたくさんは動けないけど、親父になってもできるバンドだと思うし。いつか海外ツアーもやりたいですね。

-ラストに「音無き言葉」があることでアルバムとしてもきれいに着地しているなと思います。昨年7月に配信限定でリリースされていますが、シングルとして単体で聴くよりも沁みるものがありました。

高津戸:おぉ、それはアルバムの良さですね。この曲は自分が喉を壊してしまったときに思ったことを曲にして――本当に今回のアルバムはずっと聴けるんですよね。僕はアルバムを作るプロセスが好きだから、できあがったらそこで完結してすぐ次の作品のことばかり考えちゃうんです。でもこのアルバムはできあがったあともずっと聴いてて。自分でもいいアルバムだと思います。これはMAGIC OF LiFEの生き様ですね。

岡田:バラエティに富んだアルバムになったので、ライヴでそれをどう反映させるかも挑戦だなと思います。ただ曲を演奏するだけでなく、ちゃんとエンターテイメントとして人を喜ばせるということを追求していきたいです。

高津戸:そうだね、エンターテイメントだね。仮装でもする(笑)?

岡田:そうですね、仮装したいと思います(笑)。僕はドラマーなので、高木ブーさんの雷様みたいな格好とかしたいなと思ったりもするんですよねぇ。

高津戸:雷様ってコントじゃん(笑)! お客さんが「音無き言葉」で感動できないよ? クレームきちゃうよ。

岡田:ははは! そのライヴの次の日に"脱退のお知らせ"が出ちゃいますね(笑)。

高津戸:もう脱退やめて(笑)!!

-(笑)たしかにメンバー・チェンジもありましたが、今こうしていいメンバーでバンドをやれているなら、すごく幸せなことでは?

高津戸:MAGIC OF LiFEとしてはこの4人がオリジナル・メンバーですからね。それが改名して一番良かったことです。今回もいいアルバムができたし、大切に思える人がそばにいてくれる。曲を書くとき、常に大切な人を思い浮かべてないと、いいものは作れないと思うんです。家族以上の存在、運命共同体なんですよね。今、周りに大切な人たちがいるから僕は曲を書けていると思うんです。弱音も吐けるしかっこ悪いところも見せられるし、そのぶんかっこよくいたいとも思えるし。曲を書き続けられるのは、大切な素晴らしい仲間がそばにいてくれるからで――それが一番幸せなことですね。