Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

indigo la End

2016年06月号掲載

indigo la End

メンバー:川谷 絵音(Vo/Gt) 長田 カーティス(Gt) 後鳥 亮介(Ba) 佐藤 栄太郎(Dr)

インタビュアー:沖 さやこ

-もう......ミジンコじゃないですからね(笑)。

長田:とうとう普通のツッコミがきた(笑)!

一同:はははは!

-ポップ・ミュージックしか聴かない人も、コアな音楽しか聴かない人も唸らせるアルバムになっていると思います。

佐藤:だといいんですけどね。いい意味でひん曲がったリスナーは結構多いから(笑)。

川谷:こんなアルバムを作れるバンド、まずいないでしょう。なんなら俺らが一番、人として屈折してるよ(笑)。

-たしかに。屈折してる人でないとこんなアルバムは作れないですよ。

長田:それ、褒め言葉ですか(笑)?

-褒め言葉です(笑)。時代に受け入れられやすい曲を作るなど、ラクな道を進むのが一般的だと思います。

川谷:売れるためのダサさが裏テーマにあるようなメロディが俺は作れないので、俺にとってはこれがラクです(笑)。

-わかりました(笑)。全国ワンマン・ツアー"インディゴミュージック"ではライヴハウスでの楽しみ方の新しい価値観が生まれそうですね。

川谷:そうですね。「心雨」(Track.13)でダイヴします(笑)。

長田:栄ちゃんがワイヤーで吊るされて(笑)。

川谷:「music A」でクラウド・サーフします(笑)。

-またそういうことを言う(笑)。無垢な子たちは信じちゃいますよ。

川谷:年々、真面目なことが喋れなくなってきてるんです(笑)。音楽を作ったらそれで満足しちゃって、自分から発信することができなくなってきたなと。誰かに音楽の素晴らしさを語ることができなくて。音楽そのものだけでもういいかなって。

佐藤:ああ......そうだね。俺らの気持ちは曲を聴いたらわかってもらえると思う。

川谷:だから、どんどんインタビューでふざけることしかできなくなっていく(笑)。本当に喋ることがなさすぎて。やりたいようにやっただけだから、"こんなふうに作りました"とかわからない。まあ、できたから......というか、俺は間違わないから(笑)。

長田:"俺は間違わない。でも、ミジンコだ"......(笑)。

佐藤:こう言ってますけど謙虚です(笑)。

-(笑)おっしゃるとおり、聴けばindigo la Endというバンドのメンタリティが存分に味わえる作品になっていると思います。もう次の曲作りは始まっているんですか?

川谷:もう始めてます。『藍色ミュージック』とは全然違いますね。今あるストックは結構全曲激しいかな? 激しいのかな? よくわかんないよね。

佐藤:エモーショナルではあるけど。元気な感じだね。爽やかな感じ。

川谷:爽やかかなあ(笑)!? このアルバムより激しい音像になってますね。

後鳥:疾走感はありますね。

長田:たぶんまた、僕らのイメージがだいぶ変わると思います。

川谷:『藍色ミュージック』を更新してるよね。曲作りを進めてるところなので、またそこで新しいことをやろうかなと思ってます。過去のindigo la Endは全然聴けないので(笑)。

-まーた、そういうブラック・ジョーク(笑)。過去あってこその今ですよ。

川谷:そうですね、昔があって今があるんでね。たまに聴くといい曲あるし。

長田:あるある、全然あるよ(笑)。

川谷:『あの街レコード』の曲......「アリスは突然に」とかすごくいい曲だと思うし。『夜に魔法をかけられて』(2013年リリースの1stアルバム)の「スウェル」とか。

後鳥:「抱きしめて」もいいしね。

長田:俺、『渚にて』(2012年リリースの2ndミニ・アルバム)とかアルバム的に結構好きだよ。

川谷:うん。「楽園」とかいい曲だもんね。

後鳥:......どの時代の曲も好きなんじゃん(笑)。