Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

Mrs. GREEN APPLE

2016年06月号掲載

Mrs. GREEN APPLE

メンバー:大森 元貴(Vo/Gt) 若井 滉斗(Gt) 山中 綾華(Dr) 藤澤 涼架(Key) 髙野 清宗(Ba)

インタビュアー:石角 友香

-『TWELVE』の「私」以上にストレートなピアノ・バラードで、藤澤さん大活躍ですね。

藤澤:まぁ頑張りましたし、いろいろ時間はかけましたね。でも、もともと「umbrella」の音源を持っててずっと聴いてた曲で、それに対してイメージしてるものを自分の身体と手に流し込んでいくということを期間中ずっとやれたので、"大変でした......"というよりかは、すごくきれいなイメージですね。

-バンドの中で長く共有されてる曲なんですね。

大森:きっとそれぞれ語っても同じような答えが返ってくるよね?

-どんな思い入れが?

大森:ずっと前から関わってる事務所の大好きなスタッフさんが去年亡くなられたんですけど、ご家族がこの曲が好きだったということで、そのときのお葬式で「umbrella」を流してくれて。それも僕が作った昔のデモ音源なんですけど、そのことがすごく印象に残っていたんです。"この曲をちゃんとレコーディングするってことは、ちゃんと届けなきゃだめだよね"って話をレコーディング中にしてて。髙野は演奏しながら号泣してNGくらうという(笑)。

髙野:思い入れが強すぎて。いろんな感情が頭の中でウワーッと回っちゃって。でも、曲の展開やドラマ性もちゃんと感じながらレコーディングできたなというのはあります。

-新しいことをやってるのに、自然に聴こえるシングルなのかもしれない。

大森:嬉しいですね。すごく嬉しい。「umbrella」も生のストリングス・カルテットで録ってもらって、感動したよね。

-Track.3「ノニサクウタ」はライヴでも結構なクオリティで聴いているわけですが、いいですね、オーガニックなアレンジで。髙野さんはウッド・ベースを弾いている?

髙野:本物じゃなくてアップライト・ベースなんですけど、音のあたたかみはこっちの方がちゃんと出るんだという発見もありつつレコーディングに臨んでいました。楽曲にウッド・ベースを使うのは初めてなんですけど、これも"違う切り口でいけるんだぞ"ということを自分で見せたいところでもありました。

大森:"合うかもな"となんとなく思って、"弾けばいいじゃん"って半分嘘、半分本気で提案したんですけど、いざスタジオで合わせてみたら弾けるんですよ。もう即決でした。

髙野:でも、しばらくアップライト・ベースを触っていなかったので、猛練習を始めて。最初、スタジオで合わせた段階で、"あ、いいじゃん"ってなったけど、ピッチとかいろいろと馴染みがないので、耳を鍛えるような、基本的な練習からやりました。

大森:楽器は弾けるに越したことないから。

-なかなか異なる3曲が揃いましたね。

大森:シングルは毎回ですけど、『Speaking』のときもやっぱり「恋と吟(うた)」と「えほん」の2曲で違う色を見せたかったということもあって。今回は、そのときと比べてもまた違う色で、前よりもフレキシブルだなって、作り終えてから感じました。

-そして6月13日(月)からは東名阪にてツーマン・ツアー"Mrs. TWOMAN TOUR ~初夏とリンゴとロックバンド~"を開催。この情報が前回のツアー・ファイナルで発表されたとき、悲鳴が一番大きかったと思うんですが(笑)、何に対する悲鳴だったのかなと。

大森:ゲストが自分たちと違う色のバンドなので驚いたのではないでしょうか。

-ありそうでない組み合わせだと思います。

大森:変な意味じゃないんですけど、自分たちは今、躊躇はないって意味で"ロック・バンドだ!"と思って活動してなくて。特に何だというわけじゃなく"Mrs. GREEN APPLEだ"と思って活動してるんですけど、やっぱキュウソネコカミ、04 Limited Sazabys、SAKANAMONって僕の中でロック・バンドとして確立してる人たちで。その刺激をもらいたかったということと、きっと純粋に面白いものになるだろうなっていうところが楽しみなんです。