Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

LIVE REPORT

Japanese

キタニタツヤ

PELICAN FANCLUB

Official Site

キタニタツヤ

Official Site

2019.10.04 @渋谷WWW X

キタニタツヤが、10月4日に東京渋谷WWW Xで初の自主企画対バン・ライヴ"Hugs Vol.1"を開催した。
ソールド・アウトした今年5月の渋谷WWWでのワンマン・ライヴを経て、9月25日に発売した最新CD『Seven Girls' H(e)avens』を引っ提げ行われた、PELICAN FANCLUB、odolとの初の対バン・ライヴ。勢いを感じさせるなかでの開催となった今回は、5月のワンマンからさらに進化したパフォーマンスで、会場に詰めかけた多くのファンを魅了した。

まず、トップバッターを務めるPELICAN FANCLUBが、初っ端から飛ばしていく。
エンドウアンリ(Vo/Gt)が"渋谷~!"と観客を煽り、「Night Diver」から「Telepath Telepath」までノンストップで会場を沸かせる。"[キタニタツヤ Presents 「Hugs Vol.1」]ということで、みなさんの心を全力でハグしにきました!"とエンドウがさらに扇動し「ハッキング・ハックイーン」、「ハイネ」、「7071」で、重厚なサウンドと濃密な世界観でまくし立てると、ちょうどこの日配信されたテレビ・アニメ"Dr.STONE"のOPテーマ「三原色」を披露。最後の「ノン・メリー」まで走り抜けた。

続いて登場したodolは、ミゾベリョウ(Vo/Gt)の澄んだ声で美しく広がる「眺め」から披露し、じわじわとフロアの熱気を高めていく。さらに「POSE」、「綺麗な人」、「愛している」と端正な楽曲を重ねた。5人編成での初ライヴとなった今回も、浮遊感あるメロディが揺らめく、その独特の世界観に引き込んでいく。「声」、「夜を抜ければ」、「退屈」と続けて披露し、最後は再びミゾベの歌声に聴き入る「生活」を披露して、独自の世界観で観客を惹きつけた。

最後はキタニタツヤが登場。会場から大歓声が起こる。
1曲目は、最新CD『Seven Girls' H(e)avens』発売日にMVが公開された「Stoned Child」を披露。そのまま「きっとこの命に意味は無かった」、「夢遊病者は此岸にて」と続く。
"改めまして、キタニタツヤです!"という挨拶と共に、今回の対バン企画への思いが話される。"ネット出身と言われるんですけど、バンド・シーンで活躍しているアーティストと友達が欲しいなって思って。"Vol.1"に続いてこれからいろんなアーティストと抱擁を交わしていきたいなと思っています"と伝えるとオーディエンスから拍手が起こる。

さらに、今回のミニ・アルバムを制作するきっかけとなった「Sad Girl」、オルタナティヴで骨太なロック・サウンドの「夜がこわれる」、「君が夜の海に還るまで」と続きエモーショナルで壮大な世界観に観客を引き込む。
続いてベースを持ち「波に名前をつけること、僕らの呼吸に終わりがあること。」で、ベース・ヴォーカルとして3ピースのライヴ・パフォーマンスで観客のボルテージを高め、ミディアムでメロウなナンバー「記憶の水槽」を披露。水面にゆらゆら漂うような心地よさで変幻自在のキタニタツヤの世界観を見せつける。
ライヴでの定番曲であり、YouTubeでも再生回数300万回を突破した「悪魔の踊り方」のイントロが流れると、会場から歓声が上がり、オーディエンスも巻き込んだ大合唱へ。また、新譜から「トリガーハッピー」をこの日初披露し、楽曲の力強さに引き寄せられオーディエンスの拳が突き上がる。続けて、「I DO NOT LOVE YOU.」、新曲「クラブ・アンリアリティ」でさらなる進化を見せ、ステージを去った。

アンコールを受けて再び登場したキタニは、来年1月に東名阪アルバム・リリース・ツアーを行うことを発表。
1月16日大阪LIVE SQUARE 2nd LINE、1月17日名古屋ell.SIZE、1月19日下北沢SHELTERと回る今回のキタニタツヤ初となるツアーは、ソールド・アウトした2月&5月のワンマンに続き、チケット入手困難な、レアなキャパシティのワンマンとなること必至。
最後は再びベースを背負い、激しいベース・プレイと共に「芥の部屋は錆色に沈む」を歌い上げ、会場を盛り上げて幕を閉じた。

Setlist

PELICAN FANCLUB
1. Night Diver
2. Dali
3. Telepath Telepath
4. ハッキング・ハックイーン
5. ハイネ
6. 7071
7. 三原色
8. ノン・メリー

odol
1. 眺め
2. POSE
3. 綺麗な人
4. 愛している
5. 声
6. 夜を抜ければ
7. 退屈
8. 生活

キタニタツヤ
1. Stoned Child
2. きっとこの命に意味は無かった
3. 夢遊病者は此岸にて
4. Sad Girl
5. 夜がこわれる
6. 君が夜の海に還るまで
7. 波に名前をつけること、僕らの呼吸に終わりがあること。
8. 記憶の水槽
9. 悪魔の踊り方
10. トリガーハッピー
11. I DO NOT LOVE YOU.
12. クラブ・アンリアリティ
En1. 芥の部屋は錆色に沈む


TOUR INFORMATION キタニタツヤ TOUR 2020"Seven Girls' H(e)avens"

1月16日(木)大阪 福島LIVE SQUARE 2nd LINE
1月17日(金)名古屋 大須ell.SIZE
1月19日(日)下北沢SHELTER
[チケット]
¥2,800
■一般発売:10月19日(土)10:00~
イープラス

  • 1