Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

グッドモーニングアメリカ

2014年05月号掲載

グッドモーニングアメリカ

グッドモーニングアメリカ

Official Site

メンバー:渡邊 幸一 (Gt/Cho) たなしん (Ba/Cho) 金廣 真悟 (Vo/Gt) ペギ (Dr/Cho)

インタビュアー:荒金 良介

-ペギさんはどうですか?

ペギ:これが俺らに欠かせないスタイルなので。こういう入り口があることはいいことだし、かといって、そこにすがってるわけじゃない。今はいいバランスだと思います。

金廣:"裸がダメです"みたいな人もいると思うけど、この4人でバンドをやっているので、もし障害があるとしたら話し合いますけど。現時点ではないから。

-わかりました。今作の話に移りたいんですが、表題曲「拝啓、ツラツストラ」はTVアニメ"ドラゴンボール改"のお題をもらって作った感じですか?

金廣:そうですね。エンディング曲という依頼を受けて作りました。

-アニメの内容も意識しました?

金廣:むしろエンディングなので、そこまで意識してないですね。僕たちのことを知らない人も聴くと思うので、新しい名刺というつもりで作りました。

-新しい名刺というのは?

金廣:例えば昨年出した『未来へのスパイラル』もメジャー第1弾アルバムで、自分たちの名刺というつもりで作ったけど。今回はそこで届かなかった人にも届くと思うし、お子さんから親御さんまで聴くだろうから。そういう人に対して、これがグッドモーニングアメリカですよ、という名刺ができたらなと。

-そういう意味では幅広いリスナーを想定しました?

金廣:そうっすね。子供が歌えたり、親が覚えたり、引っかかりのある曲を作ろうと。

渡邊:すごくいい曲ができたと思います。アニメのエンディングとしてもハマるし、何よりライヴでやる絵も想像つきやすいので、ライヴハウスでも映える曲ができました。

ペギ:いつもいい曲を書いてくれるけど、幅広く聴いてもらえるという観点も踏まえて作ってますからね。歌いやすいし、自分も覚えやすい。僕、お姉ちゃんがいるんですけど、お姉ちゃんの子供が『未来へのスパイラル』の曲を歌ってくれてるみたいで。今回はより歌いやすいから、また歌ってくれるかなって。

たなしん:いつもライヴに来てくれるお客さんだったら、こういうバンド・サウンドは耳馴染みがあるだろうし、スーッと耳に入ってくる曲だと思うんですよ。だけど、普段音楽を聴かない人でもすんなり入ってくる曲かなと。父ちゃんからメールが来て、最近ジムに通い始めたらしくて、"ジムのみんながすごくいい曲と言ってたよ"って。まあ、言ったんでしょうね。ウチの息子が"ドラゴンボール改"の曲をやってると(笑)。そういう声も父ちゃん経由で聞こえてきたから、嬉しかったですね。

-身の周りの人の反応って、リアルですもんね。

ペギ:身内がいちばん近い一般の人ですからね。昔は親からガシャガシャした音とか言われてたけど、今は向こうから"いいね!"って言ってくれますからね。

たなしん:「拝啓、ツラツストラ」はニーチェの本から取ったり、歌詞の内容も普遍的なものだし、社会人が歌詞を読んでも、あっ!という反応がありそうだから、ほんとに幅広い曲だなって。

-曲を作る上で大事にした部分は?

金廣:アニメが終わって、曲が入るときにどれだけインパクトを与えられるか、耳にどれだけ印象づけられるかなって。そこしか考えてないと言っても過言ではない(笑)。

-入り口にこだわった理由は?

金廣:小さい頃にアニメやドラマを見て、入りでエンディング来た!と思う瞬間が多くて。そういう曲を作りたいなと。

-思い出に残ってるエンディング曲ってあります?

金廣:"幽遊白書"のエンディング曲とか。

たなしん:「さよならbyebye」ね。

渡邊:懐かしい!

たなしん:"SLAM DUNK"も良かったね。

金廣:そうだね。ドラマだったら、"東京ラブストーリー"の(主題歌である小田和正の「ラブ・ストーリーは突然に」)イントロの"チャカ・チャーン♪"で、オッ!って。