Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

シンガロンパレード × 鶴

2016年09月号掲載

シンガロンパレード × 鶴

シンガロンパレード

Official Site

前回Skream!8月号で行った鶴×シンガロンパレードの"Soul Mate Record"レーベルメイト対談。今月号では"SUMMER SONIC 2016"に出演するなど、この夏大きな話題を振りまいたシンガロンパレードが10月5日にリリースする5枚目のミニ・アルバム『素敵な不摂生』の内容をテーマに、第2ラウンドをお届け。アルバムが完成した直後とあって、対談はできたてホヤホヤのジャケット・デザインの話からスタート。それぞれの曲についても語ってもらった。

シンガロンパレード:みっちー(Vo/Gt) 晨(あした)(Ba/Cho) ジョン=エブリバディ(Dr/Cho)
鶴:秋野 温(うたギター) 神田 雄一朗(ベース) 笠井 快樹(ドラム)
インタビュアー:岡本 貴之 Photo by 川村 隼也

みっちー:できたてホヤホヤのジャケットが今日、届いたんですよ。僕が手描きでもとになるラフ・イメージを描いたんですけど、本当に僕のイメージどおりにやっていただいて。

笠井:(もとのイラストを見て)いや、みっちーのイメージとはだいぶ違うと思うよ?

一同:ははははは!

みっちー:これはいかんせん僕の画力が追いついてなかったんですよ(笑)。ざっくりとしたラフと絵のタッチを"こんな感じでお願いします"って、鶴のアルバムのジャケットを何枚か手掛けている720-Natsuo-(Mr.Mrs.Mush)さんに依頼したんです。

笠井:『SOULMATE』(2013年リリースの4thアルバム)、『Love&Soul』(2014年リリースの5thアルバム)のジャケと、MVも担当してくれていて。

秋野:「ソウルメイト今夜」(『SOULMATE』収録曲)のMVをやってくれています。

神田:それと、鶴のロゴも作ってもらいました。

みっちー:うちのロゴも今回新しくデザインしてもらったんですよ。今までジャケットは僕が作っていたんですけど、今回は頼んだ甲斐がありました。エロめな感じで。もともと、大きい女の子というか、"街と巨大女子"みたいなヴィジュアルが好きで。それを今回使ってみたいなと話していたら良い感じに作っていただきました。

秋野:今回アルバムを聴かせてもらったら、みっちーは悶々としてんな、欲求不満なんだなと(笑)。

みっちー:俺今、レーベルの先輩から"欲求不満やな"と思われていると思ったらすげぇ恥ずかしかったです(笑)。

一同:(笑)

秋野:良い意味でだよ? それが活力なんだな、という。

みっちー:うちのバンドの活力はそうかもしれないですね。いや、他のメンバーはわからないですけど(笑)。"素敵な不摂生"というタイトルは、もしかしたら鶴の「THAT'S ME」(2016年8月リリースのアルバム『ニューカマー』収録曲)にも通じるところがある......って言うと鶴が欲求不満みたいですけど(笑)、一般的に"不摂生"というのは良くない言葉なわけじゃないですか? でも、身体に悪いものがおいしいのと一緒で"まぁやっちゃうよね"っていう。それがダメなのかどうかは人それぞれとして、身体においしいことくらいは認めてあげようよ、ということをずっと言いたかったんですよね。それがまとまって"素敵な不摂生"というタイトルになりました。

-今回、東京に滞在してレコーディングをしていたということですが、摂生していた反動もありますか?

みっちー:摂生しながら不摂生をテーマに作っていたんですけど、身体が疲れたという意味では不摂生でしたね。

晨:だいぶ追い込まれたからね。

みっちー:ツアーが終わって、"6月の後半くらいまでに16曲くらい作ろうか"ってレーベル・マネージャーの森田さんから言われて。今までの僕の作曲ペースからしたら正直ちょっと大変で、スタジオに入ってから出ないものを無理やり捻り出したようなところもあったんです。ほんまにレコーディング直前までできてない曲が多くて、初日のテンションやばかったよね?

ジョン:そわそわそわ~ってね(笑)。

晨:とりあえずできている曲から録ろうか? って。

みっちー:スタジオで録って、違うスタジオ行って曲を作ってまたブースに来て録って、という繰り返しだったので。そういう意味では今までで一番追い込まれながら作ったアルバムでしたね。東京に来てからも3、4曲作りました。

晨:ゼロからのスタートもありましたからね。Track.6「退屈を殺したら」とか。

神田:マジで!? それ結構好きな曲だよ。

みっちー:歌詞に至っては全部書けてなくて。録音ブースから出てベーシックを聴きながら書いたものを翌日録るみたいな感じでした。Track.7「ジャパニータ」はライヴでやっている曲なので、録るだけだったんですけど。残りの6曲に関しては本当に大変でしたね。

秋野:鶴のレコーディングでも、作りながら形が変わっていくとか、当日まで歌詞が決まってないとかいうこともありましたね。歌い終わってから歌詞を変えたり、ギターを録り終えてからギターを録り直したりとかは過去にもありましたから。"もっと良くなる"という確信が見えてくると、"だったらやるべきだ"と思うので。しかも、今回シンガロンパレードが録ったスタジオは僕らも昔からお世話になっているレコーディング・スタジオで、結構ギリギリまで融通を利かせて協力してくれるので。それこそ明日マスタリングしなくちゃいけないタイミングでも前日まで粘ってくれて。

神田:「ローリングストーン」(2016年1月リリースの6thアルバム『ソウルのゆくえ』収録曲)なんて、録り終わってミックスも終わった最終日にギターをまるっと録り直したからね。"なんか音が違う!"って。

シンガロンパレード一同:へぇ~!