Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

グッドモーニングアメリカ

2012年05月号掲載

グッドモーニングアメリカ

グッドモーニングアメリカ

Official Site

メンバー:金廣 真悟(Vo&Gt) 渡邊 幸一(Gt&Cho) たなしん(Ba&Cho) ペギ(Dr&Cho)

インタビュアー:西浦 雅人


-意識したというよりは自然体で出てきたんですね。

金廣:そうですね。例えば、さっき出たミスチルの桜井さん。前は桜井さんっぽくない方でやろうやろうとしていたんです。そういうのもあんまり考えないで、自然に歌うようにして。たまたま色んな先輩と長く付き合う機会が増えてきて、それで喋ってから、教わったというか自分で見て感じて“もっと自然でいいんだな”って。今までやってきて自然に身に付いているものもあるし、自然に無理をしないでやったら、エンジニアさんに初めて褒められたっていう感じです(笑)。自分の中ではそれが成長かな、と。

-新旧様々な楽曲が入っているという点で、このアルバムの楽曲ラインナップや曲数というのはすんなりと決まりましたか?1から全て新曲というのも一つの手だったとは思うのですが、今回のスタイルになった理由というのは何かあったんでしょうか。

渡邊:形も、シングルだったりミニ・アルバムだったりフル・アルバムだったりというところは決めていなくて、でも出したい時期はあって。それに合わせて曲を作っていって、録った曲を並べていって、昔の1stや2ndに入っていなかった曲もまとめてバランスをみたときに、1枚通して何回も聴いてほしいというのを考えて“じゃあ7曲のミニ・アルバムでいこうか”となった感じですね。

-「ミサイルをぶちかましてぇな」という曲はもともと前作に入る予定だったんですか?

渡邊:そうですね。前作のリード曲の予定で作っていて、それで発売が延期になってしまってそのときは出せなくて。でもメンバーとしても“出したい”という気持ちがあって、1年経って“じゃあ今回の作品に入れよう”と。

-なるほど。CDに特典なども付くのでしょうか?

渡邊:(CD購入の)特典は店舗ごとにあって。前の「ミサイルをぶちかましてぇな」は2ndのリード曲の予定だったのでPVも作っていて。それで前回出せなかったので、今回はHMVの購入特典として、「ミサイルをぶちかましてぇな」のPVをDVDでつけます。

-そのPVはまだ拝見していませんが、どんなものなんですか?

渡邊:今回は、今作のリード曲「輝く方へ」、前回撮っていた「ミサイルをぶちかましてぇな」、あと4月14日の下北沢GARAGEで初めてやる「だけど不安です」のライヴPV、それと今作の5曲目「いつもの帰り道」っていう曲でPVを作っていて。

-多いですね!

渡邊:そうですね、出し惜しみなしで(笑)!でも、どのPVも違う色が出るような……まだ2つは出来ていないんですけど、1個はライヴPVだし、もう1個はまた違うようなニュアンスになると思うので楽しみにしていてほしいですね。

-アルバム・タイトルが『輝く方へ』ということで、出発であったり希望へ向かっていくことだったり、すごくポジティヴなイメージが浮かびます。リード曲も「輝く方へ」というタイトルですが、もともとタイトルが先にあって、曲が出来てから“これをリードにしよう”となったんですか?

金廣:そうですね。

-このタイトルに込められた想いというのはどんなものなんでしょうか。

金廣:最初に曲を作ったときに出てきた、そのままついていた歌詞の出だしの“今夜 旅に出ようか”というのと、サビ頭の、今は“輝く方へ”って言葉なんですけど、“良くなる方へ”ってもともと勝手に(歌詞が)ついて出来ちゃっていたので、そういう流れで作っていこうという感じでした。一番ピンとくる歌詞が“輝く方にさ”だったので、そこから題名っぽく、「輝く方へ」にしました(笑)。全体的にも“輝く方に”というより「輝く方へ」のほうがふさわしいし、アルバムにとっても「輝く方へ」のほうがいいのかなあ、と。