Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

グッドモーニングアメリカ

2012年05月号掲載

グッドモーニングアメリカ

グッドモーニングアメリカ

Official Site

メンバー:金廣 真悟(Vo&Gt) 渡邊 幸一(Gt&Cho) たなしん(Ba&Cho) ペギ(Dr&Cho)

インタビュアー:西浦 雅人


-たなしんさんがいない間に(笑)。

たなしん:逆によかったかな、と(笑)。

-「いつもの帰り道」もすごく大好きです。PVに写真を募集しているんですよね?そういうアイデアもすごく面白いですよね。この曲に関してはいかがですか?(※「いつもの帰り道」が母親への想いを綴った楽曲であることから、PV制作にあたり、リスナーから母親の写った写真を募集している)

金廣:これはデモ(『水平線』に収録)の曲で、どうやって作ったかほとんど覚えていないんですけど、最初にアルペジオの音があって……電子系の音で作った覚えはあります。ちょうどそういうのにハマっている時期で。それから少し寝かせて、ペギが入ってからやり出した曲です。違ったっけ?

たなしん:なんか、合わせてた。スタジオでアルペジオ弾いて、幸一がディレイのやつ弾いて、“いいじゃんいいじゃん”つって。で、やってるうちにできた。適当に歌詞つけて。確か、英詞のままライヴでやったんだよ。

金廣:そうー!ライヴでやったね!!ごめんごめん、そうだったわ。

たなしん:それ(英詞の『いつもの帰り道』)すごく好きで。“これいいね!”ってスタジオで言ったのはすごく覚えてますね。

-じゃあ、けっこう前からあった曲なんですね。英詞のときに。

たなしん:この曲を1曲目でライヴやったりしてましたからね。全然、今の感じではなかったと思うんですけど。

金廣:主催V.A『あっ、良い音楽ここにあります。』1枚目のレコ発のときも、この曲を1曲目にやったです、確か。

渡邊:えー、そんなのあったっけ?

金廣:そうそう、synchronized doorとLiaroid Cinemaが出たとき。それで、そのときに“あれって、なんていう曲なの?”ってすごい言われた覚えがある。

たなしん:平野さん(グッドモーニングアメリカのプロデューサー)が、“ライヴですごく印象に残っているから、候補に入れたらいい”とは言ってくれました。最近のライヴではやっていないですけど、久々にやってみたら、面白い空気を作れるんじゃないかな、とは思います。

-アルバムをリリースされてから大規模なツアーも組まれていますが、どんなツアーにしたいと思われますか?

たなしん:対バンがけっこう強力なバンドが多くて。負けたくないというか、そういう気持ちがすごくあります。盛り上がるツアーになるんじゃないかな、と思います。

渡邊:新しいゲストと新しい土地に……広島や北海道はバンドで初めて行く土地なので、そういうのもすごく楽しみですね。新しい出会いが。

ペギ:いいアルバムが出来て、大名盤なアルバムが出来たので、それを届けられるようにしっかりドラムを演奏して、ちゃんと表現してライヴをしてっていうところに徹することですかね。ツアーに対する意気込みは。

金廣:自分が作った楽曲や歌詞をちゃんと表現するための自分を作って、それを維持する。維持して上昇していくっていうことをちゃんとしないとツアー回っている意味も無いので、もっと上に行くためのステップアップができるツアーになればいいな、と単純に思います。

-それから、個人的に機材が大好きなんですが、今回のレコーディングで“これを変えた”とか、そういうものはありますか?

渡邊:今回のレコーディングから、お世話になっている方がギターテックとして入ってくれて。前のレコーディングのときも知り合いのギターを借りたりはしていたんですけど、今回はけっこう入っていただいて。シングルコイルのギターを使ったりとか、“この曲はこの組み合わせでいこうか”というのも楽しめたというか。アンプも色々試せました。