Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

Mrs. GREEN APPLE

2017年01月号掲載

Mrs. GREEN APPLE

Mrs. GREEN APPLE

Official Site

メンバー:大森 元貴(Vo/Gt) 若井 滉斗(Gt) 山中 綾華(Dr) 藤澤 涼架(Key) 髙野 清宗(Ba)

インタビュアー:石角 友香

生き方に対する真摯な考察についての重めの曲もあれば、何も考えず青春を謳歌するポップ・チューンもある。そして「In the Morning」で進化した、海外の王道ポップ・ミュージックともシンクロするような、曲をより立体的且つ現代的に届けるサウンドスケープもアルバム全編で効果を上げている。これは気負いなくセルフ・タイトルをつけられるわけだ、と思っていたら、そもそも大森元貴はセルフ・タイトルを冠するつもりでこの2ndアルバムに臨んだのだという。10代のリアルな感情を表現するバンド、もしくは邦ロックの牽引役という形容をいい意味で超えてきたバンドの破格のニュー・アルバムについてメンバー全員に訊く。

-すごい前傾姿勢と冷静さが絶妙なバランスで混在するアルバムになりましたね。

大森:嬉しい。ありがとうございます。

-すでにライヴで披露されている曲や、大森さんが10代のときに書いていた曲も形になって、落としどころが見つかったように収録されています。2ndアルバムにしてセルフ・タイトルになりましたが、それは曲を並べていきながらそうなったのか、それともヴィジョンありきなんですか?

大森:はっきりしたヴィジョンがありましたね。今回は曲を書き下ろす前というか、どんな曲を入れるか? ってことを決める前に、"「Mrs. GREEN APPLE」っていうタイトルにしようと思います"ってディレクターに話しました。それでメンバーにも話をして。それは、おっしゃってたように自分らの中でもどういうふうに落としたいか、どこに行くべきなのかってのが、まず明確にあったんです。もうこれに"Mrs. GREEN APPLE"ってタイトルをつけても決して大きなものになりすぎないというか、変な意味がつかない、セルフ・タイトルに相応しいアルバムになるなっていう自覚や、根拠のない謎の自信が最初からあったので、"そういうふうにするね"って始めにメンバーと話をしました。

『In the Morning』(2016年11月リリースの3rdシングル)リリース時のインタビューでもサウンド・プロダクションの話をしてましたが。日本のポップス・シーンがどうだからとか、ロック・シーンがどうだからというよりも、今作はもっと全世界的な方を向いたサウンドになりましたね。

大森:まさにそこは大事にしたところですね。日本の音楽の感じとか、邦ロックの感じとかを多少意識しながら曲を書いてた部分はあると思うんですけど、自分らが何をしたいのか? っていうところで、変な意味じゃなくて、日本は文化としてちょっとやりづらい部分があるというか。ライヴでも、お客さんがみんな手を上げてるから手を上げてない子はノッてないように見える、みたいな。そうじゃなくて、普通に棒立ちで聴きたい子は棒立ちで聴けばいいと思うし、身体を揺らしたい子は揺らせばいいし、手を上げたい人は上げればいいし、声を出したい人は出していいと思うし、そういう自由なものをアルバムという形で発信したいなと思って。そういうところも含めて、日本だけじゃなくて海外からのインスピレーションも受けていたので嬉しいです。

藤澤:今回そういう意味でも、もっと自由にノッて楽しめるようになってる楽曲が多いんじゃないかなと思っていて。アップ・テンポなもの=攻撃力ではないんじゃないかな? ってみんなもわかるようになってきたんです。だから思わず身体が動いてきちゃうようなノリ感やもっと楽しめるものを意識して、それこそ海外の音楽を意識的に聴いたっていうより、"あ、これいいね"っていう感覚でツアー中に曲を聴いたりしていて。そういう刺激がいい部分に出たのかなと思います。

-それって今までの生のバンド・サウンドでも時間をかければできることかもしれないけど、1回リセットしないとできないんですよね。そういう大森さんのクレバーさ、若干生き急いでる感じ(笑)も出てるかもしれないですね。

大森:(笑)よく言われます。先があるなかで今をどうするかっていうのは、デビュー当時、もっと言うと音楽を始めたときから思ってることだし、まぁそれがMrs. GREEN APPLEなのかなと。

-目標が明確というか。

山中:やりたいことはちゃんとみんなで話し合ったり共有したり、"もっと面白いことない?"って、ずっと新しいことを探し続けてる感じはありますね。他と違うこととか、もっと新しいことをやってみたいって思いが5人それぞれにちゃんとあるので。

大森:それぞれの管轄がちゃんとできたのも大きいかもね。僕には作曲家とフロントマンとしての持ち場がちゃんとあるし、他の4人はプレイヤーとしての管轄があるので、それぞれが管轄内のことを自分で整理できるようになったから、ちゃんと共有できるようになったというか。もともと僕の世界と言えばそうなんですけど、それに関してちゃんとインプットしてアウトプットする術が4人の中でできてきて。だから以前より全然、(バンドを)引っ張ってるっていう感じはないですね。