Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

BRADIO

2014年07月号掲載

BRADIO

メンバー:真行寺 貴秋 (Vo) 大山 総一 (Gt) 酒井 亮輔 (Ba) 田邊 有希 (Dr)

インタビュアー:山口 智男

-そこからメロディック・パンクを聴きはじめたのは、どんなきっかけで?

真行寺:友達にHi-STANDARDを聴かせてもらったとき、もうこれだ!と思って、ベースを始めました。

-メロディック・パンクからR&Bってところで、FALL OUT BOYを思い出しました。

真行寺:あー、大好きです!

大山:FOBちょうど売れた時期にメロディックにどっぷりハマってたんですよ。だから影響はけっこう受けてると思います。だって、すごかったもんね?

真行寺:影響力は半端じゃなかった。

-ところで、曲作りはどんなふうに?

大山:どういう曲を作っていこうかという手探りの状況が続いてた頃は、誰かが持ってきたネタをみんなでああでもない、こうでもないと言いながら作り上げていたんですけど、今は割とドラムとベースのグルーヴをどうするかってところが曲の重要な要素になっているので、コード進行だけ持ってきて、グルーヴを出してもらって、ラフでメロディを歌ってもらってみたいなやり方が多いですね。大体こんな感じの曲がやりたいと持っていったものが最終的には全然違うものになりますね。でも、でき上がりがかっこよければいいかって。

-持っていったアイディアががらっと変わるきっかけってどんなことが多いですか?

大山:ドラムとベースを入れた段階で違うものになるパターンが多いです。あと、歌が入るとさらに印象が変わります。貴秋が考えるメロディ・ラインが自分にはないものなんですよ。すっとできる曲もあれば、すっと行かない曲もある。すっと行かないと、この曲、ホントいやだってなります(笑)。でも、そういう曲がバケるとお気に入りになるんですよね。だから、ずるずると考えてしまうこともあります。

-今回、6曲の中でそういう曲ってありましたか?

真行寺:「ダイナマイト」は苦労したよね。

酒井:「ハートビートを打ち鳴らせ」もじゃない?

大山:ああ、「ハートビートを打ち鳴らせ」か。

酒井:あと「Jasmine」も。

真行寺:ほとんど全部だ(笑)。

酒井:ホント、「ハートビートを打ち鳴らせ」は最初、ベースのイメージが全然見えなくて。

-あれ、そうなんですか?

酒井:レコーディングの前日がライヴだったんですけど、その日にやっとフレーズができたんですよ。

-え、でも、ベースめちゃめちゃかっこいいじゃないですか。

酒井:ありがとうございます(笑)。ギリギリまで悩んでよかったです。

大山:前作の時は曲ができてからレコーディングっていう流れだったんですけど、今回は日程が決まっていたので、それに合わせて制作を進めていくっていう経験に慣れてなかったというところもありつつ"「ハートビートを打ち鳴らせ」のベース・ライン、まだですか?"ってけっこう急かしましたね。最初のラフの段階では曲の感じがもっと昭和っぽくて、その昭和臭さが取れたらいいんだけどなって思ってたんですけど、途中から、これはベースが原因なんじゃないかという疑いが出てきて、ちょっとなんとかしてくださいよって(笑)。間に合ってよかったです。

-今回のミニ・アルバムを作るにあたっては、どんな作品にしたいと考えたんですか?

真行寺:前作は客演のサックスのみならず、ジャケットのデザインやPV制作も含め、いろいろな人たちに協力してもらえたアルバムで、そのおかげもあって、いろいろな方向に広がっていって、すごく反響があったんですよ。その前の2枚は自主リリースだったし、流通もしてなかったということで、多くの人に聴いてもらう機会がなかったんですけど、前作はツアー・ファイナルのワンマンもぱんぱんになったこともあって、多くの人たちの耳に届いたという手応えがあったので、今回はそこからの期待に応えられるように、さらにステップ・アップした作品にしたいと思いました。期待に応えるというか、感謝の気持ちも込めつつ、何かまた新しいものを提示したかったんです。みんなが前のアルバムよりもさらにハッピーになれるような音楽を作るにはどうしたらいいか考えて、いろいろ新しいチャレンジも盛り込みました。

-新しいチャンレジと言うと?

真行寺:最後の「ダイナマイト」にラップが入ってたりとか、1曲目の「ハートビートを打ち鳴らせ」ではベースがスラップ奏法をやってたりとか、「Jasmine」は逆に生音や自分達のミニマムの音にこだわったりとかですね。