Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

Mrs. GREEN APPLE

2015年07月号掲載

Mrs. GREEN APPLE

メンバー:大森元貴 (Gt/Vo) 若井滉斗 (Gt) 山中綾華 (Dr) 藤澤涼架 (Key) 髙野清宗 (Ba)

インタビュアー:石角 友香

-そこで何を聴かせたいのかというと、メッセージ?

大森:そうですね。最終的には歌詞だと思います。「StaRt」とかも相当、サウンドがポップなんですけど、言ってることは幸せに対する概念だったりするので、そういうのって難しい内容だと思うんですよ。簡単なんだけど、身体の中に入るまでは時間のかかる内容だと思うので、いかにサウンドをポップにできるか?っていうのはこだわったりしましたね。

-意味とか定義づけにより、まず曲自体が大森さんの中で鳴ってるのかも。そうでなかったらこんな軽快な人なわけないし(笑)。

大森:そうなのかな(笑)。1周回って軽快なのかもわかんないですけど。

-ご家族にはどういうふうに言われるんですか?

大森:なんだろ、言葉遣いとか......結構むちゃくちゃなこと言うじゃん? たぶん1番被害者だと思うんだけど(若井を見て)。

若井:"学校休んでうちに練習しに来いよ"とか。あのとき、卒業ギリギリだったんで。でも、実はそういうことも自分にとってはプラスだったり。

大森:だから優先順位ってものをつけちゃって。やりたいこと決まってて、その手段がわかってるのにやらない意味がわからないことなので。っていうふうにお母さんに言うと怒られちゃうんですけど。

-演奏面で手応えを感じている曲と理由を教えてください。

藤澤:僕はTrack.2の「リスキーゲーム」。事実上3回目の収録にはなるんですけど、ミセスにとってもとても大事な楽曲だと思いますし、最初は自分もキーボード始めたばっかりで、アレンジもどうしたらいいかわかんなかったんですけど、今回は自分でもいい音色を見つけられたなというか、曲とマッチしたキーボードが入れられたなという感触はあって。音色的には楽しい楽曲になってると思います。

髙野:僕は「L.P」。歌詞の内容とかも哀愁があるというか、憂いについて歌ってる曲でもあるんですけど、実はドラムは同期のドラムと生のドラムと、それにベースがすごくタイトに絡むというか。空気感を大事にしてて、レコーディングのときもブレイクのキメのところとかも、目合わせながらやったりとかして。レコーディングのときの空気感も1番緊迫してたというか緊張感があって。

若井:僕は「StaRt」で、初めてギター以外の楽器......バンジョーを入れてるんですけど。「StaRt」のレコーディングのためにバンジョーを1ヶ月ぐらい前に買って、練習してレコーディングしたんで、挑戦的というか思い入れのある曲になってますね。あと、途中でギター・ソロがあるんですけど、そこでいかにロックを織り交ぜるか、自分のエキスを入れられるか?を意識してやりました。

山中:私はTrack.5の「ゼンマイ」ですね。唯一の癒やし曲というか、唯一、私がコーラスで入ってる曲なんです。普段は元貴が全部コーラスも入れるんですけど、初めて女の子の声を使いたいって言ってもらって、重ねた曲で。いかに元貴に寄り添えるか、いろいろ、かわいい声を頑張って出せと言われ続けて録った曲ですね。

-そして大森さんは作者なんでアレですが。

大森:最後の「道徳と皿」が、1番最後に書き下ろした曲で、レコーディング中、1週間前とかにできた曲で。すげぇ迷惑かけた曲なんですが。「道徳と皿」ってタイトルをつけたいのは決まってたんですけど、それに見合った曲が書けなくてですね、何回もボツにしてて。なんかその......コンセプトとしては喜怒哀楽が終わったあとの、それを超えたもの、どれが大事で何を見て何を感じてっていうものを表現したかったし、ロック・サウンドなんだけど、やっぱりポップでありたかったし。なんか難しいメロディなんだよね?たぶんこの6曲の中では難しいメロディで複雑な構成なんですけど、ま、なんか違う、もう一歩次に繋がる曲をここで書かなきゃいけないなと思って。

-"道徳と皿"って言葉が浮かんだんですか?

大森:はい。アルバムのジャケットが僕の案なんですよ。相当わがまま言わせてもらって。スケッチに描いてですね、果物が皿の上に乗ってて、いろんな色があってっていうのを、ま、"果物=道徳"にかけてるんですけど。ジャケットもいつ落ちてしまうかわからない、崩れてしまうかわかんないっていうテーマがあって、ちゃんとそこに結びつけたかったんですよね。ジャケットからアートワークから楽曲、全部、伏線回収できる楽曲にしたくて。

-世界観が頭の中にあるんですね。

大森:全体図を作んないと曲が書けなかったりするので。今回も"Variety"っていうアルバム名が決まってから書き下ろしたんです。

-大森さんの中にコンセプトがないと、アルバムを聴かせる意味がないと?

大森:はい。そうだし、作れないと思います。純粋に。