Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

Mrs. GREEN APPLE

2016年06月号掲載

Mrs. GREEN APPLE

メンバー:大森 元貴(Vo/Gt) 若井 滉斗(Gt) 山中 綾華(Dr) 藤澤 涼架(Key) 髙野 清宗(Ba)

インタビュアー:石角 友香

-その中で曲に沿った演奏をしようと?

藤澤:今まで僕は曲に対して、わりと"ああしなきゃ、こうしなきゃ"と思いがちだったんですけど、この曲を初めて聴いたときにびっくりして、"わ!"ってなったんです(笑)。ド頭から"サママ・フェスティバル!"とか言われちゃって、"いろいろ考えずに素直にやっちゃいなよ"って曲に言われてる感じがして。これはもう、自分が素直にこの曲で楽しんじゃった方がいいなと思ってから、みんなで作業に入れたので、あんまり"こうしなきゃ、ああしなきゃ"というよりも、もっとこうやりたいという意志が自然に出てきましたね。

大森:だから今回、すり合わせみたいなことはいい意味でやってないんですよね。今までは結構わかりにくい歌詞だったので、それぞれの情景が違うものだったと思うんですけど、今回は、きっと情景が一緒だと思うので楽しかったというか、言葉のすり合わせじゃなくて、演奏としてのすり合わせができた気がするんですよね。

-山中さんのドラムは"パワフル"とはまた違うニュアンスですね。

山中:打ち込みのドラムで始まった曲なんですけど、正直に言うと、曲の雰囲気を壊さずにドラムを入れるってなったときに、今までと同じやり方だとロック寄りの音やバンド・サウンドが前面に出てしまうなと思って。自分自身を純粋なまま乗せるというか、ちょっと跳ねる感じや、感じるままに演奏したものが形になりましたね。

大森:結構これは等身大の歌詞なんで、他のメンバーも等身大でやんないと嘘ついちゃうことになると思います。そこが意外と難しくもあり簡単だったところでもありますね。曲に寄り添っていく感じって今までもあったと思うんですけど、きっとそういうのではなくて、自分が演奏したらそれがMrs. GREEN APPLEになるという気持ちでみんな演奏できてるので、そこは初めての感覚だったし、演奏したら"なるほど"という感じだったよね? だからこの曲は変な色を持っているので、他の人がコピーしづらい曲ですね。しかも難しい演奏をしてるわけじゃなくJ-POP寄りのアレンジをしたので、コピー向きじゃないなと。そのぐらい自分たちの色が今まで以上に濃く出てるかなと思いますね。

-そのままの歌詞なだけに"夏ってすごく儚いな"ということも感じますね。

大森:そのとおりですね。それは僕が書いてるからだと思うんですけど。同世代の人たちに向けて"あのころの夏、楽しかったよね"という話を書いてるわけじゃなくて、最初に言ったように下の世代に向けて書いていて、"あのころの夏をちゃんと心に焼きつけてほしいな"ということを歌っているので。それって1回、色褪せてないと歌えない言葉というか(笑)。

-(笑)それを10代の大森さんに言われるとすごいものがありますが。

大森:いやいやいや、もう小学生のころの気持ちで外で遊べないじゃないですか? あのころは日焼けとか汗とか気にしなかったから。

-小さいころの夏休みって死ぬほど長いじゃないですか。

大森:本当にそう思う。時間とかわかんなかったなと。1日が24時間あって、自分がその何時間しか動いてないとか考えたことなかったから。

藤澤:ずっと濃厚に覚えてるからこそ、切ない気持ちや儚い気持ちになりますし。今、情景が出てくるから本当に大事にしてほしいんですよ、あのころの感じを。

大森:今は退屈な日を送っちゃダメじゃん? でも何もしない日っていうのも貴重じゃん? 外でセミが鳴いてるわけでしょ? っていう妄想を膨らませながら書いてました(笑)。

-リリースされたらどういう曲になっていくんでしょうね?

大森:今までのMrs. GREEN APPLEを聴いてる人にとっては新しすぎると思うんですよね。『Speaking』で片鱗は見せていたものの、一度、『TWELVE』というバンド・サウンドのアルバムを出したので、そこにはピリオドを打って。こうハイブリッドな方というかシンセ・ポップな方向に進んでいくのは新しすぎると思うんで、びっくりするでしょうね。

-しかし、くどいんですが、ほぼ"サマー・フェスティバル"みたいなタイトルじゃないですか。すごいタイトルだよなと。

大森:そうですね。たぶんこのタイトルは今じゃないとつけられなかったと思うので今回つけました。

-今年のMrs. GREEN APPLEらしさが出ていると。そしてカップリングは、"ようやく音源になりましたね"という2曲ですね。

大森:「umbrella」(Track.2)は結成当時の夏、自分が16歳のときに作った曲で。ずっとしまい込んでいたというか、1回作り上げたもののやらずにいたんですけど、「サママ・フェスティバル!」ができたタイミングでシングルのリリースが6月に決まったんです。初夏でもあり、梅雨の時期でもあるなと思ったのと、メンバーがすごく思い入れのある曲だったので、"音源化するならこのタイミングじゃないか"ということで今回収録しました。