Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

BRADIO

2014年07月号掲載

BRADIO

メンバー:真行寺 貴秋 (Vo) 大山 総一 (Gt) 酒井 亮輔 (Ba) 田邊 有希 (Dr)

インタビュアー:山口 智男

-ちょっとハード・ロックっぽいですよね(笑)?

大山:そうですね(笑)。そういうのもおもしろいかなぐらいの発想で、ハード・ロック感満載のソロを入れてみました。

-それまで軽快にカッティングしていたギターがサビで歪み全開で轟音で鳴るとかっこいいですよね。

大山:ありがとうございます。ちょっとやりすぎかなとは思ったんですけど、誰も止めなかったんでいいかなって(笑)。それと、この編成だとコード感を出すのはやっぱりギターなので、メロディが1番気持ちよく乗るコードを、今回はかなりこだわって作りました。

-ヴォーカルはファルセットからシャウトまで強烈なインパクトがありますね。

真行寺:基本、僕は自由にやらせてもらっているので、やりたいようにやっているだけなんですけど(笑)、今回は前作同様、歌詞でも、誰かのためにライヴでも言葉を届けられるようなものができないかなと思って、前向きな歌詞と人に投げかけられるような言葉を意識しました。自分の中のテーマとして、誰かのためにというのがあったんです。歌を始めた頃は、超うまくなりてえってチャラい感じで練習してたんですけど、最近は歌がうまいだけじゃ何も届かないなって。やっぱり言葉を発して、初めて歌になるわけだから、ライヴハウスでも歌として投げた言葉をキャッチボールができれば1番いい景色が見えるのかなと考えて、オノマトペを含め、歌いたくなるようなフレーズを意識して、歌詞を書いたんですよ。

-歌を聴きながら、前向きというテーマはものすごく伝わってきました。ただ、前向きなんですけど、真面目すぎないところがいいですよね。

真行寺:基本、ふざけているんで(笑)。ふざけているというか、言葉遊びですよね。日本語のおもしろさを追求しているところではあるんですけど、まだ使ったことがないような日本語......普通に喋るとダサいんだけど、メロディに乗るとかっこいい、おもしろいものを持ち味というか、いい感じで使えているのかな。80年代、90年代のJ-POPとか、岡村靖幸さんとかサザンオールスターズとか、ああいう言葉で遊ぶ感じって歌ってて気持ちいいし、一緒に歌いたくなるなって感じがあると、ライヴでもみんなとひとつになれるのかなって。これからもそこは追求していきたいですね。

-ダサいって言ってもらえたので、言葉の使い方について質問しやすくなりました(笑)。

真行寺:これ大丈夫かなっていうぐらいダサい言葉もぼんぼん入れてるんで。

-ダサいというか、クサいというか。

酒井:ああ(笑)。

-きっと狙ってやっているんだろうなとは思いましたけど。

真行寺:やりすぎて本当にダサくなっちゃったり、クサくなっちゃったりしたパターンもあるんで、書き直したりするんですけど、やれるだけやって、入れるだけ入れて、あとから修正すればいいかなって。

-でも、まぁ、キャラが立っているからやりすぎたぐらいでも全然大丈夫だと思いますよ。

真行寺:そうですか(笑)!?

-さて、今回の『Swipe Times』も前作に負けない自信作になったんではないかと思うんですけど、リリース後はツアーを含めどんな活動をしていこうと?

大山:9月にリリース・ツアーを13公演、1ヶ月かけてやります。まずはそれを成功させたいです。ファイナルがワンマンで、ワンマンは2回目なんですけど、ツアーの集大成と言えるものにしたいですね。やっぱり僕らはライヴを大事にしているんで、エンターテインメント性のあるライウをやっていきたい。どんなふうに楽しんでもらおうかってことを、ツアーに向けてがっつり準備しているところです。

-アルバムを聴いていると、ライヴきっと楽しんだろうな、見てみたいなと思いますよね。

大山:それを言ってもらえると、1番うれしいです。ライヴにきてもらって、楽しんで帰ってもらいたい。僕たちが望んでるのはホントそれだけ。それが1番ストレートにできるのは何かと言うことをツアー中に考えたい。本当に楽しいツアーにしたいと思ってます。