Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

Mrs. GREEN APPLE

2017年05月号掲載

Mrs. GREEN APPLE

メンバー:大森 元貴(Vo/Gt) 若井 滉斗(Gt) 髙野 清宗(Ba) 藤澤 涼架(Key) 山中 綾華(Dr)

インタビュアー:石角 友香

-藤澤さんはいかがでした?

藤澤:僕は冒頭でも言ったように、バラードなんだけども、このゆったりさの中の力強さみたいな部分をしっかり表現できなくて、ドツボにハマッていく瞬間とかもあって。そういう部分では、「どこかで日は昇る」は一番苦戦したかなというふうには思ってるんですけど。

-そこからどうやって抜け出したんですか?

藤澤:みんなから"もっとこういうふうに弾いた方がいいんじゃないか?"っていうのをレコーディング中とかにも言ってもらったりして。結構、自分のことばっかりになりがちなんですけど、集中しすぎちゃって。周りが見えなくなっちゃってる状態でみんなの声ももらったりして、だいぶ気持ちが開けましたね。

-鍵盤はこの曲では大きな要素だから。

藤澤:そうですね。もうイントロから歌と一緒に始まって、アウトロもピアノと弦で終わるっていうのは、今まであまりなかったので、頭から最後まで主軸になってるっていう部分ではすごく緩急をつけました。

-髙野さんは?

髙野:ほんとにピアノだったりストリングスだったり、象徴的なウワモノが多いので、やっぱりしっかり下を支えるものとしてベースは土台になることに徹するみたいなところはすごく意識しましたね。だから余分なことはしないけれど、しっかりグルーヴとして全体を支えて、ウワモノが乗っかってきてくれるものを作るところをすごく意識しました。

-そして「SwitCh」(Track.3)は情報番組のテーマ・ソングでもありニュース番組のテーマ・ソングでもありますけど、これはどういうお話があったんですか?

大森:NHKさんからお話をいただきました。最初は何が起きたのか、わかんなかったよね? "シブ5時"っていうものを一新したいし、ちょっとポップなものにしたいし、NHKやニュース番組っていう固定観念を変えたい、お堅い印象を変えたいと聞きまして。"それでMrs. GREEN APPLEになるんだ"と思って(笑)。

-番組はお堅くないですけどね。

大森:たしかに。だからわりと明るくポップスを歌った方がいいのかなと思いまして。ま、昔みたいに難しい歌とか、いろいろ考えさせられる歌とどっちがいいのかなと思ったときに、言ってもニュース番組なんで、僕らがそんな頭から何かを歌う必要もないのかなと思って。

-この曲はホーンが特徴的ですね。

大森:このホーン・アレンジは作ってもらったんですけど、最初のデモの段階からディレクターに"これはホーンを入れたいです"、"こういうフレーズを入れたいです"って話をして。すごかったよね? レコーディング。

藤澤:特にこの曲に入れてもらってるのがハイトーンなので。もう"いかにきれいな音を一発で出せるか?"みたいなところで、いい緊張感もありました。


ライヴハウス・ツアーで掴んだのは、お客さんと一緒に作る感覚や自由度だったんです


-そして前半のライヴハウス・ツアーが終了して。手応えはどうですか?

大森:自由度を掴んだ感覚があって。ライヴをもっとオープンに、"ライヴするぞ!"って感じじゃなくて、お客さんと一緒に何かを作ってるような感覚が多かったですね。

-ホール・ツアーも楽しみですね。(このツアー・ファイナルの会場である)東京国際フォーラムで先日、たまたま安室奈美恵さんの公演を見たんですよ。

大森:えー、すごい(笑)。安室さんと同じところでやるなんて。