Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

LIVE REPORT

Japanese

BLUE ENCOUNT

Skream! マガジン 2016年03月号掲載

2016.01.17 @Zepp Tokyo

石角 友香

アルバム『≒』を携えた全国ツアーのファイナル2DAYSの2日目のこの日、なぜ前回ツアーをメンバーが"ブルエンらしさに甘んじていた"と反省したのか? そして、本来なら満面の笑顔で初の日本武道館開催を発表していいだろうところを半ば悲壮感すら漂うほどの覚悟と不安気な表情で伝えたのかが――つまりはBLUE ENCOUNTというバンドがどんなバンドなのかが明確にわかったライヴはこれまでなかった。そしてそれこそが4人が見せたいライヴだったのだと思う。
 
全国8ヶ所+この2DAYS全公演ソールド・アウトしての千秋楽。暗転とともに凄まじい歓声が上がる。紗幕の向こうにメンバーのシルエットが映し出され、オープニングはアルバム『≒』と同じく「KICKASS」がブルエンのロック・パーティーのキックオフを高らかに宣誓する。このスタートダッシュがすごかった。早くも2曲目に「DAY×DAY」、そして「D.N.K」をノンストップで駆け抜けた4人の楽器の音がまるで田邊、江口、辻村、高村の"肉声"のように感情を伴ってクリアに届く。その締まった演奏に喝采を送らずにいられなかったし、ファンも心底、演奏を楽しんでいるように見えたのが新鮮だった。とにかく暴れたいとか自己顕示やストレス発散ではなく、各々曲の好きな部分や歌に自由にリアクションしているのだ。ファンも明らかにタフになった印象で、半ばこの日のライヴが成功する手応えをどアタマで直感させる光景だったのだ。
アルバム・リリースからツアーまで若干時間があったことで自分たちもきっちり準備できたし、ファンも聴きこむことができた、その手応えを全身で表現する4人。すでにライヴではキラー・チューンでもあり長尺の「MEMENTO」もこの日は高村のハットの刻みから、江口の色彩豊かなフレージングから、辻村得意のファンクネス溢れるスラップから、何から何まで輪郭のクリアさが格段に上昇。展開の多い構成をフロアも乗りこなし、16ビートをジャンプで表現しようが、心から曲を楽しんでいるのがわかる。フロアが生き物のようにバウンドするのも既視感がない。
その後、レゲエのパトワ調の田邊のヴォーカルも冴える「JUMP」や、カウパンク調の「HEEEY!」、爽快なメロディの「SMILE」とカラフルな新曲群へのリアクションも良好で、決して一辺倒ではないライヴの楽しさを増幅していく。そのブロックの締めに"その声を守るから"と歌いきった「VOICE」がさらに強く響いたのも強く印象に残ったのだった。そして繊細なギター・フレーズから力強く展開していくニュー・アルバムの中でも聴かせるバラード「EVE」、"ダメな自分に向き合ったからこそできた曲を歌います"と、新曲「はじまり」という、これからのブルエンがさらに大きくなっていくうえで威力を発揮するであろう大きなグルーヴを持った2曲がおおげさではなく、気持ちのこもった誠実な演奏で響いたことも大きい。
ラストスパート前にはファンからの質問タイムで"メンバーと付き合うなら?"という問いかけに、メンバー同士、一斉に指さして田邊だけが指名されなかったことにわりと本気で落ち込んだりしつつ、"もう傷ついたままやるわ!"と、巨大なライヴ・アンセム「LIVER」に突入。ミュージック・ビデオに登場した"LIVER坊や3兄弟(※うち1名は田邊)"も一緒になって"ライヴ・キッズそのもの"を演じる。そこからは「THANKS」「NEVER ENDING STORY」と、インディーズ時代からのナンバーでダイヴ、シンガロングの嵐を巻き起こし、痛快なR&Rナンバー「アンバランス」まで一気呵成に駆け抜ける。実にブルエンの音楽性は幅広いのだ。
 
これまでと最新のブルエンの歌と演奏とそれに触発されたフロアのパワーで最高潮のムードを作り上げた中、田邊がポツリポツリとコードを弾く。ラストのMCのいつもの光景。アルバム制作途中で"何かが違う"と感じ、深く自分に潜った彼は今回のツアーの前に何が正しいのかわからなくなっていたと吐露。スタッフの努力に数字で報えないことへの申し訳なさ、だからと言って売れそうな楽曲を作ることができない自我。そんなものを抱えて今回のツアーを回り、"今、見てる景色がわからせてくれた"と。この現実を背負ったうえで10月の武道館公演開催を発表したのだ。決定したから万々歳、ではない。"100人の人に1%愛されるより、1人の人に100%愛される人になってみたい。その人を増やして、あんたらと一緒に武道館、立とうな!"と叫んだ田邊は、ボロボロだった。そしてやっとこの曲が映える場所が待ってるな、と思った、「もっと光を」が今まで経験したことのない、ブルエンとここにいるすべての人への意思の塊となって本編ラストを照らしていたように見えた。
観る側にもエネルギーを使わせるブルエンのライヴだが(フロアのファンだけでなく)、彼らのバンド・ストーリーが本物の予定不調和であることに、全幅の信頼を寄せる日になったのは間違いない。終始、笑顔のライヴを象徴するようにアンコールのラストは明るく「HANDS」で、再会の日を約束するように締めくくられたのだった。