Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

グッドモーニングアメリカ

2012年05月号掲載

グッドモーニングアメリカ

グッドモーニングアメリカ

Official Site

メンバー:金廣 真悟(Vo&Gt) 渡邊 幸一(Gt&Cho) たなしん(Ba&Cho) ペギ(Dr&Cho)

インタビュアー:西浦 雅人


-この曲が出来た時点で、“リード曲でいこう”というのはみなさん思われたんでしょうか?

たなしん:(間髪入れず)僕は思ってましたね、いち早く(笑)。“グドモクルー”っていうお客さん……勝手に呼んでるんですけど、去年すごく個人的に支えられたというか。去年初めてワンマンもやって。その人達も一緒にひっくるめて、新しい出会い求めていい方向へ行きたいなって、曲を聴いたときにそういうポジティヴなイメージがあったので、今いるお客さんにも提示できる曲なんじゃないかなと思って。個人的に、ですけど、バーッ!っていう直感がありました。

ペギ:最初聴いたときに、意外でしたね。“どういう路線でいくのかな”っていうのもあったんですけど、俺としてはこういう路線はすごく好きで賛成だったんです。バンドは“もっとキャッチーでアゲアゲな方向でいくのがいいのかな”というのがあって、そういう曲を作っていたし。そこでこれが出てきてリードになるというのは意外でしたね。でもバンドとしていい方向へいっている感じはすごくしていて。そういうのでは賛成だったんですけど、バンドの方向性、やりたいことというのもあって、“どっちがいいんだろう?”って、最初はそういう感じがありましたね。

渡邊:いまペギも言ったみたいに、今までの1stや2ndの推し曲とはまた違った色の曲なので、最初の時点ではメンバーでも“これを推し曲にしよう”という始まりではなくて。出来て、“じゃあリード曲をどうする?”ってなって、“この曲、リードにどうかな?”ってメンバーやレーベルの人と一緒に話していく中で、どんどん“良くなる方に、輝く方に”っていうのがピーンときて。だからすごくいいんだと思います。今までと違った色も出せて。

-この曲のPVを拝見したんですが、CGを使って光がワーッと出てくるころがあって。加えて、雨に打たれている部分もあって。あのPVに関してはメンバーの方の意見は反映されているんですか?

渡邊:メンバーの意見というよりは、「輝く方へ」でどういうPVを作りたいかってメンバーで話したときに、“こういうPVがいいね”っていうのが無かったんです。もちろん、“輝く方へ、こうなろう”っていうイメージはあったんですけど、PVに関してはまた別で、僕らがこうしたい、というよりも、監督さんがアイデアを出してくれて……。観てもらえれば分かると思うんですが、風にも立ち向かって雨にも立ち向かっていこうっていうアイデアをもらって。それをやらせてもらった、という感じです。

-アルバムの製作には色々なスタイルがあると思うのですが、グッドモーニングアメリカさんの場合はどんなスタイルなんでしょうか?

金廣:曲だけでいうと、大体が僕です。アルバム自体の全体像は全員で、という感じですね。曲を持ってきて聴いてもらって、各自で細かいところを、という感じですね。ドラムに関しては全部、投げますね。

-昨年は初のワンマン・ライヴやCOUNTDOWN JAPANへの出演と、バンドとして非常に躍進された年でした。そして今年の2月4日は渋谷O-EASTでのフェスを主催して1200人をソールド・アウト……このフェスを今振り返っていかがでしたか?

渡邊:いやぁ……本当に、大変でした(笑)。というのが率直な気持ちなんですけど、出演してくれたバンドやお客さんに感謝だな、と。最終的にはソールド・アウトという形でしたけど、メンバーもすごく不安だったし。なにせ初めてのデカ箱での企画で、18バンド出演っていうイベントを作るのも初めてだったので本当に不安が多くて。その結果ソールド・アウトという大成功で終えられて、今だから本当にほっと“よかったな”と思います。