Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

LIVE REPORT

Japanese

共鳴レンサTOUR 2014秋 関東サーキットvol.2

Skream! マガジン 2014年10月号掲載

2014.09.22 @新代田FEVER

蜂須賀 ちなみ

DISK GARAGE主催の対バン・ツアー"共鳴レンサ"。この秋行われている"共鳴レンサTOUR 2014秋 関東サーキットvol.2"では、カラーボトル、reading note、READ ALOUDの3バンド+ゲスト・バンド1組の計4組で関東地方のライヴハウスを廻っている。15日間で9公演を行う怒涛のツアー。以下では、ゲスト・バンドにラックライフを迎えた6公演目、新代田FEVERでの模様をレポート! 奇しくも出演バンドは4組ともヴォーカル&ギター、ギター、ベース、ドラムの編成(カラーボトルはサポート・メンバーを迎えた編成だが)。そして、日本語詞の歌を真ん中に据えた構成の"歌モノバンド"だが、それぞれが自分たちの歌を真っ直ぐと響かせている姿が印象的だった。

トップ・バッターはラックライフ。ストレートなメッセージが込められたPON(Vo/Gt)の歌声はバンドの音を引き連れて大きく羽を広げるかのように気持ちよく伸びていく。CD音源で聴くよりも大胆不敵なそのパフォーマンスに驚いた。10月15日にリリースされる4thアルバム『正しい僕の作り方。』に収録の「フールズ」の"あんたもたまに思い出して 僕らのこの終わらない歌を あんたも一人じゃないから"というフレーズは、ライヴが終わっても決して途切れることのないバンドとオーディエンスの間の絆を約束するかのようだった。

続いて登場したのはreading noteだ。静寂と激流のコントラストが鮮やかな表現や、低音域が効いたバランスは、楽曲の中の主人公の悲痛な叫びを際立たせる。特に"ねえ 誰か名前を呼んでよ 本当の自分が分からなくなるから"と唄う「name」のヒリヒリとした情感、和旋律のサビが特徴的な「たゆたう」の流麗さが印象に残った。MCでは平田勝久(Vo/Gt)が"6ヵ所目だから(他出演バンドとは)友達以上恋人未満みたいな感じになってきた"と笑い、演奏時とはまた違った一面が垣間見えた。

3番手はREAD ALOUD。登場するなり性急なギターのカッティング。1曲目は「言花-コトヴァナ-」だ。歌詞における美しい情景描写とベースのリフが印象的な楽曲でライヴをスタートさせる。2曲目の「怪光」では早くもクワタユウキ(Vo/Gt)が汗を散らしながら熱唱しているほどの、アグレッシヴな滑り出しだ。しかし安定したテンポや「オートマチック」の複雑なキメを4人でバッチリ揃える様子がとても頼もしい。このバンドのアッパー・チューンは、勢いと根性だけでは到底こなすことのできないものばかりなのだ。エッジの効いた王道ギター・ロックとしての一面を見せつつ、唄い出しにR&B的な匂いを感じさせる「幸せのハナシ」や、"止まない雨はないとか、明けない夜はない、という言葉があるけど、そういうありきたりな言葉に救われるときがあると思います。僕らなりの、そういう言葉です"と紹介していたミディアム・チューン「未だ黄昏が咆吼るなら」ではソウルフルな一面も見せてくれた。また、11月5日にリリースされる3rdミニ・アルバム『アカンサス』からは「BGK」が披露されたのだが、今までの楽曲に比べてサビでのメロディの飛翔感が格段に増した印象。これからライヴで演奏される回数が増すにつれて、この曲がどのように成長していくのか楽しみになった。

トリはカラーボトル。"カラーボトルと一緒に楽しんでいきましょう!"と竹森マサユキ(Vo)の元気のいい挨拶でスタート。バンドの様々な面を見せるために毎公演セットリストを変えていると言っていたが、ファンク風味のグルーヴがうねる「金星に願った」、カントリー調の「長靴」など、この日だけも様々な魅力を見せてくれた。オーディエンスは手拍子をしてそれに応えたり歌詞を口ずさんだりしていて多幸感に包まれる会場。地元、宮城への想いを込めた「地元賛歌」がラストを飾ると、アンコールでは「ボストンバッグ」でハンドクラップの花を一面に咲かせて大団円を迎えたのだった。

なお、ラックライフは東名阪ワンマン、reading noteは渋谷WWWでのワンマン・ライヴ、READ ALOUDは渋谷CLUB QUATTROでのワンマン・ライヴ、カラーボトルはワンマン・ライヴ・ツアーが決定している。この秋冬にかけてさらなる成長が期待できるこの4組の今後を楽しみにしたいと思う。