Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

NEWS

Japanese

ザ・クロマニヨンズ、OKAMOTO'Sら出演。デザイナー 菅谷晋一のドキュメンタリー映画"エポックのアトリエ 菅谷晋一がつくるレコードジャケット"、来年1/8公開決定

2020.10.15 12:00

ザ・クロマニヨンズ、OKAMOTO'Sら出演。デザイナー 菅谷晋一のドキュメンタリー映画"エポックのアトリエ 菅谷晋一がつくるレコードジャケット"、来年1/8公開決定

ザ・クロマニヨンズ

Official Site

ザ・クロマニヨンズ、OKAMOTO'Sなどのレコード・ジャケットを手掛けるデザイナー 菅谷晋一の、一風変わった制作過程を追ったドキュメンタリー映画"エポックのアトリエ 菅谷晋一がつくるレコードジャケット"が、2021年1月8日より新宿シネマカリテほかにて劇場公開されることが決定した。併せて、菅谷晋一自身のデザインによるポスター・ヴィジュアルも公開された。
 
大学では建築を学び、卒業後は家業の町工場で働いていた菅谷晋一。でも、やっぱりデザインしたくて、手探りで学び、どこにも所属せずに人脈ゼロから仕事を手にする。そして、今もたったひとりで、20年も楽しそうにものをつくって生きている。好きなことを追いかけて、気がついたら楽しいことが仕事になっていた。そんな菅谷晋一の制作過程に密着したドキュメンタリー映画だ。
 
菅谷晋一の姿を記録したのは、彼の作品だけでなく生き方にも共鳴した映像作家の南部充俊。自らの会社のロゴマークもデザインしてもらうほどの愛情で、謎に包まれたその制作過程を記録した。このドキュメンタリーは音を聴き、ヒラメキを集めてレコード・ジャケットを作り上げる作業を通して、新しい生活を求められている私たちに、"ただ好きなことに夢中になればいいんだよ"という簡単(アナログ)なことを教えてくれるはずだ。
 
劇場公開に寄せて菅谷晋一、南部充俊よりコメントも到着。

 
暑かった日。絵の具とキャンバス。頭の中にボルト2つが落ちてきた日たちの記録です。
―― 菅谷晋一

 
ジャケット制作の様子を撮ったらおもしろそうだと思い、菅谷さんとお話をしてそこから小さなチームで制作がはじまりました。菅谷さんのものづくりにはその職業にとどまらず、色んなヒントがあるとおもいました。「エポックのアトリエ」からも何かをみつけていただけると嬉しいです。よろしくお願いいたします。
―― 監督 南部充俊
 

epok-film_sugaya.jpg
 
epok-film_sub1.jpg
 
epok-film_sub2.jpg

 

▼映画情報
"エポックのアトリエ 菅谷晋一がつくるレコードジャケット"
2021年1月8日(金)より新宿シネマカリテほかにてロードショー
出演:菅谷晋一 / ザ・クロマニヨンズ(甲本ヒロト、真島昌利、小林 勝、桐田勝治) / OKAMOTO'S(オカモトショウ、オカモトコウキ、ハマ・オカモト、オカモトレイジ) / 青柳拓次 / VLADO DZIHAN / DJツネ / 佐藤有紀 / 石川明宏 / 森内 淳 / 信藤三雄 / 佐々木 進
プロデューサー・監督・編集:南部充俊
撮影:千葉真一(J.S.C)
音楽:青柳拓次
エンディング曲:青柳拓次 featuring 真島昌利
協力プロデューサー:汐田海平、戸山 剛
制作プロダクション:エイゾーラボ
2020年|日本|カラー|ステレオ|16:9|DCP|96分
配給:SPACE SHOWER FILMS
©2020「エポックのアトリエ」製作委員会
公式HP:https://epok-film.com

関連アーティスト

OKAMOTO'S, ザ・クロマニヨンズ