Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

グッドモーニングアメリカ

グッドモーニングアメリカ

グッドモーニングアメリカ

Official Site

メンバー:渡邊 幸一(Gt/Cho) 金廣 真悟(Vo/Gt) たなしん(Ba/Cho) ペギ(Dr/Cho)

インタビュアー:荒金 良介

-渋谷O-Crestでよくライヴをやっていた時代を振り返って、どうですか?

金廣:たなしんがMCを始めたのはCrestですからね。自分たちに何が足りないかを話し合ったときに、ベクトルを変えるような奇抜なことをやろうと。それでたなしんがやればいいじゃんって。

渡邊:初めてサングラスをかけたのもCrestでしょ?

たなしん:うん、それは少しあとだけどね。

金廣:平野さんにかけろって言われてね(笑)。

-ははは。

金廣:以前のライヴは毎回違うことをやって、ブレブレでしたからね。それで、平野さんから3ヶ月は同じことを続けろと言われて、加えてCrestの室さんさんが言ってくれた言葉も信じてやってました。

-他にはどんなことをやってました?

金廣:俺が喋ったり、ペギが喋ることもあったかな。

渡邊:まあ、基本的にたなしん周りが多かったですね。登場だったり、途中で"ファイヤー!"をやったりね。

たなしん:金廣の歌がいいのはもちろんですけど、それで反応が良くなって、ライヴにも勢いが出てきたんじゃないかな。特にCrestに出てるバンドはうまい人たちが多かったので、俺らはワーッ!とやって注目を集めようと。あと、イベントを企画して、横の繋がりをどんどん広げていくことも、他のバンドはあまりやらなかったことじゃないかな。そのあとに『空ばかり見ていた』(2010年10月リリースの1stミニ・アルバム)を出すという。

-そのころには手応えを感じ始めました?

渡邊:まだそこまででしたね。この方向で進もうと決めて、ちょっとずつ動き始めた感じです。

たなしん:ツアーや対バンを経て、固まった方向性にどんどん磨きをかけようと。

金廣:県外やCrestでの繋がりでツアーにも呼ばれるようになり、for better, for worseをやっていたころの状況に近づいていきました。

-for better, for worseに近い状況とは?

金廣:ツアーを回り、自分たちのお客さん以外の前でライヴをやり、そのお客さんが徐々にファンになってくれるみたいな状況ですね。

平野:ギター・ロック界隈で横の繋がりができたんですよ。

たなしん:そこで新しい畑に行けた変化は大きかったですね。

-またそこでもらう刺激も大きかったですか?

金廣:みんなうまいですからね。メロディがいいのは当たり前で、その中で勝たなきゃいけない。それが前提でみんな個性的でしたからね。そこでもっと上に行くためには何が必要かなと。メンバーそれぞれ考えていたと思います。『空ばかり見ていた』ではそこまで考えてなかったんですけど。

-その当時自分たちが必要だと感じたものとは?

金廣:バンドのモットーとして、"開いていく、届けていく"という気持ちになったのはこのころですね。要するに閉じて勝手に聴けというバンドではなく、聴き手に寄り添って、わかりやすくという意識はありました。

ペギ:俺が覚えているのは、『空ばかり見ていた』のレコ発が下北沢ERAであったときに、物販に行列ができたんですよ。あっ、こんなことが起きてるんだと。今まで行列なんてできなかったですからね。それでバンド活動にも意欲的になれたし、それは曲作りにも影響を与えたと思います。このときお客さんはこういう曲が好きなんだなと感覚を養えたことは、『ウォールペーパーミュージックじゃ踊りたくないぜ』(2011年7月リリースの2ndミニ・アルバム)にも繋がるんじゃないですかね。

-なるほど。

渡邊:"開いていく、届けていく"という活動を始めて、『ウォールペーパーミュージックじゃ踊りたくないぜ』ではライヴでこういう曲があれば、お客さんは盛り上がりやすいんじゃないの、というところを意識しました。

-現在のグドモ節に通じる礎ができたと言えますか?

金廣:そうですね。もともと"ミサイルをぶちかましてぇな"というアルバム名で2011年4月に作品を出す予定だったんですが......。

-ああ、白盤だけもらいました(笑)。

金廣:それが震災の影響で出せなくなり、『ウォールペーパーミュージックじゃ踊りたくないぜ』のときに俺は圧倒的に四つ打ちをしたくなくて。でも俺以外は満場一致でサビは四つ打ちでしょって。俺はまだお客さんに届けることに対して、"開いていく、届けていく"という作業ができなくて。

-葛藤はあったんですね。

金廣:いいものはいい、かっこいいものはかっこいいから。でもバンドの方向として満場一致なら、サビは四つ打ちにしようと。それで、歌詞はその曲を批判する内容を書いて。