Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

2014年09月号掲載

鶴

メンバー:秋野温(うたギター) 神田雄一朗(ウキウキベース) 笠井快樹(テンパリドラム)

インタビュアー:岡本 貴之

-Track.2「Life is Party」のエンディングにフェイドインしてくるギターのカッティングが最後の「トリップメーター」のアウトロにも入ってきますが、ラジオ局の放送のようなコンセプトがあったんでしょうか。

秋野:トータルでラジオ局というイメージはなかったんですけどね。でも結果そういうものに繋がったというか。アルバムにしろライヴにしろ、スタートにまた戻ってくる良さというのが個人的には落ち着くんですよ。人のライヴDVDとか見ていても、最初の方にアゲアゲでやっていた曲が最後の方にこんな形で戻ってきてゴールするんだ?というものがしびれるというか。着地点があるからどこにでも行けるという感じが好きですね。

-"間違い探しばかりやめにしよう"(Track.3「公約数」)や"アメリカンコーヒーみたいな浅煎りやめて"(Track.7「アメリカン珈琲」)という歌詞が印象ですが、どんなことを意識して書いたんですか?

秋野:僕は最初にテーマを決めて書かないんですよ。自動的に降りてきたものや口をついて出た言葉を優先するので。だからそのとき思うことが普通に出ることが多くて。歌詞はそうやって作りますし、自分たちで"Soul Mate Records"を始めて、初めての人であろうがそうでなかろうが"ライヴで生で聴いてくれるあなたをSOULMATEだと思わせてくれ"という気持ちでやってるので、そのへんのリンク感も自然に出たんじゃないかなと思いますね。"もっといこうよ"っていう。

-ネット上で知ったような気になっていないでライヴの現場に来てみなよ、というような思いもありますか?

秋野:ありますね。僕もインターネットにはすごくお世話になっているし、なくなったら困りますけど、ライヴをやっているからには顔と顔を突き合わせてなんぼだろ、という気持ちは必ずあるので。だから自分が歌詞を書くときにはそういう色が昔から強いかもしれないです。言葉だけ見たらピンとこないけどライヴで見たらズドンといくみたいなものが多いです。

-ライヴでも言葉をはっきり伝えたいという気持ちがありますか?

秋野:ありますね!

-聴こえないバンドの方が多いですよね。

秋野:それは、すごく思います。

神田:でもそれが悪いとは思わないですけどね。そういう音楽性、ジャンル、楽しみかたもあって良いと思うので、嫌いではないです。

秋野:まあ、ライヴハウスのPAさんにもよるからね。

神田:でも元は元(バンド)ですよ。

秋野:まあね。でも、人のライヴを観ていて、もっと言葉が聴きたいのにな、せっかく歌ってるのにもったいないなと思うことはあります。

-秋野さん自身はハッキリ聴こえるようにしたいんですね。

秋野:言葉はちゃんとマイクに乗せたいと思うので、逆に音がデッドなライヴハウスだと音が飛んでない気がして。"外出てるよ"って言われるんですけど、変に気張っちゃって声を枯らしちゃうとか。だからそういう音場は得意じゃないんですよね(笑)。ちょっと音が回っているようなホールの方がやりやすいです。でも常に言葉を前に飛ばしたいという気持ちで歌ってますね。

-おふたりは秋野さんの歌詞についてはどうですか?

神田:俺はまったく曲を書かないので、"ああ、秋野さんは今こういうことを考えてるんだな"という感じですね。"最近はこういう思想ね?"とか。

秋野:(笑)そんなに大きく昔と変わってないでしょ、思想は?

神田:そうだけど、切り口とか"ここまでは言っていい"というラインがもうちょっと増えたりというのは感じますね。昔だったらこんなには言わなかったな、具体的に突っ込んでるなとか。芯はあるんだけど、年々いろんな人と会ってちょっとずつ変わっているんだなと。

-それを作品が出るごとに感じている?

神田:曲を出してくるごとに、ですね。今回も「公約数」、「U.F.O」なんかにも思いました。秋野っぽいというのもありつつ、ある意味天才的というか。"そんな言い回ししちゃうの?"っていう発想が昔より充実している感じですね。あとは「アメリカン珈琲」は(秋野が)"この曲大丈夫かな?"って言ってたんですけど、俺はもう激推ししたんですよ。歌詞はこの方が良い!って。

秋野:この曲はギターを弾きながら"ストップ アメリカン~"しか出てこなかったので、もうどうしようみたいな(笑)。

一同:ははははは!

神田:"ストップ アメリカン"ってものすごい社会的な(笑)。

秋野:反米な歌みたいになるのも違うなと(笑)。