Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

グッドモーニングアメリカ

グッドモーニングアメリカ

グッドモーニングアメリカ

Official Site

メンバー:たなしん(Ba/Cho) 渡邊 幸一(Gt/Cho) 金廣 真悟(Vo/Gt) ペギ(Dr/Cho)

インタビュアー:荒金 良介

-グドモにとって八王子オリンパスホールはどんな場所なんですか?

たなしん:オリンパスホールでエレファントカシマシ(エレカシ)のライヴを観たことがあって、それが印象に残ってるんですよ。歌の力や曲のメッセージが座席があったとしても、しっかり伝わってくる。自分たちの曲もそういうふうに伝えられたらいいなと。

渡邊:俺らが活動休止してる前後にオリンパスホールができたんですよ。わりと新しめのホールで、そこでエレカシがやるんだ!と思って。僕らはずっとライヴハウスでやってたし、まさか自分たちがそこでやるなんて当時は想像できなくて。すごい人たちが来たら使う場所という認識でした。憧れというより"いつかやれたらいいなあ"という場所ですね。

金廣:例えば東京でホールでやるとなると、渋谷公会堂が真っ先に思い浮かぶと思うんですよ。エレカシが来たときには、"エレカシが八王子にライヴをしに来てくれるんだ"と思ったんですよね。

渡邊:ああ、その気持ちはあったね。

金廣:そのレベルの人じゃないとできない会場なんだなって。ちょっとリアリティーに欠ける場所(笑)。でも自分たちの結成場所が八王子ということもあるし、最初にやるホールが八王子オリンパスホールというのは、自分たちにとって"故郷に錦を飾る"みたいなニュアンスもありますね。

-なるほど。今言える範囲でいいんですが、ホールでの見せ方という意味で考えてることはあります?

金廣:極論を言うと、1曲目からバラードをやってもいいのかなって。

-はははは、それもアリですよね。

金廣:そういう演出もできますからね。要するに体をぶつけ合って盛り上がる場所ではないから、ライヴハウスやフェスとは違う見せ方をしなきゃいけない。だから、演出を含め、セットリストは考えたいですね。どうしても普段だと暴れる曲や盛り上がる曲ばかり意識してしまうけど、ホールならではの、もっと聴かせる曲や感動させる曲とか、一般の人が聴いてもわかる曲。そうなると必然的に普段とはちょっと視点が違う感じの曲が並ぶかと。そういう曲も僕たちの持ち味でもあるし。まだ詰めてないところもあるけど、今までやってきたこととは違うことはやりたいですね。

-また違う筋肉が必要とされますよね?

金廣:そうですね。まだそこの筋トレはしてないから、しないといけない(笑)。

-タイトル名に"挑戦"と付けられてます。このタイトル名自体はグドモ初期にやっていた企画名から取ったそうですが、あらためてそこから持って来た理由は?

金廣:ほんとに挑戦だと思うから。昔やっていた企画は挑戦という名が相応しい内容でしたからね。デモCD『水平線』、『地平線』(共に2009年発表)を出したあとぐらいかな?

たなしん:そうだね。それぐらいだと思う。

金廣:ペギが入ってすぐあたりで、お客さんもまだいなかったけど、知り合いのバンドマンは増えたころなんですよ。でも何で八王子でやろうと思ったんだろ?

渡邊:"パンチのあることをやろう!"という話になって。八王子リップスで11月の1ヶ月丸々、毎週日曜日に企画をしようと。

金廣:そうだ、たまたまその月の日曜日が5回あったんですよ!