Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

ドラマチックアラスカ × ヤバイTシャツ屋さん

2018年12月号掲載

ドラマチックアラスカ × ヤバイTシャツ屋さん

ドラマチックアラスカ

Official Site

ヤバイTシャツ屋さん

Official Site

ドラマチックアラスカ:ヒジカタナオト(Vo/Gt)
ヤバイTシャツ屋さん:こやまたくや(Gt/Vo)
インタビュアー:服田 昌子 Photo by 中尾 友香


スタイルが真逆だからこそ、強く惹かれ合い、影響し合うふたりの音楽


-ヒジカタさんが、こやまさんに感想を聞いてみたい曲はありますか?

ヒジカタ:最後の「25」っていう曲は自分の中で、ちょっとヤバTの「肩 have a good day」『どうぶつえんツアー』収録曲)を真面目にやったらどうなるのかな? っていう気持ちでは作ってて......あ、だからやっぱ影響は受けてるのかな(笑)。

こやま:これって、あんまりバンド・サウンドじゃない曲やんな。

ヒジカタ:最初はひとりで、途中からメンバー3人が入ってくるっていう画をイメージしながらの曲。

こやま:あ、思ってん! "僕は生きている"ってめちゃ言うやんって......。こんなん自分では歌われへんから、ちゃんと歌ってて偉いなって思った。うらやましい。僕らこういうバンドじゃないから。

ヒジカタ:今年の夏はずっと曲作りをしてて、それこそ、ヤバTとかが夏フェスの大きい舞台でやってるのをSNSで見ながらレコーディングして......。僕らは今年フェスにたくさん出れたわけじゃないから悔しいけど、でも目の前にあることはやるしっていう、この夏の嫉妬とか羨望とかが最初のブロックに入ってる。

こやま:普段一緒にいてそういう話も聞くから、普段喋ってることと繋がるな~って感じる。そういうのがちゃんと曲に落とし込んであるんやなって。なんか不器用そうに見えて結構器用なんですよね、曲作りが。

-なんでもできる感じですか?

こやま:そう。なんでもできるし、『最後のフロンティア』には入ってないけど「ニホンノカブキ」......この曲は僕がMV撮ったんですけど、"こんな曲もやるんや!"っていうときもあるし。あれはどういう意図やったん?

ヒジカタ:"海外の人に聴いてもらおう!"っていうので、和楽器も入れて楽しい曲にしようと思って。あれもちょっと"よそゆき"というか。

こやま:挑戦して新しいところに寄り沿って作って、ちゃんと器用にできてんのやな。でもそういう器用な面もありながらも、やっぱり(性格が)不器用やから(笑)、今回も"よそゆき"じゃない曲がメインのアルバム。

ヒジカタ:前半は"よそゆき"のとっつきやすい曲を並べて、でも最後に「東京ワンダー」とか「クソッタレセカイ」(というバンドの本質の曲)に辿り着いてくれたらいいなって......。最初に受け入れ態勢を整えて、最後はじっくり聴き入ってもらえたらいいなと思って組み立てたんです。

-ちゃんと計算された並びなんですね。

ヒジカタ:僕、全部準備しないとダメなんです。バンッて突然言われてもできない。この前ヤバTとラジオに出たときも聞かされてないことがあって、自分はあわあわしたんですけど、ヤバTは3人ともすごくうまいことやるから......。

-キャラの違いが作品に反映されているんですね。そしてそのお互いの違いに影響されると。

ヒジカタ:僕、10年後も20年後も意味がわかる歌がいいのかなと考えてて。もしかしたら10年後ってSNSもiPhoneもWi-Fiもないかもしれんしとか思うと、そういう今の単語を入れるのがちょっと難しいんです。未来で意味がわからんかったらどうしようって。でも、こやまさんの曲作りを見てると、そんな時代もあったよなって逆に面白くなるんかなって、ちょっと柔軟な思考になれたんですよね。「ランニングデッド」っていう曲とかはSNSにいるわけわかんない人たちのことを、ゾンビに喩えて歌ってるんです。だからこれは"自分ルール"が緩くなって柔軟になって作れた曲じゃないかな。

こやま:影響を与えてましたね~(笑)。嬉しいです。僕はあんまり分析とかできへんから、"いいですよ!"とかしか言えないですけど(笑)、ほんまにすごくいいアルバムですよ。(再録曲もあり)ベスト・アルバムみたいになってるし、最新のドラマチックアラスカも入ってるから、とりあえずこれを聴いておけばバッチリ!

-では最後にふたりの今後の展望を! この先、やってみたいことはありますか?

こやま:一緒にバンドやりたいね! ほら、ないものねだりの部分があるから補いたいじゃないですか。

ヒジカタ:あとドラムさえ見つかればできる!

こやま:お互い気を休められるバンド(笑)。

ヒジカタ:休憩バンド(笑)。でも、そこから生まれる何かがあるかもしれんし!

こやま:バンドやってると、"ここからどうしていこう?"とか、"このバンドをなんとかしないといけないな"とか考えちゃうから、そこを全部取っ払った状態で......ね!

ヒジカタ:何やってもいいバンドをやりたい(笑)。

-実現したらどんなバンドに......?

こやま:わかんないですね。インストかもしれないし。

ヒジカタ:めちゃめちゃハードコアで、演奏してないくらい暴れてるかもしれないし(笑)。

こやま:それくらい逆のことをしたい瞬間があるんですよね。"普段やってないことをやりたい!"っていう"捌け口"......という名のクリエイティヴ(笑)。

ヒジカタ:あと僕からは、また、寿司くん名義でMVを撮ってほしいです。

こやま:ここらへんで、ちゃんと寿司くんバグってんな! ってのを見せないとな(笑)。

ヒジカタ:最近バンドの方が忙しいからね。でも、こやまさんってバンドじゃなくても、創造的なものであれば結果を出せる人だと思う。その天才性をまた映像で観てみたいなって。こやまさんは2年先、3年先って常に未来を見てものづくりができる人なので、この先面白い展開を期待してしまいます......僕は!

-逆に、こやまさんがドラマチックアラスカに期待することは?

こやま:自分のカッコ良さを貫いて無理せずに......というか、そのままやってほしいですね。新しいことにも挑戦してるから、それでいいし、それがいいと思う。それを僕もサポートしたいし......っていうのも変やけど。

ヒジカタ:こやまさんは、そういうフックアップ精神があるんですよね。ツアーのゲストに僕らを呼んでくれたり......。みんなどうしても自分たちが売れることで精いっぱいになるし、僕も地元関西の若い子たちをフックアップできてるか? と問われれば、そうでもないと思うからいつも反省するんです。

こやま:もともと周りのバンドを売り出したいからMVを撮ったりしてたんで、その精神は今も引き継いでますね。だから方法がMVを作ることじゃなく対バンに変わっただけで、そういうのはずっとやりたい。周りの人たちと一緒に大きいステージに立ちたいって思ってます。

-では、さっき話に出た新バンドを結成したら、ぜひそちらでもそういう活動を!

こやま:それがね~、売れちゃう可能性があるんですよ、それをやり出すと......そこが心配。売れるとややこしくなりそうなので(笑)。

ヒジカタ:いろいろね......(笑)。でも僕、こういう人がいるからバンドやめられないなと思います。

こやま:(※拍手して)今、締まりました(笑)!