Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

indigo la End

2014年04月号掲載

indigo la End

メンバー:川谷 絵音 (Vo/Gt)

インタビュアー:沖 さやこ

-曲作りはご自身の生活を切り取るような作業ですか?

昔は生活の一部として作ったりもしてたんですけど、最近はとにかく忙しいのでレコーディングがあるから曲を作るという感じで。だからスケジュールに追われてますね。本当に。大人にブチギレそうです。

-(笑)絵音さんはいつも怒ってらっしゃいますね。

パフォーマンスです、パフォーマンス。冗談なことが多いです。でも家では苛々したときに部屋の物ぶん投げたりしてるんで。やった後にすっごい後悔するんですけどね......片付けがすごく大変なので、そこでめちゃくちゃ冷めるっていう。

-ほう......。ゲスの音楽性はクールなのにひりついてて、だけどポップで。あれは絵音さんの人間性がそのまま出ているのでしょうか。

......どうなんですかね。歌詞を書いているときは感情的になっているときもあるんですけど、割とフラットに書いているんで。自分でも自分のことはよくわからないし。俺結構面倒臭いんで、すぐ人と距離を取るんです。だから自分とも距離を取りたくなるんですよね。だから自分に深く入っていくと、多分良いこと無いです。

-自分と距離を置くといろいろと見えることがありますか?

いや、ないっすよ。俺、人と仲良くなってもすぐ仲悪くなったりするんで(笑)。......すぐに信用出来なくなるというか、基本的に自分しか信用したくなくて。ひょっとしたら自分自身も信用してないのかもしれないですけど、あんまり深く人と付き合うことをしないというか。もともとそうなんで。

-バンド・メンバーとの人間関係はいかがなのでしょうか。

プライベートで会うわけではないし、音楽以外あんまり深い話はしないですけどね。曲も俺が作ってて"ここはこうだから"っていうのが基本的にあるんでバンドの曲作りにおいてもそこまでメンバーとあれこれ話し合う感じではないです。でも仲は良いですね不思議と(笑)。

-(笑)では、なぜ絵音さんが活動するのはソロではなくバンドなのでしょう?

まあこのメンバーでなければできないですからね。例えば、うまいサポート・ミュージシャンの人たちが僕の曲を演奏しても多分全然ダメで。ゲスもindigoもメンバーの人となりが曲に出てるんで。このメンバーでないとだめだなと思う。......バンドってそういうもんなんじゃないですかね、結構。影薄い一見どうでもよさそうな奴が辞めたらそのバンドだめになったりするじゃないですか。そういう空気というか、そういうものなのかなと思います。

-なるほど。まったく見当はずれかもしれないですが、絵音さんはどこにいても居場所なんてないと諦めているようなイメージがあったんです。だからこの人の集合体でもある"街"という言葉はキーワードなのかなと思って。

んー、「あの街の帰り道」に関しては地元の長崎のことなんですけど。長崎が落ち着くというわけでもないんですけど、帰りたい場所はなんとなくあるのかなと。

-"なんとなく"ですか......すべてにおいて俯瞰というか客観的というか、距離を置いてらっしゃるんですね。

そうですね。長崎自体遠いですから帰りたいと思ってもなかなか帰れないし、帰っても実際バンドのことを考えちゃったりするんで、あんまり心安らがないし。